ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記 – ①モータリゼーションを足もとから支えるタイヤのすごさがわかる博物館!

2021年4月13日更新

展示_インディマシン

この先、クルマがどんなに進化しても、丸いタイヤはずっと必要不可欠な存在であり続ける。

クルマが地面に接して走る機械である以上、これは動かしがたい真実だ。

だが、そんな不変のイメージを帯びるタイヤもいつも同じというわけじゃない。外見からはわかりにくいが、時代のニーズやクルマの指向に合わせて常に進化をしている。ときにそれはクルマの性能はもちろん、社会の行方を左右するほどの大きな進化だったりする――。



今回、われわれは株式会社ブリヂストン(以下、ブリヂストン)が東京都小平市に、2020年11月にオープンさせた『Bridgestone Innovation Gallery(ブリヂストンイノベーションギャラリー)』を見学取材し、これまでブリヂストンが進めてきたタイヤの進化の歴史と具体例を目の当たりにした。その中でも、直近の進化の具体例である「電動化時代に適したタイヤ」の展示については特に関心をもって眺めた。

このレポートでは、まずギャラリーの概要を紹介し、最後に「電動化時代に適したタイヤ」の魅力の一端を紹介することにする。

〈エントランスホール〉
約3ヵ月ごとの企画展示を実施

『ブリヂストンイノベーションギャラリー』は一般開放されている入場無料の企業博物館だ。基本的には以下の五つのフロアでテーマに沿った展示がされている。

◎約3ヵ月ごとの独自の企画展示・イベントなどを開催する〈エントランスホール〉

◎ブリヂストンの創業から現在に至るまでの歴史を紹介する〈WHO WE ARE 挑戦の歩み〉

◎ブリヂストンが開発を続けてきたゴム・タイヤ、そして幅広いソリューション内容を紹介する〈WHAT WE OFFER モビリティ社会を支える〉

◎ブリヂストンの様々な業界と共に行う取り組みの一端を紹介する〈HOW WE CREATE 創造と共創〉

◎ブリヂストンの未来に向けた革新的なイノベーションをデジタルとリアルの両面で紹介する〈WHERE WE GO 新たなチャプターへ〉



まず〈エントランスホール〉だが、われわれが訪れた3月中旬には「ブリヂストン創立90周年企画展」(2021年4月末まで)が開催されていた。

展示内容はタイトルどおりで、ブリヂストンの1931年の創業から90周年目にあたる現在までの象徴的な事象をピックアップして紹介していた。いわば、同社の歴史を詳らかにしている常設展示〈WHO WE ARE 挑戦の歩み〉のレジュメ版。創業時に開発された第1号タイヤのレプリカもここに出張展示されていた。



なお、この〈エントランスホール〉において常時目にできるものとしては、外光を採り入れる全面ガラスに施されているクルマをかたどった巨大なドットアート(下の写真)と、2017年のインディ500で佐藤琢磨選手がブリヂストングループのファイアストンタイヤを履いて優勝したときのマシン(レプリカ)の縦置き展示(冒頭写真)がある。

いずれも、ブリヂストンが幅広くモータリゼーションを足もとからしっかり支えていることを象徴的かつダイナミックに表現していて、見る者に「ほう」と溜め息をつかせる。これだけでも一見の価値ありなのである。(文:みらいのくるま取材班)



『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記

①モータリゼーションを足もとから支えるタイヤのすごさがわかる博物館!

②大人だけでなく小中学生も楽しくタイヤのことが学べる展示の数々!

③電動化時代にはENLITEN技術でつくられた究極のエコタイヤが主流となる!?

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 後編】「新しいEVがイマイチだったら、あと10年はi-MiEVに乗り続けます(  笑)」(金倉弘樹さん) 

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    約10年、27万㎞以上の道をi-MiEVとともに走ってきた金倉弘樹さん。そのi-MiEVライフの中で感じた、i-MiEVのいいところ、悪いところとは。そして、こ…

    2019.12.19更新

  • eKクロスEVの魅力⑤「毎日が気持ちいい軽EV。日本のEVシフトはこの1台から本格化する」…まるも亜希子(カーライフジャーナリスト)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    eKクロスEVの魅力⑤「毎日が気持ちいい…

    カーライフジャーナリストのまるも亜希子さんに、eKクロスEVの魅力を徹底解説してもらうこのインタビューもラストのパートとなった。パート5では、ユーザーからの視点…

    2022.08.09更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第1戦 レポート(1)―TAKAさん選手、久々ながらも貫禄のポールポジション!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    今年で14シーズン目となるALLJAPANEV-GPSERIES2023(全日本電気自動車グランプリシリーズ2023)の第1戦「全日本筑波EV55㎞レ…

    2023.05.11更新

  • Book Review⑤ 自動運転のあらましがわかる『自動運転のすべて』

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review⑤ 自動運転のあら…

    メイン執筆者は自動車ジャーナリストの清水和夫氏。自動運転のあらましが学べるまじめな一冊なのだが、氏の素朴なギモンをベースにした対談がかなり面白くて刺激的!自動…

    2017.09.26更新

  • 武蔵精密工業「EVモータースポーツ部」の挑戦(前編)―「Go Far Beyond!」EVレース参戦は会社の枠を壊す冒険のひとつ

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    武蔵精密工業「EVモータースポーツ部」の…

    武蔵精密工業株式会社は、パワートレインと足回りの部品開発・製造に強みを持つ世界トップクラスの自動車・2輪車部品メーカーだ。同社の部活動のひとつにEVモータース…

    2023.11.30更新

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第1戦レポート③―「いつかモデル3よりも速く」。武蔵精密工業チームの電動化時代の挑戦!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第1…

    世界的部品メーカーがコンバートEVで参戦中EV-1クラスのテスラモデル3ばかりが脚光を浴びる全日本EVグランプリシリーズ(AllJAPANEV-GPS…

    2022.05.12更新

< 前のページへ戻る