ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

JAPAN MOBILITY SHOW 2023 レポート(5)「まさにユニーク!」。ベンチャー企業の軽バンEVにはプラスαの魅力がいっぱい!

2023年12月2日更新

JMS 2023-5_1

レポートの最後は、独自のEVを開発・販売しているベンチャー企業のFOMMとHW ELECTROの展示の紹介。

今回のJAPAN MOBILITY SHOWで、彼らは主要メーカーとはひと味違う斬新な軽バンEVを発表していた。

配送に限らず幅広い用途で使えそうな、魅力的なスタイリング&機能に注目されたい!

〈FOMM〉
四輪の独立稼働で
カニ走りも可能に

2013年創業のFOMMのブースには「FOMM TWO コンセプト」という軽バン風のEVが展示されていた。

2026年にタイで量産をはじめる予定。今のところ200万円以下と150万円以下の2タイプの発売を目指しているという。

JMS 2023-5_2

JMS 2023-5_3

この1台、1kWhあたり走行距離が10㎞=電費3.1円/㎞、交換式バッテリー採用、水害時に水に浮く仕様などさまざまな特長があるのだが、最大の注目ポイントとしては、インホイールモーターを採用していることから、四輪それぞれが独立して動くようになっていることが挙げられる。

なんと車両がその場で360度回転したり、真横へのカニ走りもできるようになっているのだ。

「例えば配送業のドライバーが宅配のために狭い路地に入り込んだとしても、その場で旋回して向きが変えられる。また、前後の隙間がわずかしかない場での縦列駐車もカニ走りで難なくこなせる。しかも、これらは搭載予定のレベル4の自動運転機能によってオートで行える」(FOMM説明員)

 

JMS 2023-5_4

プラスαの先進機能で、大手メーカーのオーソドックスな軽バンEVとの違いを際立たせているFOMM TWO コンセプト。これが市場に投入されて普及すれば、配送業の景色は大きく変わるはずだ。

〈HW ELECTRO〉
可愛くて使いやすい
「機能美の1台」

2019年創業のHW ELECTROは、新開発した軽バンEVのコンセプトカーを発表した。

名は「PUZZLE(パズル)」。2024年度中に200万円以内の価格で販売する予定だという。

JMS 2023-5_5

JMS 2023-5_6

このPUZZLE、後続距離200㎞、外部給電機能、コネクテッド機能、太陽光発電など、なかなか充実した性能を誇るのだが、何より目を引くのはそのユニークなスタイリングだ。

90°と45°の角度が基調のボディに何枚もの平面パネルを貼り付けたシンプルかつチャーミングな外観。普通の配送業はもちろん、出張美容室や出張カフェなどの業態でも使えそうな感じになっている。

しかも、この独自のスタイリングは価格面と機能面のメリットも生んでいる。

貼り付けられる平面パネルは前後左右で共通化しており、それによるコスト削減効果で車両販売価格を抑えることが可能となった。

また、荷室の入口がほぼ90°角になることから、例えば四角い段ボール箱を従来の軽バンよりも数多く積むことが可能となった。

そう、いうなればPUZZLEは「機能美の1台」となっているのである。

JMS 2023-5_7

HW ELECTROの蕭偉城(ショウ・ウェイチェン)社長は、PUZZLEの開発と発売に込めた思いをこう語っている。

「PUZZLEが、幅広い業態の企業のカーボンニュートラルへの取り組みを助ける1台になればと考える。また、現在、日本は物流の2024年問題に直面しており、その中で軽貨物の分野を担う軽バンの役割が大きくなることが予想されるわけだが、PUZZLEはそうしたニーズにもしっかり応えられるEVであると思う」

チャーミングなPUZZLEは、健全な社会に不可欠な1ピースとなることを目指しているのである。

JAPAN MOBILITY SHOW 2023 レポート

(1)CASE時代を先駆けるホンダとBYD。リアルな電動車を多数展示し来場者を魅了!

(2)三菱自動車とスズキは自社の個性を前面に出した電動コンセプトカーを披露!

(3)ブリヂストン、横浜ゴム、パナソニックはEV対応の自社製品を展示!

(4)配送業の「カーボンニュートラル」を応援。発売間近のオーソドックスな軽バンEVたち!

(5)「まさにユニーク!」。ベンチャー企業の軽バンEVにはプラスαの魅力がいっぱい!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第2戦レポート(後編)―スタートで大失敗も、KIMI選手が全開ゴボウ抜きで2戦連続のWin!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    2.045㎞を27周して順位を競うALLJAPANEV-GPSERIES2024第2戦の決勝。午後4時5分にはじまったレースは、冒頭から大波乱の展開…

    2024.05.14更新

  • 次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと走るよ、燃料電池自動車【前編】

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと…

    燃料電池自動車(FCV)は遠い未来のクルマだとばかり思っていたら、トヨタとホンダが発売に踏みきった。本格的な普及はまだまだだろうけれど、これは見過ごせない状況。…

    2016.04.08更新

  • 『第25回日本EVフェスティバル』ルポ③ 高校生は社会貢献できるEVが超クールだと感じる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第25回日本EVフェスティバル』ルポ③…

    日本EVフェスティバルに参加したEVは、なにもレーシングカー仕様の車両ばかりではない。自動運転機能を備えたEVもあれば、〈何でもEV展示〉にはユニークなEVたち…

    2019.12.05更新

  • 日本EVクラブ 試乗会ルポ (前編)環境によくて運転が楽しいクルマを選ぼう!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ 試乗会ルポ (前編)環境…

    さまざまな自動車メーカーの最新のEVとPHVならびにPHEVの試乗ができる日本EVクラブ主催の『最新EV・PHV試乗&セミナー』。6月25日(日)に東京の日本科…

    2017.08.29更新

  • 次世代エコカー勉強会〈11時限目〉2020~2025年の交通社会は自動運転化で大変革!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈11時限目〉202…

    「2020~2025年」といえば、「みらい」というよりは「明日のもうちょっと先」というイメージである。しかし、そこには、今とは違った交通社会が存在することになる…

    2018.06.12更新

  • EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナリスト まるも亜希子 ⑤「ロータス店さんがEV世代の子どもたちに大人気のお店になりますように」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/カーライフ・ジャーナ…

    まるも亜希子さんに聞くインタビュー5回シリーズの最終回は、「EV時代における自動車整備工場の在り方」について。まるもさんは「女性、そして子どもたちがファンになる…

    2019.08.20更新

< 前のページへ戻る