ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈中編〉

2019年3月26日更新

lotas-1b_web

車両保険に入っていれば
盗難の被害は補償される

クルマが盗難されたとき、当たり前ですが、多くの人は大いに焦ります。
そして、その焦りのなかのひとつに、「あれっ、盗難されたら、自動車保険で補償されるんだっけ?」というものがあります。

それに対する答は以下です。
「あなたがちゃんと車両保険に入っていれば大丈夫。補償されます」
そう、盗難されたクルマは全損として扱われ、その分の補償はしっかりとでます。これは一般型の車両保険だけではなく、契約料が安いエコノミー型であっても同じです。盗難されたときのことを考えると、この車両保険は非常に頼りになる存在となっているのです。

ただし新車価格は補償されない

ただ、この車両保険の補償について、留意しておかなければならないこともあります。
それは、新車時の価格の全額補償は、まずないということです。

なぜか?
クルマは乗りはじめた時点から価値が下がりだすからです。そして、年月を経れば経るほどその下落が進むからです。
だから、たとえばLさんのように「1年前に買った新車で300万円したんだけどなあ……」と嘆いたところで、300万円まるまるがでることはないのです。補償される額はそのときの市場価格に留まり、もし、同じクルマを新車で買おうとするなら、ある程度は自腹を切る必要がでてくるのです。残念ながら……。
あと、忘れてはいけないのが保険の等級への影響。車両保険を使うことで、等級は1等級下がり、翌年から3年間にわたって保険料がアップしてしまいます。残念ながら……。

新価特約をつければ
全額補償の望みもある

「新車時の価格が全額補償されず、保険の等級も下がるなんて……。補償はでるのはたしかにありがたいけど、やっぱり盗られ損だよなあ」
そういう声、多いみたいです。とくに新車を買って1~2年しか経っていない人は、かなり損した気分になるようです。わかります。同情しきりです。

でも、そんな人に、ひとつだけ保険の補償面での朗報があります。
いま、車両保険にオプションでつけるものとして、車両新価保険特約(通称:新価特約)という商品がでています。
これは、新たに購入したクルマが事故で修理ができない状態になったり、修理費が車両保険金額以上となった場合などに初度登録(車検証に記載された初年度の登録)から3年間までであれば新車価格分がまるまる補償されるという特約です。じつは盗難されて発見されない場合は適用されないのですが、もし発見されて同じように修理不能の状態などになっているとわかれば、ちゃんと適用されることになっています。
盗難車が発見される確率は巷間1~2割程度といわれているので、正直、焼け石に水となる可能性は否定できません。ですが、この特約の料金はそんなに高くはないので、盗難の際の一縷の望みとして契約しておくのは悪くないと思います。それに、そもそも盗難よりも事故に遭う確率が高いので、幅広く新車の被害をカバーするという意味では入っておいて損はないでしょう。
新車を買う方、買ったばかりの方、ぜひこの車両新価保険特約の契約を検討してみてください。

ということで、つづく後編では、盗難されたクルマがもしも発見されたときに、どのように対処すべきか、保険のことを絡めつつご紹介します。

愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈前編〉
愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈中編〉
愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈後編〉

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.69(後編)新車特約の終了後に愛車が全損!……でも「車両全損時復旧費用補償特約」付帯なら時価を上回る補償が出る!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.69(後編)新車特約の終了後に愛…

    改めて紹介すると、東京海上日動火災保険は、2022年1月から車両保険に付ける特約「車両全損時復旧費用補償特約」を販売しています。最近は1台のクルマを長く乗るとい…

    2022.02.10更新

  • Vol.53 首都高のトンネル内で車両火災に遭遇したら、どう行動すべきなのか?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.53 首都高のトンネル内で車両火…

    閉じられた空間での火災は即、命の危機へとつながるさて、ここからが本題――。数多い首都高での車両火災のなかでも、もっとも怖いのは今回の事例で紹介したようなト…

    2020.08.25更新

  • Vol.74(前編)交通事故の過失割合が9対0に。そういう決着もアリなの!?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.74(前編)交通事故の過失割合が…

    【今回のやられちゃったストーリー】「なんで、そうなるのよ!」保険会社から電話で「事故の過失割合は9対1」と伝えられた後、Qさん(40歳・会社員)は天を仰いで…

    2022.08.23更新

  • Vol.81(前編)ずっとゴールド免許だったのに、たった一度の軽微な違反でブルー免許に!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.81(前編)ずっとゴールド免許だ…

    【今回のやっちゃったストーリー】郊外に住むXさん(38歳・主婦)は、ある夜、2人の子ども(10歳男子と7歳女子)をクルマの後部座席に乗せ、ショッピングセンター…

    2023.03.14更新

  • Vol.76(後編)もらい事故で特殊な色のボディが傷つけられた。全塗装を求めたが……。

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.76(後編)もらい事故で特殊な色…

    もらい事故でボディが傷つけられたなどの事態となった場合、その補償について、相手方の契約する保険会社と交渉するパターンが一般的です。そして、前編のストーリーのよう…

    2022.10.27更新

  • 【番外編】グルグル回る環状交差点に初遭遇。わっ、どうやって走ればいいの?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】グルグル回る環状交差点に初遭遇…

    こんな「もしも」も!当コーナー担当記者Fが友人から聞いた話(に、だいぶ尾ひれをつけた話)。今日は楽しいドライブデート。Aくんは彼女の「知らない場所にいってみ…

    2016.03.30更新

< 前のページへ戻る