ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

eKクロスEVの魅力③「街中ではスムーズな加速が気持ちよく、高速では安定した走りにホッとする」…まるも亜希子(カーライフジャーナリスト)

2022年8月9日更新

「eKクロスEV」まるも亜希子さんインタビュー_3-1

eKクロスEVの大きな魅力は、やはりその走りにある。試乗の際に感じたeKクロスEVの走りの魅力を、まるもさんにわかりやすく解説してもらった。

街中でもたもたしない
快適かつ安全な走り

——走行中の静粛性がすごいeKクロスEVですが、走りそのものの印象はどうでしたか?

まるも もう、登録車レベルの走り。高級車並みと言っても過言じゃないです。なにしろ、モーターのトルクがeKクロスのターボ車の約2倍に相当する295Nmもあります。出力は47kWですが、本当はもっと出せるらしく、余力を残して回っています。だから、街中でのゼロスタートから高速道路の追い越しまで、あらゆるシーンで走りに余裕があるんです。ガソリンエンジンの軽自動車って、ギリギリいっぱいで走ってる感じがありますが、ああいうのがぜんぜんないんです。



——街中と高速道路、それぞれにおいて、どんな気持ちいい走りができるのか具体的に教えてください。

まるも 街中では、やっぱり発進のよさが一番に挙げられます。ガソリン車のような一拍遅れる発進じゃなくて、出足からすっと行って、そのまま思いどおりに加速していく感じです。街中では信号で何回もストップ&ゴーしなくてはいけませんけど、こういう気持ちのいい発進ができると、まったく苦になりません。逆に、何回止まっても構わないよって思うくらいに、ストレスを感じないんです。

——もたもたしない走りが気持ちいいわけですね。

まるも そう、もたもた感がまったくない。だから、幹線道路での車線変更時、バイパスでの合流時、交差点での右折時などで、「あ、今行ける」と思ったときに、危なげなくすっと行けちゃう。人馬一体っていう言葉がありますけど、まさにそういう運転が誰でもできてしまうんです。

「eKクロスEV」まるも亜希子さんインタビュー_3-2

——気持ちがいい加速は、ある意味、安全でもありますよね。

まるも かなり安全です。だから、例えば運転が苦手な人にとっては非常にありがたい1台だといえますね。

高速での優れた安定性が
運転の疲れを大幅に軽減

「eKクロスEV」まるも亜希子さんインタビュー_3-3

——高速道路でも、やはり加速性能のよさが実感できますか?

まるも はい。それに加えて、私はeKクロスEVの高速走行の安定性がすごいなと感じました。100㎞/hで直進走行するときも、高速カーブが続くところを走るときも、ジャンクションなどの大きなカーブを曲がるときも、ぜんぶ安定した状態で走れるし、ぜんぜんグラグラしないんです。しかも、どのシーンでも横風の影響を受けにくいし……。これは、やはりスムーズな加速にプラスして、バッテリーが下部に敷き詰められていて重心が低いことと、ボディ剛性が優れていることなどが大きく影響しているんです。

「eKクロスEV」まるも亜希子さんインタビュー_3-4

——そういった安定性は、やはり安全性につながりますね。

まるも そうですね。あと、リラックスして運転でき、疲れが少ないという効果も見逃せません。路面にはアンジュレーションというかギャップが結構あって、直進走行のときでもフラフラしがち。ガソリンエンジンの軽自動車などでは、常にハンドル修正を行いながら走らなければなりません。そうなると、皆さん覚えがあると思うんですが、ハンドルを握る手にギュッと力が入り、肩が凝り固まり、相当疲れることになります。ところが、eKクロスEVは安定性が極めて高いから、余計な力を入れる必要がなく、結果として、疲れがかなり軽減されるんです。これは本当に助かりますよ。

寄り道ドライブのススメ

——気持ちいい運転ができて、高速走行時の安定度も高いとなると、つい長距離運転も大丈夫と言いたくなりますけど、航続距離はWLTCモードで180㎞。長距離ドライブでは、複数回の充電が必要だと思います。そのあたりは弱点といえるでしょうか。

まるも うーん。もともと街中走行を前提にしたクルマなので、弱点とまではいえないと思います。参考までに日産調べのデータを紹介しておくと、ガソリン車に乗る人で1日の走行距離が30㎞以下の人は53%、30km~100㎞の人が31%、100km~180㎞の人が10%になっています。全体の84%の人は走行距離100㎞以下で事足りるわけです。ですので、日常使いという点からすればWLTCモード180㎞はかなり妥当な数字だと思います。もし、これ以上距離を伸ばそうとすると、バッテリーを多く積まなければいけないので、車体が大きくなって軽規格に収まらなくなるし、価格も高くなるでしょう。現実的ではありません。

