ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ② 小っちゃくて静かなのに迫力満点のレース!

2018年11月22日更新

2-1カートレース女子2

ここからは、フェスティバルで行われた各レースの模様をルポする。
午前中に実施された電気カート(Electric Racing Kart=ERK)のレースや市販EVによるタイムアタックは、ほぼ無音ながらも迫力は満点だった!

〈ERK30分ディスタンスチャレンジ〉
スピード感溢れるバトルを展開

午前10時、〈ERK30分ディスタンスチャレンジ〉がはじまった。

これは、参加する各チームが手づくりしたERKで30分間にどれだけ多く周回できるかを競う耐久レース。ドライバーは2人以上で、5回のピットイン(ドライバー交替)が義務付けられている。

同じ30分のなかで、48Vの鉛電池搭載のERK-1クラス、72Vの鉛電池搭載のERK-2クラス、リチウムイオン電池搭載のERKリチウムイオン電池クラスという3つのクラスごとで順位が争われた。
エントリーチームは、仲間が集まったチームのほかに、自動車大学校や大学のチーム、あるいは東京マツダEVプロジェクトチームやDENSOチームなどの社会人チームまでさまざま。女子チームも見受けられる。

2-2カートレースバトル

2-3カートレースイメージ

会場のコース1000には、隣にあるコース2000での二輪レースのエンジン音が響いていたが、こちらのレース自体はほとんど無音といっていいほどの静けさのなかで行われた。

ただ、だからといって迫力がないわけではなかった。舘内代表いわく「1周のラップタイムは125ccのレーシングバイクと同等かそれ以上」なのだそうで、たしかにスピード感溢れるバトルが至る所で繰り広げられていた。観客たちからの「おおっ」との感嘆はその証左といえる。短い動画を添付したので、熱いレースの一端をぜひご覧いただきたい。



各クラスの優勝チームと周回数は以下のとおり。

ERK-1:『Enersys Feat.あわネコレーシング』28周
ERK-2:『ミツバ』31周
ERKリチウム:『トヨタ東京自動車大学校 自動車研究部』36周

ERKリチウムイオン電池クラスで、2位を5周も離してぶっちぎりの優勝を果たした『トヨタ東自大 自研部』のドライバーは、勝因について「容量の大きいバッテリーを積んだことと、熱をもつと性能が落ちるモーターを風が当たりやすいところに設置したこと。あともう一つは、ドライバーの力量かな(笑)」と語っている。

〈何でもEVデモ走行/ベンチャーデモ走行〉
さまざまなる意匠で駆け抜けるEVたち

午前11時30分からは〈何でもEVデモ走行/ベンチャーデモ走行〉が実施された。

〈何でもEVデモ走行〉は、学生などが創意工夫してつくったオリジナルのEVによるデモンストレーション走行で、さまざまなタイプのEVがサーキットのコース上を走り抜けた。
このなかでもっとも目を惹いたのは鹿沼高校物理部の生徒たちがつくった折り畳み式立ち乗り型EVのKPCEV-07。後に行われた表彰式では「チャレンジ達成賞」を授賞している。

折り畳み式立ち乗り型EVのKPCEV-07。試験中の生徒たちに代わって、先生がドライブした。

折り畳み式立ち乗り型EVのKPCEV-07。試験中の生徒たちに代わって、先生がドライブした。



神奈川大学のKF-04EV。第16回全日本学生フォーミュラ大会に出場した車両。

神奈川大学のKF-04EV。第16回全日本学生フォーミュラ大会に出場した車両。



〈ベンチャーEVデモ走行〉は、コンバートEV製作などを行っているベンチャー企業が手がけたクルマのデモンストレーション走行。この中では、オズモータースが手がけたビートルのコンバートEVの存在感と走りが際立っていた。

舘内代表が「バッテリーをはじめ、多くのリユース部品を使いながらも、非常にきれいにコンバージョンされている。もちろん公道の走行もOK。コンバートEVをつくりたいと思っている皆さんには、ぜひこれを参考にしていただきたいですね」と述べているように、その完成度はバツグンだった。コンバートEVの製作はお金も時間も労力もかかるといわれているが、「こだわりのある古いクルマを美しいEVとして蘇らせたい」と夢見る人にとっては垂涎の1台といえるだろう。

