ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第6戦レポート(4)―「とりあえずノーマルで走った」テスラ モデルSプラッドとHonda e。来季の劇的進化に期待!

2023年11月8日更新

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-6_4-1

今戦、爆速のテスラ モデルSプラッドと、キュートなHonda eが初めてEVレースを走った。

電動化時代のレースの進展を実感させる、実に感慨深い出来事だった。

それぞれのレース結果や来季の目標などを、ドライバー、監督の声を交えて紹介する。

ノーマルのモデルSプラッド
真の実力は発揮できず

この夏から日本での納車がはじまったテスラ モデルSプラッド。

トリプルモーターAWDを搭載し、0-100km/hは2.1秒の速さを誇る。

レース前、GulfRacingJapanのKIMI選手(#23)が最終戦に参戦させるというニュースに触れたときは、「長らく続いたモデル3一強時代についに終止符か」との予感が脳裏をよぎった。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-6_4-2

しかし、今回の初レースは、確かに上位には入ったものの、予選が8番手で決勝が6位と、実に平凡な結果に終わった。

なぜ、こうなったのか。

KIMI選手に理由を聞いたところ、路面が完全ウエットなのに履いていたタイヤが納車されたときのノーマルのままだったことが大きかったとのこと。プラッド用の大きなSタイヤは海外から取り寄せるしかなく、今回はそのための時間がまったくなかったようだ。

「ありあまるパワーが濡れた路面で空回りし、真っすぐの走りが横になるくらいに操作が難しかった。ドライだったら、もう少し実力の片鱗を見せられたかもしれないが……。まあ、今回は客寄せパンダ役ということで納得している(笑)。来季はしっかりとしたレース仕様にしてから参戦して勝ちにいくので、そのときの走りを楽しみにしてほしい」

モデルSプラッドの爆速走行は「来季まで待て! 」なのである。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-6_4-3

ブービーのHonda e
ジャンプアップは間近!?

ホンダは、2020年に初の市販EVであるHonda eを発売した。

航続距離が283㎞と、パワー面で目立つ性能はなかったが、ホンダらしいキュートなスタイリングが受け、一定の人気を博している。

今回、ホンダの子会社であるホンダアクセスのモータースポーツ部(会社の部活動)が、この1台を持ち込み、初のEVレースにチャレンジした。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-6_4-4

結果は芳しいものではなかった。予選は12位で、決勝は完走した車両としては下から2番目の14位に終わった。

さぞかしがっかりだろうと思ったが、監督の黒石田利文氏とドライバーの渋谷和則選手(#89)の表情は意外にも明るかった。

どうしてか。

かつて研究所でエンジン開発に携わっていたという黒石田監督は、決勝前にこう語っている。

「走らせているのはノーマルのHonda e。バッテリー容量が35.5kWhと小さいので、今回のレースは完走することに重点を置いている。それによってEVレースがどんなレースかを把握したいと考えている。来季はその経験と知見を基に、車体を大幅に軽量化するとともにバッテリーの効果的な冷却方法を導入するなど、戦闘力を劇的にアップさせるつもりでいる。すぐには難しいだろうが、いずれモデル3を打ち負かせるほどのクルマにしたい」

創業者・本田宗一郎の時代から「レースはクルマの実験場」を標榜しているレース好きのホンダグループ。その底力に期待しよう。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-6_4-5

● ● ●


今戦、テスラ モデルSプラッド、Honda eともに結果は振るわなかった。だが、来季、もっと目立った活躍を見せてくれるのは、間違いなさそう。期待大だ。

これからも、新しい爆速EV、そしてメーカー系チームや有力レースチームが、続々参戦してくることを望みたい。

最初はノーマルでもいい。それで負けても恥ではない。その後の改良に向けて、とりあえず走ってみることが大事なのだ。EVレースファンは、そのことをちゃんと理解している。

 

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023-6_4-6

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第6戦レポート

(1)初の年間総合チャンピオンへ。「雨の余郷」が本領発揮のポールポジション!

(2)ペナルティを受けるも余郷選手が初の王座を獲得。TAISANは6連覇を達成!

(3)時代の進化とともに魅力を増すEVレース。来季は第1戦から目が離せない!

(4)「とりあえずノーマルで走った」テスラ モデルSプラッドとHonda e。来季の劇的進化に期待!

(5)個人参戦でも戦える!2人のモデル3オーナーが入賞圏内でフィニッシュ!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • BookReview(34)『EVのリアル』―EV懐疑派も、ノルウェーのEV事情に接すればきっと変心する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(34)『EVのリア…

    著者の意識を変えた欧州のリアルなEV事情著者は日経新聞の記者。職業柄、最新の自動車市場の動向には明るいのだが、2017年までは「EVなんて普及するの?」と思…

    2022.10.12更新

  • EVキーマンに聞く/日本EVクラブ代表 舘内端 ④「街の整備工場はEVサービスの発信基地になるべきです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/日本EVクラブ代表 …

    次世代車取扱いを目に見えるように―EV時代の到来する中で、ロータスクラブも、2016年から「次世代車取扱認定店制度」を進めています。これは全国で1600社を…

    2018.12.20更新

  • 【EVレースNews】王者TAISAN、東京オートサロンで今季投入のテスラ モデルSプラッドを初披露!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【EVレースNews】王者TAISAN、…

    名門レーシングチームのTeamTAISAN(代表・千葉泰常氏、以下TAISAN)は、JEVRA(日本電気自動車レース協会)主催のEVレースALLJAPAN…

    2024.01.25更新

  • 『e-Mobility World 2022』レポート(前編)―「エコが普通」の湘南での電動車試乗会。話題のeKクロス EVも顔見せ展示!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『e-Mobility World 20…

    湘南地域に住む人々のエコ意識は結構高い。昔からサーフィンなどのビーチ文化が盛んで、海をはじめとする自然を日常的に大切にしている。藤沢市のパナソニック工場跡地…

    2022.06.23更新

  • 『第25回日本EVフェスティバル』ルポ③ 高校生は社会貢献できるEVが超クールだと感じる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第25回日本EVフェスティバル』ルポ③…

    日本EVフェスティバルに参加したEVは、なにもレーシングカー仕様の車両ばかりではない。自動運転機能を備えたEVもあれば、〈何でもEV展示〉にはユニークなEVたち…

    2019.12.05更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第6戦レポート(3)―時代の進化とともに魅力を増すEVレース。来季は第1戦から目が離せない!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    余郷選手へのペナルティが報告された後、ALLJAPANEV-GPSERIES2023の最後の表彰式が晴れやかに実施された。このときには雨も上がっていた…

    2023.10.26更新

< 前のページへ戻る