——なるほど。

「eKクロスEV」まるも亜希子さんインタビュー_3-5

まるも では、たまの長距離ドライブのときはどうすればいいのか。これはもう、何度か継ぎ足し充電を繰り返しながら走る、と割り切ればいいと思います。それを弱点だと思わず、うまく使っていくべきなんじゃないでしょうか。それに私は、長距離ドライブのときの継ぎ足し充電って、悪いことだとはぜんぜん思っていないんですよね。

——といいますと?

まるも 前回のインタビューでもお話ししましたけど、私はかつてアイ・ミーブで下道を中心にのんびりと日本1周している高齢のご夫婦にお会いしたことがあるんです。そのお二人は、しょっちゅう充電を繰り返していたんですが、当時は少なかった充電スポットを探してガイドブックにも載っていない未知のエリアを走ることが多く、それがすごく楽しいとおっしゃっていました。「想像もしていなかった美しい風景に出会えるし、知る人ぞ知る美食にも出会えるし、いいことだらけだ」と言うんです。それを聞いて「目的地に行くだけの長距離ドライブって味気ないかも。こういう途中の行程を楽しむロードムービーのような長距離ドライブもいいなあ」と思いました。それ以来、EV購入を検討しているけど航続距離に懸念を持っている人たちに、そのスタイルを推奨しているんです。言うなれば、EV寄り道ドライブ(笑)。室内も走りも上質なeKクロスEVなら、寄り道を相当楽しめるはずです。

eKクロスEVの魅力…まるも亜希子(カーライフジャーナリスト)

①「サクラが気取ったパンプスなら、eKクロスEVは気軽なスニーカーかな」

②「室内の未来感はほどほど。でも、使いやすさと心地よさは抜群」

③「街中ではスムーズな加速が気持ちよく、高速では安定した走りにホッとする」

④「すごい最新機能の数々。個人の嗜好に合わせて使うとよりGood」

⑤「毎日が気持ちいい軽EV。日本のEVシフトはこの1台から本格化する」

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • BookReview(51)『なぜクルマ好きは性能ではなく物語(ブランド)を買うのか』―カーボンニュートラル時代のクルマづくりにも過去の物語が色濃く反映する。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(51)『なぜクルマ…

    日本自動車ジャーナリスト協会の会員である著者は、大の欧州車好き。本書を通して、こんなことを主張してくる。―ブランドとは物語である。多くのクルマ好きはメーカ…

    2024.05.14更新

  • 2021全日本EVグランプリシリーズ 第1戦 レポート② – 「世界中のポルシェファンのためにも、冷静な走りで完走を目指します」(国江仙嗣選手)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2021全日本EVグランプリシリーズ 第…

    全開走行20~25㎞で加速抑制が働いてしまう!?ポルシェタイカンが優勝する可能性について、レース関係者やライバルとなる参戦者の意見はわかった。では、当の…

    2021.05.13更新

  • 次世代エコカー勉強会〈19時限目-前編〉2023年4月施行の改正道路交通法で自動運転レベル4へ

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈19時限目-前編〉…

    いよいよ無人運転が現実化する2023年4月1日に改正道路交通法が施行された。なかでも注目を集めているのが「自動運転レベル4解禁」である。そもそも自動運転は…

    2023.04.25更新

  • あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス自動車保険(前編)「われわれは安全運転で割引がされる日本初の自動車保険を提供しています」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス…

    「事故のあとの保険から事故を起こさない保険へ」これは、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)の『タフ・つながるクルマの保険』(…

    2020.10.13更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第1戦レポート(前編)―モデルSプラッドを駆るKIMI選手が、異次元の最速タイムでポールを獲得!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    陽光は春めくも風がまだ冷たい3月10日(日)、JEVRA(日本電気自動車レース協会)主催のALLJAPANEV-GPSERIES2024の第1戦「全日本…

    2024.03.26更新

  • 2017年の注目ニュース② 自動運転の最高位が「レベル5」になるらしい。

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2017年の注目ニュース② 自動運転の最…

    このコーナーで昨年(2016年)の6月、「自動運転車は技術の度合いに応じて区分がレベル1からレベル4まである」と書いた。ところが、その半年後となる12月、その区…

    2017.03.13更新

< 前のページへ戻る