ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(30)『Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人』―伝統的なクルマの価値を吹っ飛ばす黒船がやってくる!

2021年11月16日更新


書評 Apple Car 1


2021年1月、iPhoneでおなじみのアップルが、自動運転で動くEVの生産を目指し、協業できる自動車メーカーを真剣に探しているとの報道があった。

これを知った世間の少なからぬ人々が、一斉にそわそわしだした。

自動車業界の関係者たちは、かつて携帯電話の世界を一瞬にしてスマホ一色に塗り替えたアップルのイノベーティブな底力を思い出し、背筋に冷たいものが走った。

アップル製品が大好きな消費者たちは、近い将来、iPhoneのような革新的で便利なクルマが登場することを夢想し、期待に胸を膨らませた――。

本書『Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人』は、そんなさまざまな反応を受けて出された本だ。未発売のApple Carの脅威と魅力を解き明かす一冊と紹介されている。

「タイトルに偽りあり」だが……

ところが、この本を実際に開いてみると、タイトルどおりの内容とはなっていなかった。

そもそもApple Carについては、第1章の20ページ足らずと、第6章の自動車業界人へのインタビューの一部でしか言及されていない。

全270ページのほとんどは、タイトルの後半にある「デジタル覇者vs自動車巨人」に沿った内容となっている。

しかも、デジタル覇者であるGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)ではなく、テスラへの言及がかなり多かったりもする。

まだApple Carが影も形もない段階だから仕方がない部分はあるにせよ、「タイトルに偽りあり」と指摘されても正面から反論はできないだろう。期待を裏切られる読者も多いのではないかと想像する。

ただ、まったく読むに値しないのかというと、そうとも言い切れない。

第1章のApple Carに関する記述は、想像あるいは妄想に基づいているとはいえ、それなりに読み応えがある。「へー、Apple Carって、そんな新しい価値を提供してくれるクルマになる可能性があるんだ」と驚きに近い発見をもたらしてくれる。特に後半に掲載されている元日産COOの志賀俊之氏へのインタビューは充実しており、かなり興味深い読み物となっている。

以下に注目すべき発言の一部を紹介しておきたい。

ストレスのない移動など
新しい価値観のクルマが出現!?

まず、Apple Carはどんな新しい価値観を持ち込むのかという質問に対しての志賀氏の回答。

〈アップルカーは人を乗せて移動するのを目的としないだろう。アイフォンのデバイスの1つに自動車を位置づけるのではないか。(略)アイフォンとアップルウォッチ、そしてクルマで、完全なコネクティビティができあがる。これまでの自動車のドライビングプレジャーといわれるような走る喜び、移動の価値とは次元の異なる価値観が提示されるかもしれない。伝統的な自動車の価値とは全く違った形になる。かつての価値観が吹っ飛ばされるかもしれない〉

〈07年のアイフォン登場と同様の衝撃が20年代に来るだろう。誰が作ったかは関係なく、仕組みやバリューとして何を提供するか、が重要となる(略)ドライビングは興奮、エキサイト面とを提供してきた。アップルカーは全く異なったバリューで、興奮ではなく、ストレスを感じないような自動車にしていくのではないか〉

次に、Apple Carが発売されたらアップルストアなどでの直販になるかもしれないとの予測を受けての志賀氏の回答。

〈(日本の自動車メーカーは)販売会社、中古車、保険、車検を提供し、顧客を抱え込むことで再購入比率を上げてきた。(略)だが、コロナ禍で自動車の販売店に行きたくないため、家で自動車を注文したい、スマホで買いたいという動きが始まった。これは確実に大きくなるだろう。ここは真剣に変わらなければならない〉

最後に、アップルがEV販売を目論むなど欧米でのEVシフトは急速に進んでいるが、日本の自動車メーカーはそれに比して相当後れているのではないかとの懸念を受けての志賀氏の回答。

〈日本の自動車産業には楽観論がある。「まだ、勝てる」と思っている。ハイブリッド車が電動車として認められている間は残るだろう。ただ、競合が新しいバリューを常態化しようとしている以上、「今のままで大丈夫」と考えているとしたら心配だ。今こそ、どのようにして我々は生き残るのだ、という明確なビジョンを描いて戦うことが求められている〉


この本には全体を通してSoC(システム・オン・チップ)、UWB(超広帯域無線通信技術)、OTA(オーバー・ジ・エア)といった目新しい専門用語が頻出する。また、ややこしいグローバルビジネスに関する話も満載だ。どちらにも精通していない一般ドライバーには難解な内容となっている。

だが、上記の志賀氏の発言のように、最新情報(予測)が誰にもわかりやすく書かれている箇所もある。実態がないゆえか、Apple Carに関する記述も概して理解しやすい。

Apple Carに強い関心がある業界人・一般人なら、タイトルどおりでないことと難解であることを踏まえたうえで、2,420円(税込)を払って一読する価値はあるかもしれない。部分的であっても、それなりに充実した読後感が得られるはずだ。

書評 Apple Car 2

『Apple Car デジタル覇者vs自動車巨人』
・2021年8月23日発行
・著者:日本経済新聞・日経クロステック合同取材班
・発行:日経BP
・価格:2,420円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 2016後半の注目ニュース① 歩行者にはうれしい。HVなどの車両接近通報装置搭載の義務化〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2016後半の注目ニュース① 歩行者には…

    この秋、「みらいのくるま」関連の注目のニュースが立てつづけに飛び込んできた。なかでも大きなインパクトがあったのは、「2018年3月から音が消せない車両接近通報装…

    2016.11.14更新

  • BookReview⑮『CASE革命 2030年の自動車産業』- CASEは、たった一字違いのCAFEで推進力が増している。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑮『CASE革命 2…

    トヨタが電動車550万台販売を5年ほど前倒ししたワケとは?トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、2015年に公表した『トヨタ環境チャレンジ2050』を、2…

    2019.07.09更新

  • 【i-MiEVの10年 / 販売店社長の目線 後編】「販売する側にi-MiEVを売っていこうという真剣度が足りなかった」(新城浩司さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 販売店社長の…

    他の地域の販売店が驚くようなi-MiEVの販売実績を達成した新城さん。けれども、この10年の国内マーケットで、i-MiEVは「ヒット」と呼べる勢いを見せること…

    2019.12.05更新

  • 武蔵精密工業「EVモータースポーツ部」の挑戦(中編)―疾れ若き部員たち! 将来の電動車部品づくりを担う人材となれ

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    武蔵精密工業「EVモータースポーツ部」の…

    武蔵精密工業のEVモータースポーツ部は2018年に誕生。2021年にJEVRAのEVレースに初参戦している。中編では、監督を務める加藤宣保氏(研究開発部所属)…

    2023.11.30更新

  • 第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」レポート①―交通事故の解析に一役!CDRテクニシャン育成が本格化

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレー…

    2021年11月18日(木)と19日(金)の2日間、東京都渋谷区にあるボッシュ株式会社(以下、ボッシュ)で第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」が実施…

    2021.12.09更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 プレビュー(前編) 絶対的な強さを誇るTeam TAISANのモデル3を打ち負かすモデル3はいるのか!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    世界で初めて年間シリーズで行うEV(基本的にモーターだけで駆動する市販の電動車)レースとして、2010年に始まったALLJAPANEV-GPSERIES(…

    2023.04.14更新

< 前のページへ戻る