ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(4)

2020年8月6日更新

ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。現在開催中の企画展は、ロータスタウンの“クルマのトラブル「もしも」マニュアル”のコーナーでストーリーの口絵イラストを描いている、イラストレーターのハピネス☆ヒジオカさんによる「クルマの顔」展です。今回は、街で見かけたら、思わず「いいね!」と言ってしましそうな彼女。「愛されキャラ」として、今なお多くのファンを持つ『フォルクスワーゲン ニュービートル』です。



最近、女性顔のクルマ、あんまり見ませんね。でも、こちらにいらっしゃいました。清楚に整った、良家の子女が。はい、コチラ「ニュービートル」です。
「ビートル」という名前の意味はカブトムシですが立派なツノはありません、はい、女性顔ですから。「ニュー」と名前にこそ付いてはいますが、発表されたのは22年前。でも、今もその姿はどこか新鮮で時間の経過を感じさせません。個人的にはクリーム色を推させていただきます。その落ち着いたトーンと醸し出す安心感と大人のお姉さん的雰囲気。それでいて可憐で飾らない感じ。それはまるで、デビューから20数年たっても魅力が褪せない……いやさらに増している石田ゆり子や原田知世のような。ね、ほら、カフェの前にそれとなくとまっていてもよく似合う。馴染む。ほっこりする。以前ご紹介したドヤ顔「アルファード」じゃこうはいきません。このやわやかいフォルムと雰囲気のなせるもの。
その証拠にいろんなクルマの目(フロントライト)にまつ毛をつけてみましょう。だんとつでニュービートルが可愛く仕上がりますから。(談:ハピネス☆ヒジオカ)



フォルクスワーゲン ニュービートル
フォルクスワーゲンのロングセラー『タイプI』(愛称ビートル)の後を受け継ぐように、1998年に発表された『ニュービートル』(日本での発売は1999年9月から)。丸みのあるデザインはビートルを彷彿させるものの、ゴルフIVのプラットフォームをベースに近代的なメカニズムを採用。ビートルのシンボル的な空冷フラット4(水平対向4気筒OHC)のエンジンとRRの駆動方式は、水冷直列4気筒のエンジンを搭載したFFへと変更されている。トランスミッションは、当初5速MTと4速ATを設定。日本市場には、まず2Lエンジン+4速ATが導入された。安全装備はフルサイズエアバッグ、サイドエアバッグ、ABSなどが全車に標準で装備。2010年に生産終了し、後継車種として2011年に『ザ・ビートル』が発表された。
ニュービートル1999年型(2Lエンジン+4速AT車)
全長×全幅×全高 … 4,090mm×1,730mm×1,500mm
車両重量 … 1,280kg
エンジン … 水冷直列4気筒SOHC
排気量 … 1984cc
最高出力 … 116ps(85kw)/5,200rpm
最大トルク … 17.3kg・m(169N・m)/2,400rpm

ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(1)ホンダ ライフ ステップバン
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(2)トヨタ アルファード
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(3)スズキ ハスラー
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(4)フォルクスワーゲン ニュービートル
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(5)三菱 eKクロス


【作家紹介】

ハピネス☆ヒジオカ:わいわいがやがやキャラクターいっぱいのイラストから、日常のシーンを切り取ったシチュエーションイラスト、お笑い系コママンガなど、企業広告、雑誌、web、TV、イベントを中心に活動中の大阪在住イラストレーター。ここロータスタウンでも『クルマのトラブル「もしも」マニュアル』などのイラストを担当。

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 日野浦剛のイラストレーション「一世を風靡したクルマたち」展(2)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    日野浦剛のイラストレーション「一世を風靡…

    ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。これまで数々のクルマ情報誌や自動車メーカーのツールにクルマを描き続けてきた、イラストレーター日野浦剛さん…

    2018.10.09更新

  • ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(3)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(3…

    ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。現在開催中の企画展は、ロータスタウンの“クルマのトラブル「もしも」マニュアル”のコーナーでストーリーの口…

    2020.06.09更新

  • 日野浦剛のイラストレーション「一世を風靡したクルマたち」展(3)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    日野浦剛のイラストレーション「一世を風靡…

    ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。これまで数々のクルマ情報誌や自動車メーカーのツールにクルマを描き続けてきた、イラストレーター日野浦剛さん…

    2018.11.22更新

  • 日野浦剛のイラストレーション「大好きなクルマたち」展(1)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    日野浦剛のイラストレーション「大好きなク…

    「タウン・ギャラリー」では、キュレーターの独自の視点で選んだアートを連載で展示しています。時代に寄り添ったり、寄り添わなかったり、気ままな展開をお楽しみください…

    2017.03.27更新

  • 「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真ストーリー  Vol.1

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真スト…

    写真・初沢克利東京でシトロエン2CVはあまり見かけない。一度だけ自由が丘にある奥沢神社の前の通りで見たことがある。20年前の出来事だが、鮮明に憶えているのは大…

    2016.07.15更新

  • ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(2)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(2…

    ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。先月から開催の企画展は、ロータスタウンの“クルマのトラブル「もしも」マニュアル”のコーナーでストーリーの…

    2020.05.12更新

< 前のページへ戻る