ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第2戦 レポート(2)―完全ウェットの決勝。“運に恵まれたドライバー”がぶっちぎりで優勝!

2023年11月8日更新

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND2 2-1

正午ごろに強く降った雨は、午後3時にはやや小降りとなったが降り続いていた。

2023 ALL JAPAN EV-GP SERIES第2戦「全日本 富士 EV55㎞レース大会」の決勝は、予想どおり完全ウェットのコンディション下で行われた。

この難しい状況で、ポールポジションの余郷敦選手のモデル3と2番手スタートのTAKAさん選手のモデル3が繰り広げるであろう熾烈なバトルが期待された。

だが、残念ながらそうはならなかった。

結果からいうと、レースはTAKAさん選手のぶっちぎりの優勝で幕を閉じている。

最初の第1コーナーで
勝負の行方が決まった

激しいトップ争いが見られたのは、スタート直後だけだった。

2番手のTAKAさん選手は濡れた路面をものともしないスタートダッシュを見せ、第1コーナー手前で余郷選手を抜き去った。

「こなくそ!」と思ったかどうか、コーナリングに秀でた余郷選手は、コーナーを抜けたあたりであっさり抜き返した。

が、「まだまだ!」と叫んだかどうか、すぐにTAKAさん選手が猛烈な加速を見せ、再びオーバーテイク。そのまま激しい水しぶきを上げながらぐんぐんリードを広げていった……。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND2 2-2

勝負の行方はこれで決することになった。

最終的にTAKAさん選手は、2位の余郷選手に45秒837もの差をつけて優勝を遂げたのである。

これでTAKAさん選手は第1戦に続いて2連勝。シリーズが残り4戦ということを考えれば、TAKAさん選手は着々と年間総合チャンピオン獲得へ向けて近づいている。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND2 2-3

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND2 2-4

優勝の要因は
キジかタイヤか!?

レース後、ピット内で勝ちどきを上げているTAKAさん選手に、ぶっちぎりで優勝できた理由を聞いた。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND2 2-5

AKAさん選手はこんな答えを返してきた。

「いろいろあるけど、一番大きな勝因は鳥のキジかな。予選走行中にキジがクルマにヒットしてきて羽がボディの継ぎ目に挟まった。これが、勝利への運をかき集めるドリームキャッチャーになってくれたんだと思う(笑)」

よく見れば、確かにフロントボディの継ぎ目に鳥の羽らしきものが挟まっていた。TAKAさん選手は、それを幸運の印と捉え、あえて除去しないまま決勝を走っていたのだ。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND2 2-6

優勝に向けてのゲン担ぎという意味では、キジも一定の貢献はしたのだろう。しかし、大差で勝った理由はそれだけでないはずだ。

実をいうと、われわれは、もうひとつの勝因らしきものを事前に察知していた。

決勝前、TAKAさん選手は完全ウエットを見越してタイヤを溝の深い新品のものに履き替えていた。対して余郷選手は決勝でも予選のときと同じSタイヤを履いたままだった。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND2 2-7

つまり、TAKAさん選手は決勝レースが完全ウェットの状態で行われることを予想して、優勝に向けて雨対策を怠りなく行っていたわけで、ぶっちぎりの勝利はその結果だったといえそうだ。

熾烈なバトルを観ることはできなかったが、細かいところにレースの奥深さを垣間見た、そんなレースであった。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第2戦 レポート

(1)余郷選手が名門TAISANの意地を見せて逆転のポールポジション!

(2)完全ウェットの決勝。“運に恵まれたドライバー”がぶっちぎりで優勝!

(3)まるでレース映画。大いに盛り上がった国産の電動車同士の4位争い!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • BookReview⑩『EVと自動運転』‐ EVの普及は、テレビのブラウン管が液晶に変わったときのように進む!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑩『EVと自動運転』…

    「100年に一度の変換期」の真の意味いまの自動車産業界は「100年に一度の転換期」にあり、そのキーワードは「電動化」「自動化」「コネクテッド化」「サービス化」…

    2018.08.07更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ④ エンジン車とEVの両方を愛する新人類の登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    ルポの最後に、フェスティバルに参加した若い人たちの声を載せておきたい。興味深かったのは、みんな、口を揃えて「エンジン車もEVも両方大好き」と語っていたことだ。…

    2018.11.22更新

  • 第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」レポート②―2日間のトレーニングで「交通事故」への向き合い方が変わった!(寄稿 橋本愛喜)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレー…

    第1回「ボッシュCDRテクニシャントレーニング」に参加した、フリーライターの橋本愛喜さんに体験記を寄稿してもらった。橋本さんは、自身がトラックドライバーであった…

    2021.12.09更新

  • 次世代エコカー勉強会〈14時限目〉EVの駆動用バッテリー(後編)もうすぐ全固体電池を搭載した実質航続距離600㎞を誇るEVがデビューする!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈14時限目〉EVの…

    リチウムイオン電池よりも優れた性能を持つ次世代電池の中でも、EV(電気自動車)の駆動用バッテリーとして最も期待されているという全固体電池。後編では、この全固体電…

    2020.07.07更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(1)  EV未発売メーカーも電動化に本腰!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(1)…

    第45回東京モーターショーが2017年10月27日~11月5日に東京ビッグサイトで開催された。「BEYONDTHEMOTOR」というスローガンのもと、クルマ…

    2017.11.09更新

  • 諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボックスって何?〉②「今後は日本でも暴走事故の解明に一役買うことになるでしょう」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボック…

    諸星陽一氏によると、アメリカではEDRから読み出したデータの解析レポートが裁判の証拠として普通に使われていて、その一連の作業はビジネスとして成り立っているという…

    2021.03.11更新

< 前のページへ戻る