ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.14 愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈後編〉

2019年3月26日更新

lotas-もしも1c_web

盗難車両が発見されても
廃車同然の可能性が大

「盗難車が発見される確率は1~2割程度らしい」と中編で書きました。そう、かなり希有とはいえ、ときどき盗難車両が見つかることがあるのです。

ただ、発見される車両はキズだらけであることがほとんどだといいます。必要な部品が取りだされていて廃車同然になっているものもかなり多いようです。
たとえば、2015年時点でもっとも盗難が多い車種は国内外で人気が高いトヨタのプリウスなのですが、これはハイブリッド車の高額な部品を闇で転売することを目的に盗む輩がたくさんいる結果らしいのです。
ちなみに、ハイエース、ランドクルーザーも盗まれやすいクルマとして知られていますが、この二車種は頑丈で壊れにくいクルマとして世界的に人気があるので、分解して海外に送られ、現地で再び組み直して売られることが多いとのことです。

発見車両が少しの修理で直る場合
あなたなら、どうする?

それで、もし盗難車が発見されたときにどう対処すべきかという話になるのですが……。

発見された愛車が廃車同然=修理不能の状態であれば、答えはひとつです。
中編で紹介したとおり、車両保険にオプションで車両新価保険特約(通称:新価特約)をつけていた人は、まるまる新車価格分の補償を受けたほうがいいに決まっています。それ以外の選択はあり得ないでしょう。
車両保険には入っているものの車両新価保険特約をつけていない人でも同様です。盗まれた時点でのクルマの市場価格分しか補償がでないにしても、車両保険で全損扱いの補償を受けたほうがおトクということになります。

問題は、万が一発見された愛車が少しの修理で済む状態だったとするとどうするかです。
新価特約をつけている人もそうでない人も、車両保険から盗まれたクルマのその時点での市場価格分の補償しかされません。同じクルマを新車で購入しようとすると補償金に加えて自己資金の捻出が必要になってきます。そうであるならば、発見された愛車を車両保険ないしは自己資金で修理して乗りつづけるほうが断然おトクだったりします。損得勘定だけを考えると後者を選ぶべきとなるでしょう。
ただ、これに関しては、どちらがオススメかまでは、はっきりとはいいきれません。なかには「一度盗まれたクルマに再び乗るのは気分が悪い」とあえて損なほうを選ぶ人もいるからです。そう、盗難という被害は心理面にも多大な影響を及ぼすもの。どうすべきかは、こもごもを考え合わせた個々人の総合的判断で選ぶしかないのです。
ということで、あなたなら、どうしますか?
そんなこと想像もしたくもないでしょうけど、盗難防止策を考える際などに、ちょっとだけでも考えておいてください。ある程度態度を決めておけば、万が一のときでも煩悩が長引きませんから。

なお、盗難後に車両保険適用の申請をし、補償金を受け取った段階では、そのクルマの所有権は保険会社に移っています。もし、クルマが発見され、その返却を望むとしたら、受け取った補償金すべてを保険会社に返してからとなります。
また、保険会社からクルマの返却を受けられる期限は保険金を受け取った翌日から起算して60日以内と決められています。それを超えると、クルマがどんな状態であれ、取り戻すことはできなくなります。

とにかく、盗られてしまったら、保険で補償されるにしても、なにかと面倒がいっぱいです。
まずは盗られないようにすることがなによりも大事。日ごろから盗難防止策をしっかりと施しておくよう努めましょう。

愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈前編〉
愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈中編〉
愛車が盗まれた。保険でなんとかなる?〈後編〉

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • Vol.16 永く愛したクルマが「経済的全損」に。え、どういうこと?〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.16 永く愛したクルマが「経済的…

    クルマの市場価格は10年で約十分の一になるなぜ、Mさんの愛車の補償額が25万円ぽっちとなったのでしょうか?答はとてもシンプルです。Mさんの愛車の市場価格が…

    2017.05.15更新

  • Vol.41 ハイブリッド車にジャンピングスタートの協力を頼むのはNG!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.41 ハイブリッド車にジャンピン…

    【今回のやっちゃったストーリー】Lさん(44歳)は、やり手の個人投資家。投資の稼ぎだけでけっこういい暮らしができている。ある月曜日の早朝、自宅から数㎞離れた…

    2019.05.15更新

  • Vol.39 「損傷は保険、故障は保証」という言葉を深く胸に刻もう!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.39 「損傷は保険、故障は保証」…

    購入後すぐの故障であれば「瑕疵担保責任」で救われるが…前編に続いて、「損傷は保険、故障は保証」のうちの「故障は保証」について……。新車を購入した場合、3年…

    2019.02.26更新

  • Vol.16 永く愛したクルマが「経済的全損」に。え、どういうこと?〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.16 永く愛したクルマが「経済的…

    【今回のやっちゃったストーリー】都市部郊外で奥さんと二人の子どもとともに幸せに暮らすMさん(46歳男性・会社役員)は、10年以上前に結婚したときに購入した愛車…

    2017.05.15更新

  • Vol.47 相手の過失割合が100%なら、自分の車両保険を使っても『車両無過失事故に関する特約』でノーカウント事故扱いに!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.47 相手の過失割合が100%な…

    【今回のやられちゃったストーリー】地元の食品加工工場で事務員として働いているPさん(22歳)は従順で優しい女子。上司の無茶な命令に逆らったことは一度もないし、…

    2020.01.09更新

  • Vol.36 踏切内で電車と事故したら数億円の賠償が必要?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.36 踏切内で電車と事故したら数…

    【今回のやっちゃったストーリー】郊外に住むGさん(33歳・会社員)は、毎日マイカー通勤をしている。満員電車で通勤するよりずうっと快適だったが、一つだけ大き…

    2018.12.06更新

< 前のページへ戻る