ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

閑話休題シリーズ「自動運転ってなに?〈レベル1編〉」①安全運転支援システムが単独で搭載されているクルマも自動運転車なのである。

2016年6月14日更新

みらい_7限目黒板夢のクルマであったはずの自動運転車が、現実のものとなる気配が濃厚になってきた。ということで取り急ぎ学習会をスタート。間欠的にではあるが「自動運転ってなに?」をシリーズで追っていく。

2020年ごろから「自動車」の概念が変わる!?

「自動車」という単語は「自ら動く車」という意味をもっている。
もともとは英語のAutomobileを訳してできた言葉。その昔、レール上しか走れない列車とちがってドライバーの意志と操作に従ってどこでも自由に自走できる車であることを讃えて生まれた表現だ。

しかしいま、この長らく使われてきた「自動車」という言葉の定義は大きく揺らぎはじめている。なぜなら、近い将来、自動運転のクルマが世に出回るとされており、機能と言葉の整合性を突き詰めるならば、それこそが本当の「自動車」になるからだ。つまり、どこでも自由に走れるうえに、ドライバーが操作しなくても自動で自走できる車こそが「自動車」の名にふさわしいだろうということだ。

おそらくみんな、そのことに薄々気づいている。それが証拠に、だれも「自動運転自動車」とはいわない。お茶を濁すように「自動運転車」「自動走行するクルマ」といって済ませているところがある。

いまはまだそれでも大丈夫だろう。だが、本格的な自動運転のクルマが世にでてくるとされる2020~2030年ごろからは、きっとこの言葉についての議論が盛んになるはずだ。どう結論づけられるかはわからないが、もしかしたら、「自動車」は自動運転車にのみ使うべきとなり、ドライバーが操作するクルマについては「半自動車」とかなんとかになるのかもしれない(いや、もっと洒落た新しい言葉が生まれるのかもしれない)。

とにかく、未だ開発途上とはいえ、自動運転車の存在感はどんどんと増しつつある。各メーカーの研究開発のスピードは急で、各国政府もそのバックアップに本腰を入れはじめている。まちがいなく自動運転車がたくさん路上を走る日はやってくる。われわれ一般ユーザーは、こうした言葉の問題を含め、いったい自動運転車とはなにかについて、いまから意識し、学んでおいて早すぎることはないのである。

東京モーターショー2015に出品された自動運転車

東京モーターショー2015に出品された自動運転車



現状の自動運転車のほとんどはレベル1

まずは自動運転車の定義から。

一口に自動運転車とはいってもいろいろとある。究極の自動運転車は、ドライバーの操作なしに安全に走行できる装置を備え、かつ道路状況および信号や標識などの情報を読み取りながら適切に走行できるクルマということになるのだが、じつは、そこに至るまでのクルマも自動運転車として見なされている。

内閣府が2015年にまとめた『SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)自動走行システム研究開発計画』では、自動運転車を以下のように4つレベルに分けている。現状の自動運転車のほとんどはレベル1の段階にあるとされており、それらが進化していき2020~2030年には究極の自動運転車=レベル4に到達すると考えられている。

みらい_図_自動化

では、そのレベル1の自動運転車とはどのようなクルマなのか?
表に書かれてあるとおり、安全運転支援システムが単独で搭載されているクルマのことだ。

わかりやすいところでは、自動ブレーキが装着されたクルマがあげられる。あるいは、アクセルを踏まなくてもクルマが一定の速度で走行してくれるようになるアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)や、車線を逸脱しそうになると自動で修正してくれる車線維持支援システム(LKS)が付いたクルマもそれに当たる。繰り返しになるが、これら単独の安全運転支援システムは、いずれさらに精度を高めていくと同時にほかのシステムと組み合わされながら機能するようになり、だんだんとレベル4のクルマが実現していくわけだ。

つまり、自動運転車を知るためにはまずは隗よりはじめよで、単独の安全運転支援システムについて知ることからはじめるのが大事なのである。ということで、以降、数回にわたり、自動ブレーキ、ACC、LKSなどについて学んでいこう。

※参考文献:『自動運転』(日経BP社発行)/『SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)自動走行システム研究開発計画』(内閣府)

ロータスクラブは、環境に優しい自動車整備工場に取り組んでいます。

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

  • 『EVOCカンファレンス2019 in HAKONE』レポート(中編)EVオーナーたちの熱気にゲストスピーカーからこぼれ話も飛び出す!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『EVOCカンファレンス2019 in …

    会場の会議室は中規模であったが、そこにカンファレンスに参加したEVオーナーたちとゲストスピーカーが入ると、かなりの密度になった。前の方の席に座ると、目の前でゲス…

    2019.10.10更新

  • 2016後半の注目ニュース② 2030年までにドイツでエンジン搭載車の販売がなくなる?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2016後半の注目ニュース② 2030年…

    あとわずか15年足らずという衝撃次世代エコカーの登場と普及がはじまって以降、「いつかエンジンを搭載したクルマはなくなるだろう」という予測がたびたび語られるよう…

    2016.11.28更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ③ 新しいレース観をつくりだすEV特有の走り!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    日本EVフェスティバルの後半の模様と、閉会式についてルポする。コンバートEVレースに加え、自動運転車によるエキシビションレースまで行われ、会場は次世代自動車感…

    2018.11.22更新

  • BookReview ⑨『小説EV大戦争』~勧善懲悪を楽しみながらEVのことが学べる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview ⑨『小説EV大戦争…

    中国はEV大国をめざしているいま中国は、EV化路線をひた走っている。近年は、「NEV(NewEnergyVehicle=新エネルギー車)購入者への補助金…

    2018.05.29更新

  • BookReview⑬『2019年版 間違いだらけのクルマ選び』(後編)‐ジムニーとアウトランダーPHEVに太鼓判!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑬『2019年版 間…

    スズキ、三菱自動車などの最新の88台を徹底批評1976年から発刊され続けている『間違いだらけのクルマ選び』の見どころは、巻頭のエッセイだけでない。自動車評…

    2019.01.29更新

< 前のページへ戻る