2-6なんでもワーゲン走り

2-7なんでもワーゲン内部

〈メーカー製EVオーナーズ・タイムアタック〉
i-MiEVが奇跡的なタイムを記録

午前11時50分からは〈メーカー製EVオーナーズ・タイムアタック〉が行われた。

これは、一般に販売されているノーマルEVのオーナーたちによる競技。速さではなく、1周をいかに基準タイムの1分に近いタイムで走れるかを競う・・・というユニークな競技である。

レースは意外にも興奮の展開となった。

前半で、日産リーフのオーナーが1分0秒315という驚異的なタイムを記録し、優勝まちがいなしと思われた。
だが、最後に走った三菱自動車i-MiEVのオーナーがそれをさらに上回る1分0秒117という奇跡的なタイムを叩きだし、見事に優勝をさらっていったのだ。
三菱自動車MINICAB-MiEVトラックの走行シーンでは、ほのぼのとした雰囲気がレースを包んだりもしたが、この最後のシーンで観客たちは大いに沸いたのであった。

優勝した三菱自動車i-MiEV

優勝した三菱自動車i-MiEV



惜しくも優勝を逃した日産リーフ

惜しくも優勝を逃した日産リーフ



とにかく1分に迫ることコンマ何秒というタイムを出すというのはすごい。

日頃からEVを運転している人はリニアな加速をするEVの特性を十二分に理解していて、それを自在にコントロールできるドライビングテクニックを身につけているということの証左と言えようか。 (続く 文:みらいのくるま取材班)

MINICAB-MiEVトラック

サーキットを走るMINICAB-MiEVトラック



1 アクセル全開で楽しみながらCO₂の削減を!
2 小っちゃくて静かなのに迫力満点のレース!
3 新しいレース観をつくりだすEV特有の走り!
4 エンジン車とEVの両方を愛する新人類の登場!

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ①トミーカイラZZ誕生エピソード~「とんがったEVがだしたかったんです!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    2015年に往年の名車トミーカイラZZをEVスポーツカーとして復活させ、2019年には日本初のEVスーパーカーであるGLMG4を量産するというGLM。社長の小…

    2018.01.17更新

  • 日本EVクラブ『SDGs Urban Electric Four-Wheeled Ice Sports』プレゼンテーションイベント ルポ② 氷上のドリフトに氷の粒が舞い、スケートリンクに笑顔があふれた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ『SDGs Urban E…

    多士済々のドライバーが走行『SDGsUrbanElectricFour-WheeledIceSports』プレゼンテーションイベントの氷上走行は、…

    2019.08.06更新

  • Book Review① みらいをクールに予測する『モビリティー革命2030』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review① みらいをクール…

    デロイトトーマツコンサルティングの複数コンサルタントが著した、『モビリティー革命2030~自動車産業の破壊と創造~』についてさらに読み進もう。3.3%の…

    2017.01.16更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』③・・・「東北の人たちがEVに乗れば震災支援の恩返しができる」(柴山明寛)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    災害大国にはEVが不可欠日本は災害大国だ。頻発する地震だけでなく、近年は異常気象の影響で台風や集中豪雨といった災害も増えている。国連大学が、世界171ヵ国…

    2018.06.26更新

  • 【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビニエンスな燃料電池車〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】東京理科大で開発が進む、超コンビ…

    コンビニエンスストアで水素の素が買えるようになる!?次世代エコカーの代表といえば電気自動車と燃料電池車だが、普及の可能性においては、いまのところ電気自動車の…

    2016.09.16更新

  • 2016後半の注目ニュース① 歩行者にはうれしい。HVなどの車両接近通報装置搭載の義務化〈前編〉

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2016後半の注目ニュース① 歩行者には…

    この秋、「みらいのくるま」関連の注目のニュースが立てつづけに飛び込んできた。なかでも大きなインパクトがあったのは、「2018年3月から音が消せない車両接近通報装…

    2016.11.14更新

< 前のページへ戻る