ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭所光選手 ①「小学生時代、ラジコンカーが僕のレース本能に火をつけた」

2022年5月11日更新

地頭所光選手_1

春が来れば、2022 全日本EVグランプリシリーズ(ALL JAPAN EV-GP SERIES)が幕を開ける。

我々は、このレースへの興味関心をさらにかき立てるべく、4連覇中の王者・地頭所光選手(じとうしょ・ひかる、チームタイサン)にインタビューを試みた。

東京大学の現役大学院生(インタビュー当時)でもある彼は、いったいどんな人物であり選手なのか。

EVレースを勝ち続ける中、今後、どこに向かおうとしているのか――。

東大キャンパスの一室で行ったロングインタビューは、幼少期の思い出などをたどりつつスタートした。

珍しい名前

——まずは生い立ちからお聞きします。千葉県で生まれ育ったそうですね。

地頭所 はい。1997年に千葉県千葉市の蘇我で生まれ、そこで育ちました。鹿児島県出身の祖父が若いころに移り住んで以来、我が家はずっと千葉なんです。

——地頭所というと、歴史の教科書に出てくる「守護・地頭」を連想しますが、関係ありますか?

地頭所 いえ、鹿児島県の南さつま市に加世田地頭所町というところがあって、その地名から来ています。「守護・地頭」が由来ではないみたいですね。

——そうなんですか。初対面の人は、この苗字を聞いて驚くでしょう。

地頭所 はい。幼いときから1億回ほど「珍しいね」って言われ続けてきました(笑)。だからといって、嫌というわけではなく、むしろレース界で名前を売るのに役立っているので、すごく気に入っています。みんな、一発で覚えてくれますから。

——一方、ファーストネームは「光」とわかりやすい一文字です。

地頭所 前が大きい分、後は小さくしよういうことで親が付けてくれたんですが、光り輝く活躍をしてほしいという思いも込めたみたいです。

——光り輝く。チャンピオンっぽくていいですね。ご両親はどんなお仕事を?

地頭所 どちらも建築関係の仕事をしています。母は建設会社の事務をしていて、父は自分でリフォーム会社を経営しているんです。ちなみに、母方の祖父も工務店を営んでいました。いわば我が家は建築系なんですが、長男の僕はまったく無関係のことをやっているわけです(笑)。

文武両道の子

——幼いころは、どんな子どもだったんでしょう。

地頭所 今とは正反対で、すごく引っ込み思案な子でした。あと、さみしがり屋でもありました。保育園まで送ってくれた親が帰るときに、全力で阻止しようとしてましたから(笑)。

——へえ、意外です。

地頭所 人と普通に話せるようになったのは小学校の高学年ぐらいからかな。とにかく、社会性の構築がだいぶスローな子だったんですよ。

——引っ込み思案とはいえ、好きなことはあったんですよね?

地頭所 ありました。最初に興味を覚えたのは5歳くらいからはじめた公文の勉強でした。小学校レベルの計算を先取りした問題とかを解いて、先生に丸付けしてもらうのが楽しくて仕方なかった。100点の花丸フルコンボを達成するのが、ものすごい快感で……。もう、それをずっと追い求めていました。

——最初の趣味が勉強だなんて、さすがのちに東京大学に入るだけのことはあります(笑)。スポーツのほうはどうだったんですか?

地頭所 走るのが速かったし好きだったので、小学校に入ってからは昼休みにいろんなスポーツをやっていました。特にサッカーには熱中してましたね。

地頭所選手_小学校卒業式

——大人しいけれど文武両道だった、と。では、クルマへの興味はいつから?

地頭所 小学校3年生のときにラジコンカーに興味を持ったのが最初です。5年生のときに、お年玉を貯めたお金で京商の「ミニッツ」というハイスペックなものを買ってからは、ラジコンカーのレースにどっぷりはまり、毎週末には専用のサーキットに行ったりしてました。

——そのハイスペックなラジコンは、速さを出すために自分でいじったりするんですか?

地頭所 はい。速く走らせるために、サスペンションのバネからすべてをチューニングしていました。僕は、当時から「セッティング次第でマシンの挙動がぜんぜん違ってくる」ということをラジコンで学んでいたんです。



スーパーGTとの出会い

——そのころは、まだリアルなクルマやレースに目が向いていなかったんですか?

地頭所 いえ、かなり興味を持っていました。6年生でスーパーGT参戦車のラジコンを手に入れたとき、「スーパーGT」というレースがあることを知り、その延長線上でテレビ東京の『激走!GT』という番組を熱心に観るようになり、本物のレースの大ファンになったんです。

——そのころのスーパーGTでは、どんな戦いが繰り広げられていたんですか?

地頭所 2008~2009年くらいかな……GT500クラスでは、NSX対SC430対GTRという日本の三大メーカーのマシンによる熱いバトルが繰り広げられていました。当時、井出有治さん、細川慎弥さん、脇阪寿一さん、飯田章さんなどがバリバリの現役で走っていましたね。

——どのマシンを応援していましたか?

