ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

JAPAN MOBILITY SHOW 2023 レポート(2)三菱自動車とスズキは自社の個性を前面に出した電動コンセプトカーを披露!

2023年12月2日更新

JMS 2023-2_1

三菱自動車とスズキは、ロータスクラブと提携している自動車メーカーだ。

これまで三菱はオフロードの走りに定評のあるクルマを数々発売し、スズキは軽自動車を中心に身近なカーライフを応援するクルマを多く発売してきた。

今回のJAPAN MOBILITY SHOWでも両社は、そうした個性を前面に出した電動コンセプトカーを披露していた。

〈三菱自動車〉
PHEV採用の
近未来のデリカ

三菱自動車の展示テーマは、「冒険心はいつもあなたの中にある。いつだって誰だって、どこにいたって冒険はできる。」。

JMS 2023-2_2

プレスカンファレンスで登壇した加藤隆雄社長は、このテーマに沿った挨拶を行った。

「カーボンニュートラル社会の実現を見据えながら新たなモビリティの可能性を追求し、その中でドライバーの冒険心を呼び覚まし、乗る人すべてがワクワクする心豊かな未来のモビリティライフを提供していきたい」

JMS 2023-2_3

メインステージでは、その一例としての電動クロスオーバーMPVのコンセプトカー「MITSUBISHI D:X Concept」が世界初公開された。

これはPHEVを採用した近未来のデリカ。電動化でCO2排出低減を果たしつつ、「絶対安全大空間 × 絶対走破性」を実現する三菱らしい1台となるようだ。

JMS 2023-2_4

JMS 2023-2_5

シースルーボンネット採用など、かなり“冒険”した機能とスタイリング。このまま製品化することはないかもしれないが、近い将来のデリカのモデルチェンジ時にこれに近い形で発売となることは十分に考えられる。期待して登場のときを待ちたい。

〈スズキ〉
発売未定ながらも
超リアルな軽EVが

スズキの展示テーマは「世界中に、ワクワクの、アンサーを。」である。

JMS 2023-2_6

プレスカンファレンスで壇上に立った鈴木俊宏社長は、テーマの解として、以下のようなことを述べていた。

「新しいモビリティへの挑戦においてもカーボンニュートラルへの取り組みは欠かせない。その解決のため、スズキは各国各地域の状況に適した方法・取り組みがあると考え、現地に赴き調べ、アンサーを見つけた。EVはもちろん、CNG(圧縮天然ガス)やCBG(圧縮バイオメタンガス)、水素などマルチパスウェイでのカーボンニュートラルの実現に挑戦していく」

JMS 2023-2_7

メインステージの中央には2台のコンセプトEVが並べられていた。

そのうちの1台はSUVタイプのEV「eVX」。これはスズキの世界戦略EVで、2025年までにインドや欧州に投入される予定となっていた。

航続距離500km、e-4WDによる本格走行性能など、実力は申し分なさそう。日本においても早々の登場が待ち望まれる。

JMS 2023-2_8

もう1台のキュートな軽ワゴンEV「eWX」もかなりリアルなコンセプトカー。航続距離230㎞と具体的な数値も想定されており、来年にでも走り出しそうな気配があった。

だが、残念なことに、説明員からは「発売未定」との回答が……。

こういう軽EVの投入こそ日本におけるスズキらしいカーボンニュートラルへの取り組みとなるはず。ぜひとも早期の生産・販売を望みたいところである。

JMS 2023-2_9

今までEVの話題が少なかったスズキだが、マルチパスウェイをうたう中で、ついにEVの製造・販売に踏み切ろうとしている。発売未定の軽EVの行方も含め、今後のスズキの新たな挑戦をワクワクしながら見守っていきたい。

JAPAN MOBILITY SHOW 2023 レポート

(1)CASE時代を先駆けるホンダとBYD。リアルな電動車を多数展示し来場者を魅了!

(2)三菱自動車とスズキは自社の個性を前面に出した電動コンセプトカーを披露!

(3)ブリヂストン、横浜ゴム、パナソニックはEV対応の自社製品を展示!

(4)配送業の「カーボンニュートラル」を応援。発売間近のオーソドックスな軽バンEVたち!

(5)「まさにユニーク!」。ベンチャー企業の軽バンEVにはプラスαの魅力がいっぱい!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 東京都主催『自動運転シンポジウム』レポート(後編) – 自動運転車が走る都市には人間中心の交通社会ができる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    東京都主催『自動運転シンポジウム』レポー…

    シンポジウムの後半には、田尻貴裕氏(東京都政策企画局戦略事業担当部長)がモデレーターとなり、前半に登壇したゲスト講演者4名に、2016年リオデジャネイロパラリン…

    2019.03.01更新

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第3戦レポート①―パナソニック製バッテリーを積んだモデル3が予選上位を独占!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第3…

    梅雨のさなかであるはずの6月下旬は、真夏のように暑かった。明らかにおかしな天候である。2021年にIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が「人間の影響が海…

    2022.07.21更新

  • 【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビニエンスな燃料電池車〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビ…

    コンビニエンスストアで水素の素が買えるようになる!?次世代エコカーの代表といえば電気自動車と燃料電池車だが、普及の可能性においては、いまのところ電気自動車の…

    2016.09.16更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(1)  EV未発売メーカーも電動化に本腰!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(1)…

    第45回東京モーターショーが2017年10月27日~11月5日に東京ビッグサイトで開催された。「BEYONDTHEMOTOR」というスローガンのもと、クルマ…

    2017.11.09更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』①・・・「全国にEV給電ネットワークをつくるのが僕の夢」(舘内端)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    一般社団法人日本EVクラブ(以下、日本EVクラブ)は、2018年5月17日から31日まで『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅~元気と電気を届け…

    2018.06.26更新

  • eKクロスEVで長距離走行②「約300㎞の高速往路を2回の30分充電で難なくクリア」…諸星陽一(モーターフォトジャーナリスト)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    eKクロスEVで長距離走行②「約300㎞…

    満充電100%でスタート——では、東京から白馬村までの往路におけるeKクロスEVの走りがどういうものだったのか、具体的に教えてください。諸星スタートしたの…

    2022.09.08更新

< 前のページへ戻る