ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第1戦 レポート(1)―TAKAさん選手、久々ながらも貫禄のポールポジション!

2023年11月8日更新

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-1

今年で14シーズン目となるALL JAPAN EV-GP SERIES 2023(全日本電気自動車グランプリシリーズ 2023)の第1戦「全日本筑波EV55㎞レース大会」が、4月22日(土)、茨城県の筑波サーキットで開催された。

今シーズンの総合優勝の行方を占う初戦。レースの興味は、これまで絶対的な強さを誇ってきたTEAM TAISAN(以下、TAISAN)のテスラ モデル3を、スエヒロ自動車商会(以下、スエヒロ)のモデル3が打ち負かすかどうかに絞られていた。

TAISANのドライバーラインナップには2018-2021シーズンの総合チャンピオンに輝いた地頭所光選手の名はないが、昨シーズン途中から参戦し2022シーズン第4戦(SUGO)で勝利している余郷敦選手が第一ドライバーとして控えている。片やスエヒロのドライバーには、2020-2021シーズン連続総合2位の成績を残したTAKAさん選手が久々の復活を果たしていた。

これをどう見るべきか。

「第1戦はスエヒロのTAKAさん選手が優勝する可能性がかなり高い」

こう語った、同シリーズを主催しているJEVRA(JAPAN ELECTRIC VEHICLE RACE ASSOCIATION=日本電気自動車レース協会)の事務局長・富沢久哉氏は、TAKAさん選手がEVレースのキャリアと実績をより多く積んでいる点が有利に働くと見ていた。

果たして結果はいかに。

タイヤの擦過音だけが響くクリーンで静かな高速EVレースは、熱くざわざわした思惑・期待が渦巻く中ではじまった。

復活のTAKAさん
好タイムでポール

スエヒロのTAKAさん選手は、昨シーズンの第3戦前に自身が駆るモデル3が原因不明のバッテリー性能ダウンに見舞われ、以降の参戦を取りやめている。

今シーズン、同じ車両でフル参戦を決めたのは、修理に出す目的でモードを元に戻したら、なぜかバッテリー性能がほぼ回復するという僥倖に恵まれたから。突然の性能低下は致命的なものではなく、単にシステムのバグだった可能性が考えられた。

「これなら十分に戦える」

気をよくしたTAKAさん選手は、かくして再度の参戦に至ったのである。

午前11時25分から行われた予選でのタイムアタックは、長いブランクを経てのトライであったが、TAKAさん選手はそれを感じさせない速さを見せつけた。

1分02秒474。昨シーズンに出したタイムを1秒近く縮めてポールポジション獲得となった。

予選後、本人は「もう少しタイムを縮めたかった」と、あまり喜ぶそぶりも見せず淡々と語っていた。だが、どう見ても車両、ドライビングともに絶好調。この時点で、TAISANを倒しての優勝の確率は相当高いものとなっていた。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-2

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-3

アニー@ニキ選手
兄弟1-2を狙う!?

続く2番手は、やはりスエヒロのアニー@ニキ選手。

昨シーズン、弟であるTAKAさん選手のシーズンリタイアの後、チームそのものの活動が停止したことで自身もリタイアを余儀なくされたが、今回の予選では弟同様にブランクを感じさせないドライビングを見せ、トップタイムに0.37秒差という好タイムを叩き出した。

予選後「まだ初戦。決勝ではTAISANの余郷選手の出方を見ながら走って、その中でいい結果が出るよう努めたい。総合的には楽しくレースできればなによりかな」と柔和に語っていた。だが、彼方を見やる目は鋭く光り、兄弟ワンツーフィニッシュを果たし、チームの完全勝利を虎視眈々と狙う意思がはっきりと読み取れた。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-4

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-5

TAISAN余郷選手
不本意な3番手

王者TAISANの余郷選手の予選はどうだったのか。

トップとは0.6秒差、2番手とは0.023秒差で3番手にとどまった。

昨年悩まされたコーナー出口立ち上がりからの加速不足が改善したようで、元プロらしい美しく鋭いコーナリングを見せていたが、ライバルであるスエヒロの2台にはわずかに及ばなかった。

「3番手は残念。もうちょっといけると思っていた。決勝の意気込みは……(TAISANのドライバーとして)優勝を狙うというしかない。前の2台の様子を見つつ果敢に攻めていきたい」

この日は、チームからもう1人のドライバーが参戦する予定だったが、車両アクシデントで欠場していた。王者TAISANのプライドとプレッシャーは余郷選手1人が背負う形となり、本人もそのことを相当意識している様子であった。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-6

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-7

結局、夕刻に行われる決勝のスターティンググリッドの最前列は、鮮やかな緑がまぶしいスエヒロのモデル3の2台が占めることに。

これは初の光景。

サーキットには、絶対的王者TAISAN危うしの予感と、スエヒロの兄弟ワンツーフィニッシュへの期待が色濃く漂いはじめていた――。

2023 All JAPAN EV-GP SERIES ROUND1 1-8

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第1戦 レポート

(1)TAKAさん選手、久々ながらも貫禄のポールポジション!

(2)新王者へまっしぐら。TAKAさん選手がポールトゥウィンで優勝!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • CQ EVミニカート・レース レポート(前編)―EVの基礎技術を学び究める学生&研究者たちが大挙して参戦!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    CQ EVミニカート・レース レポート(…

    晴天の10月2日(日曜日)、筑波サーキットで年に一度の「CQEVミニカート・レース」が開催された。レースは今回で9回目。山形、福島、茨城、群馬、埼玉、東京、…

    2022.10.27更新

  • Book Review① みらいをクールに予測する『モビリティー革命2030』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review① みらいをクール…

    デロイトトーマツコンサルティングの複数コンサルタントが著した、『モビリティー革命2030~自動車産業の破壊と創造~』についてさらに読み進もう。3.3%の…

    2017.01.16更新

  • Book Review③ ZEV規制前にお勉強『トコトンやさしい電気自動車の本』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review③ ZEV規制前に…

    トコトンむずかしいが第1章はわかりやすいさて、ようやく書評である。この『トコトンやさしい電気自動車の本』は、いわゆるロングセラー本である。2009年に初版…

    2017.02.13更新

  • 次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと走るよ、燃料電池自動車【前編】

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈5時限目〉水ーっと…

    燃料電池自動車(FCV)は遠い未来のクルマだとばかり思っていたら、トヨタとホンダが発売に踏みきった。本格的な普及はまだまだだろうけれど、これは見過ごせない状況。…

    2016.04.08更新

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第1戦レポート③―「いつかモデル3よりも速く」。武蔵精密工業チームの電動化時代の挑戦!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第1…

    世界的部品メーカーがコンバートEVで参戦中EV-1クラスのテスラモデル3ばかりが脚光を浴びる全日本EVグランプリシリーズ(AllJAPANEV-GPS…

    2022.05.12更新

  • 諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボックスって何?〉③「『弁護士費用特約』はCDR活用を後押しする重要要素です」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボック…

    アメリカと比べると、日本でのEDR、CDR、CDRアナリスト、さらにはテクニシャンの認知は比べものにならないくらい低い。しかし、諸星陽一氏と同様にCDRアナリス…

    2021.03.11更新

< 前のページへ戻る