ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.17 飛び石でフロントガラスにヒビ。保険で直すか自腹で直すか、それが問題だ。

2017年6月15日更新

もしも_ガラスにヒビ_web

【今回のやっちゃったストーリー】

休日のドライブを終えて、夕暮れの高速道路を使って家路を急いでいたNくん(26歳・フリーター)。
出口が間近となったので、走行車線に入ってスピードを緩めはじめた。と、横の追い越し車線を大型トラックが猛スピードで駆け抜けていった。その瞬間、パシッとフロントガラスになにかが当たった。
「えっ、なになに?」
Nくんは、とりあえず出口をでた。そして、しばらくいったところでクルマを停止させクルマをチェックした。もう薄暗がりだったが、スマホのLEDライトで照らしてみたところ、フロントガラスの運転席側に小さなヒビがあるのがわかった。
「わ、なんだよ」
おそらく、大型トラックが弾いた飛び石が原因と思われた。Nくん、憤懣やるかたなかったが、もうどうしようもなく、トラックへの悪態をつきながら帰宅することになった。
翌朝、ディーラーに愛車をもちこんだ。すると、「リペアできなくもないですが、小さなヒビでもなにかの拍子で大きく広がる可能性があるので、フロントガラスをそっくり新しいものに交換したほうがいいと思いますよ」といわれた。そして「費用は10万円ほどですかね」という見積もりが口頭で示された。
Nくんは10万円という額に愕然としたが、自動車保険でなんとかなるはずと思い、その場で契約しているネット保険の窓口に電話した。そしたら、「はい、車両保険で修理代はでます。ただし、免責5万円で契約されているので、10万円のうちの5万円はご自身の負担となります」といわれた。そして、「保険を使われたあとは、等級が下がり、割引率も変わりますので、その点、ご承知おきください」との説明も加えられた。
保険を使ったほうがトクなのか、使わないほうがトクなのか。日頃から金銭的にさほど余裕のないNくんはハムレットのように苦悩したのだった。

フロントガラスを交換すると
10万円程度はかかる

Nくんが受けたような高速道路上での飛び石によるフロントガラスの被害、けっこう多いみたいです。

ところが、この事故、加害者は不在扱いとなるのが普通です。「きっと、あのトラックが弾いたんだ」と思い当たったとしても、たしかな証拠がない限り、相手を特定して責任を負わせることができないからです(証拠をとること自体、ほとんど不可能とされています)。自分は悪くないのにフロントガラスにヒビが入り、それを自分の責任で修理しなければならない、そんな泣きっ面に蜂状態に陥るのが一般的です。残念ながら。

小さなヒビであれば、そのリペア費用は1箇所1~2万円程度で済むようです。しかし、そのヒビがその後の走行ショックや天候の変化などで拡大してしまう恐れがあるため、万全の安全対策ということを考えれば、新しいフロントガラスに交換したほうがいいともいわれています。そして、その費用は、車種によって異なりますが、5~10万円程度となっており、それなりに痛い出費につながります。

保険料が安くなる免責。
しかし、イザというときには自腹が発生

幸い、こうした事故でも車両保険の補償はでます。
ただ、保険に免責をつけていたら、その金額分だけは自己負担となるので、注意が必要です。

多くの人は、契約時に保険料が安くなるという理由で免責をつけます(一番多いのが5万円の免責です)。
ですが、その後、ほとんどの人はその内容をすっかり忘れてしまい、事故を起こして保険を使うとなったときにはじめて、「えっ、自己負担が発生するの?」と驚くことになります。

そう、車両保険に5万円の免責をつけていたとしたら、修理代が5万円以下の場合は保険の補償はでず、全額自己負担となります。そして、修理代が10万円だとすると、5万円は保険で補償されるものの、残りの5万円については自己負担となります。Nくんのケースは、まさに後者ということです。