地頭所 自分が持っていたラジコンカーと同じRAYBRIG NSXを応援していました。ブルーを主体としたカラーリングがめちゃくちゃ格好いいなと思って。

——仮想とリアルがリンクして、気持ちが盛り上がったんですね。

地頭所 そうです。テレビの画面にRAYBRIG NSXが映ると「僕のラジコンカーと同じのが走ってる」と興奮していました。当時はよくスピンしたりぶつかったりして苦戦気味だったんですけど、鈴鹿1000㎞レースで井出有治さんがピットスタートから怒濤の追い上げで2位になったのを目の当たりにして、「本物のマシンでやるレースってすごい」と、感動したのを覚えています。

——そういうラジコンやレースに入れ込む気質は、ご家族からの遺伝的なものでしょうか?

地頭所 うーん、どうなんでしょう。父は一時期フェアレディZに乗っていましたけど、そんなにクルマやレースが好きという感じではなかったです。なので、遺伝ではない気がします。やっぱりラジコンありきの話。普通に勉強とスポーツをやっている中で、ラジコンカーで競う楽しさや本物のレースの魅力を知ったことで、レースに目覚めていったんだと思います。たぶん後天的な変異というやつですね(笑)。――つづく

EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭所光選手
①「小学生時代、ラジコンカーが僕のレース本能に火をつけた」
②「10分間の初カート体験。これが人生のターニングポイントになった」
③「“カートからレーサー”は無理と感じ、東大受験に専念」
④「“東大の神”と呼ばれた僕(笑)。偶然のEVレース参戦で夢が再燃」
⑤「4連覇できたのは、圧倒的に速いテスラ車を駆っていたから」
⑥「2022シーズンは強敵だらけ。5連覇はそう簡単じゃない」
⑦「トップレーサーになって、EVのワールドカップに挑戦したい」


地頭所光(じとうしょ・ひかる)
1996年千葉県生まれ。小学生のときにラジコンカーの趣味がきっかけでスーパーGTを観るようになり、レーサーになる夢を持つ。中学1年から高校2年にかけてカートレースを経験。2016年に東京大学に入学してからは自動車部に所属してジムカーナやラリーに出場して勝利を重ねた。大学3年時からJEVRA主催の全日本EVグランプリシリーズ(ALL JAPAN EV-GP SERIES)に参戦し、2021年のシリーズまで4連覇を達成。また、2021年にはTGR 86/BRZ Raceのクラブマンエキスパートクラスにも参戦し、開幕から6勝してシリーズチャンピオンに輝いている。2022年シーズンの目標は全日本EVグランプリシリーズの5連覇と、GR 86/BRZ Raceプロクラスでの優勝およびFIA-F4でのシリーズ入賞。

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 第27回 日本EVフェスティバル レポート① ―新型アウトランダーPHEVは、総航続距離1000㎞以上を誇るベストな電動車!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第27回 日本EVフェスティバル レポー…

    コロナ禍が続き、クルマの電動化の流れが加速した2021年。100年に一度の混沌の中、秋に予定されていた日本自動車工業会(会長:豊田章男氏)主催の東京モーターシ…

    2021.12.09更新

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第3戦レポート③―マツダのグループ会社がノーマルのMX-30で初参戦。果たして完走できたのか?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第3…

    「走る姿が実に美しい」2022全日本EVグランプリシリーズ(AllJAPANEV-GPSERIES)第3戦。マツダのMX-30のEVモデルが、EV-3ク…

    2022.07.21更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 前編】「世界初の量産型EVの普及を支える仕事に使命感を持って取り組んだ」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    i-MiEV(アイ・ミーブ)というクルマが歩んだ10年を振り返っておきたいと思う。それは、この先10年、20年に展開するであろう電気自動車(EV)の普及に、何が…

    2019.11.21更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ①トミーカイラZZ誕生エピソード~「とんがったEVがだしたかったんです!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    2015年に往年の名車トミーカイラZZをEVスポーツカーとして復活させ、2019年には日本初のEVスーパーカーであるGLMG4を量産するというGLM。社長の小…

    2018.01.17更新

  • 『EVOCカンファレンス2019 in HAKONE』レポート(前編)多彩なゲストスピーカーが登壇したEVイノベイターたちの集い

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『EVOCカンファレンス2019 in …

    夏の名残の無冠雪の富士山が顔を覗かせていた9月15日、神奈川県箱根町の星槎(せいさ)レイクアリーナ箱根の駐車場には、電動車がズラリと数十台並んでいた。三菱のi…

    2019.10.10更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』②・・・「世界初の外部給電器を生む契機となった中学校に感謝」(堤健一)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    給電には外部給電器が必須EVには、給電ができるという便利な機能がある。しかし、たとえばキャンプなどでV2Lとして給電を行う場合、充電口からそのまま家電に使え…

    2018.06.26更新

< 前のページへ戻る