ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(9)

2021年1月14日更新

ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。現在開催中の企画展は、ロータスタウンの“クルマのトラブル「もしも」マニュアル”のコーナーでストーリーの口絵イラストを描いている、イラストレーターのハピネス☆ヒジオカさんによる「クルマの顔」展です。ここでは、ヒジオカさんがアーティスト活動や日常生活の中で出会った、あるいは思い出の中で忘れられない印象的なクルマの顔を紹介してもらっています。今回は、今年の春、街中で出会って、その目力に「おおっ!と、かなりの圧を感じた」とヒジオカさんがおっしゃる……『トヨタ ヤリス』です。



「待ってました!」「豊田屋!」「四代目!」と大向こうを掛けたくなる、それがトヨタ ヤリス……と思うのはボクだけでしょうか。
前身となる初代ヴィッツ(日本国内での名称、海外ではすでにヤリス)から数えること四代目、日本国内でもヤリスと名前が変わったのを機にこの特徴的な目に変わったのでありますが、目尻がするどくシュッと伸びた涼しくもチカラ強いその眼差し。
この伸びた目尻が高貴な歴史を感じさせるから不思議です。クレオパトラ?ツタンカーメン?……いやいやいや、世界初公開の時にはどこかの国のクルマ好きが「オー、ジャパニーズ、カブーキ!」と叫んだことでしょう。
特に赤と白のカラーリングの2台が並んで走れば、もうそれは歌舞伎舞踊の『連獅子』。笛や三味線の鳴り物が流れる中、長い毛を豪快に振る様は、もはや限界域での超絶ステアリング操作。ま、安全運転第一ですから、そこは頭の中で想像しましょう。
すると、ほら!! 不思議です、だんだんフロントフェイスも隈取り模様に見えてきたでしょう。ほら、声を掛けたくなるでしょう!!! はい、せーの「待ってました!」「豊田屋!」「四代目!」ってね。(談:ハピネス☆ヒジオカ)



トヨタ ヤリス
2020年2月10日に、日本国内で発売開始となった「トヨタ ヤリス」(4代目)。1999年に発売された初代から3代目まで、日本では「ヴィッツ」、世界では「ヤリス」の名称であったが、初代から20周年となる4代目発売のタイミングで名称を統一し、小型車マーケットにおけるトヨタの世界戦略車としての位置付けが明確になった。新型ヤリスのパワートレインは1.0Lガソリンモデル、1.5Lガソリンモデル、1.5Lハイブリットモデルの3タイプが基本となる。環境を意識した1.5Lハイブリットモデルは、WLTCモード36.0km/Lの低燃費を実現。トヨタのハイブリッドシステムの粋が凝縮されている。また、1.5Lハイブリットモデルには、電気式4WDシステム「E-Four」の設定もされた。先進安全技術の充実も特徴の一つ。トヨタの最新予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を標準装備したほか、トヨタ車初採用となる高度駐車支援システム「Advanced Park」を標準装備している(M packageを除く)。そして、デザインコンセプトは「B-Dash!」。Bには「BOLD(大胆)」「BRISK(活発)」「BOOST(加速)」「BEAUTY(美)」「BULLET(弾丸)」といったイメージが含まれており、躍動感があるデザインが施されている。大きく口を開けたようなバンパー&グリルデザインに、キリッとしたシャープなヘッドライトは、そのコンセプトをシンボリックに表している。

ヤリス HYBRID G 2WD(FF)
全長×全幅×全高 … 3,940mm×1,695mm×1,500mm
車両重量 … 1,090kg
エンジン … M15A-FXE型 直列3気筒
排気量 … 1,490cc
最高出力 …67kW(91ps)/5,500rpm
最大トルク … 120N・m(12.2kgm)/3,800~4,800rpm
フロントモーター … 1NM型
最高出力 …  59kW(80PS)
最大トルク …  141N・m(14.4kgf・m)
トランスミッション … 電気式無段変速機

ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(1)ホンダ ライフ ステップバン
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(2)トヨタ アルファード
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(3)スズキ ハスラー
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(4)フォルクスワーゲン ニュービートル
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(5)三菱 eKクロス
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(6)プリンス スカイラインスポーツ
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(7)ダイハツ ミゼット
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(8)BMW i4
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(9)トヨタ ヤリス
ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(10)三菱 ジープ


【作家紹介】

ハピネス☆ヒジオカ:わいわいがやがやキャラクターいっぱいのイラストから、日常のシーンを切り取ったシチュエーションイラスト、お笑い系コママンガなど、企業広告、雑誌、web、TV、イベントを中心に活動中の大阪在住イラストレーター。ここロータスタウンでも『クルマのトラブル「もしも」マニュアル』などのイラストを担当。

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真ストーリー  Vol.3

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真スト…

    写真・初沢克利「取材の条件として駐車場の確保をお願いしたいのですが」有名な邦楽家のインタビューだった。知り合いの写真家に連絡すると表参道に駐車場をおさえら…

    2016.09.20更新

  • 「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真ストーリー  Vol.0

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真スト…

    写真・初沢克利「パリ1区、サントノーレ界隈」この写真を見て「NAVI」という車雑誌を思い出した人が何人いるのか気になっている。「NAVI」は1984年に創…

    2016.06.14更新

  • ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(4)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(4…

    ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。現在開催中の企画展は、ロータスタウンの“クルマのトラブル「もしも」マニュアル”のコーナーでストーリーの口…

    2020.07.07更新

  • ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(7)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    ハピネス☆ヒジオカの「クルマの顔」展(7…

    ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。現在開催中の企画展は、ロータスタウンの“クルマのトラブル「もしも」マニュアル”のコーナーでストーリーの口…

    2020.10.13更新

  • 日野浦剛のイラストレーション「一世を風靡したクルマたち」展(1)

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    日野浦剛のイラストレーション「一世を風靡…

    ロータスタウンのクルマ好きが集う「タウン・ギャラリー」。少々お休みをいただいていましたが、再開しました。以前に、「大好きなクルマたち」展で好評をいただいたイラス…

    2018.09.11更新

  • 「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真ストーリー  Vol.1

    タウン・ギャラリー<今月のアーティスト>

    「街と車」 ~ 「NAVI」表紙写真スト…

    写真・初沢克利東京でシトロエン2CVはあまり見かけない。一度だけ自由が丘にある奥沢神社の前の通りで見たことがある。20年前の出来事だが、鮮明に憶えているのは大…

    2016.07.15更新

< 前のページへ戻る