免責5万円の車両保険で10万円の修理を行う場合web

問題はこれだけではありません。Nくんがネットの保険会社からいわれたように、この事故で保険を使ったとすると、翌年の保険の等級が下がって保険料がアップするとともに、割引率がダウンすることになります。アップ、ダウンと頭がこんがらがりますが、つまりは、総合的にずいぶんと保険料が高くなってしまうのです。しかも、それが3年つづきます。

こうなると、フロントガラスの交換のための10万円を、どういう風にして支払うべきか、深く悩むことになります。目先のお金の算段と、この先3年間のお金の算段とが、ごちゃごちゃと頭を駆け巡り、なかなかいい答が見つかりません。持ち金が少ないらしいNくんが、「生か死か、それが問題だ」と悩んだハムレットのような心境になったのも、よくわかります。

購入や整備をするお店で
保険も契約するのが一番安心

もし、Nくんが修理を依頼したディーラーで保険を契約していたら、ちゃんと計算して、どっちがトクになるか、適切なアドバイスをくれたことでしょう。しかし、Nくんの場合は、それが別々。それぞれに相談したところで、納得できる回答は得られなかったにちがいありません。たぶんNくん、考えあぐねて、結局はソンになる道を選んだような気がするのですが……。だとしたら残念至極です。

これは、あるロータス店での話ですが、クルマを買ったときに保険も同時に契約されたお客さまがNくんと同じ事故に遭われたときに、こんな提案をしたことがあるそうです。
「フロントガラスの交換代、いろいろと計算すると、お客さまの場合は保険を使わないほうが絶対におトク。自費で修理することをオススメします。いま、あまりお金がないということでしたら、どうでしょう、とりあえず安く済むリペアだけしておいて、お金ができた段階でフロントガラスを交換するというのは。ウチのリペア、それなりにもちますよ」

クルマを買ったところ、整備・車検をするところで、保険も契約しておく。やっぱりこれが一番安心です。

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • Vol.44 借りたクルマが駐車中に当て逃げされた。他車運転特約が使えないって、どういうこと?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.44 借りたクルマが駐車中に当て…

    【今回のやっちゃったストーリー】Mさん(60歳・会社経営)は若いときから無類のクルマ好き。とくにスポーツカーをこよなく愛してきた。会社の経営状態がよくて、自分…

    2019.08.20更新

  • Vol.10 ペダル踏みまちがえでコンビニを破壊。その莫大な賠償金、払えるのかな?〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.10 ペダル踏みまちがえでコンビ…

    前編では、ブレーキとアクセルを踏みまちがえてコンビニを破壊してしまったJ子さんのケースを見つつ、ペダル踏みまちがい事故が若者に多いという事実を知りました。後編で…

    2016.09.30更新

  • Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機に。どうすれば助かる?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機…

    【今回のやっちゃったストーリー】IT関連の仕事をしているIさん(33歳・独身・会社員)。年末年始はほぼ休みなしの大忙しで、ポカッとまとまった休みが取れたのは2…

    2019.01.29更新

  • 【番外編】グルグル回る環状交差点に初遭遇。わっ、どうやって走ればいいの?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】グルグル回る環状交差点に初遭遇…

    こんな「もしも」も!当コーナー担当記者Fが友人から聞いた話(に、だいぶ尾ひれをつけた話)。今日は楽しいドライブデート。Aくんは彼女の「知らない場所にいってみ…

    2016.03.30更新

  • Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水没。脱出方法は? 車両保険の適用は?〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水…

    【今回のやっちゃったストーリー】猛烈な台風が直撃して、ものすごい風雨。そんななかIさん(37歳男性・会社員)は、とくに不安を感じることなく、いつもどおり愛車の…

    2016.08.30更新

  • Vol.41 ハイブリッド車にジャンピングスタートの協力を頼むのはNG!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.41 ハイブリッド車にジャンピン…

    【今回のやっちゃったストーリー】Lさん(44歳)は、やり手の個人投資家。投資の稼ぎだけでけっこういい暮らしができている。ある月曜日の早朝、自宅から数㎞離れた…

    2019.05.15更新

< 前のページへ戻る