ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

BookReview(50)『自動車の世界史』―クルマは世につれ人につれ。文系力で紡ぐ自動車の歴史

2024年4月11日更新

BookReview50_1

T型フォードの大量生産がはじまった1908年あたりから、CASE化が加速する現在に至るまで、自動車はどのように進化を遂げてきたのか。

本書は、その約100年にわたる歴史をなぞっている。

普通の自動車史と違うのは、各メーカーのエポックメーキングなクルマを、技術進化の視点からではなく、国際情勢の動向と絡めながら紹介している点だ。

全編をとおして、政策と自動車、戦争と自動車、エネルギーと自動車、グローバリゼーションと自動車、環境と自動車などなど、ハイブロウな記述が続いている。

とはいえ、そう難解な本ではない。記述自体が平易な上、“歴史書”だけにトリビア的な発見も多数あり、結構楽しく読み進められる。

スズキのインド進出は
小さな政府の流行から!?

例えば、1957年に登場したイタリアのフィアット500(チンクエチェント)ヌオヴァ。

この名車は、前年に起きたスエズ危機と石油価格の高騰の影響を受けて生まれた1台なのだという。

丸みを帯びた小さくかわいいデザインは鋼板の面積を減らすための工夫で、RRはエンジンの動力を駆動輪に伝える部品を節約するための工夫。揺らぐ国際情勢が小さくて安価なクルマの開発を後押ししたのであった。

例えば、1981年にいち早くインドに進出したスズキ。

この動きは、80年代に西側諸国で流行した小さな政府≒新自由主義が色濃く影響した結果なのだという。

スズキはもともと質素倹約を是とするメーカー。そこに小さな政府的な価値観が加わり、当時まだGDPが小さかったインドで小さく勝負することをよしとし、結果、大きな成果を得るに至った。現在の成長著しいインドにおいて地歩を築いているのは、決して偶然の賜ではないのであった——。

こうした世情と絡めながらの自動車への理解は、現代そして将来においても変わらず重要だと著者は説く。

〈(二一世紀の特徴は)環境規制の強化と環境技術の進化、そしてこれをも包括するCASE(つながる、自動化、シェア、電動化)の加速である。そこでは単にガソリン車やハイブリッド車の燃費向上や品質向上だけではなく、車の新しい使い方、所有の形、作り方など、新しいライフスタイルを提案する力が求められる。技術開発を支える理系力は今まで以上に必要だが、同時にこれをどこでどのように発揮させるか考え、見つけ、新しいストーリーを紡ぎ出す力、これを世間に的確に伝えて世論を作る文系力が求められる〉

クルマは世につれ人につれ。

当たり前のことだが、これは案外忘れられがちな事実なのである。

BookReview50_2

『自動車の世界史 ~T型フォードからEV、自動運転まで』
・2023年11月25日発行
・著者:鈴木均
・発行:中央公論新社
・価格:1,056円(税込)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • eKクロスEVで長距離走行④「軽EVは自動車市場を変革するゲームチェンジャー」…諸星陽一(モーターフォトジャーナリスト)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    eKクロスEVで長距離走行④「軽EVは自…

    軽自動車はEVがベスト——最後に改めて、eKクロスEVで行った東京―白馬村往復600㎞のロングドライブについて総括をお願いします。この軽EVは、どうでしたか?…

    2022.09.08更新

  • 次世代エコカー勉強会〈13時限目〉国土交通省が『自動運転車の安全技術ガイドライン』を策定 – 日本は世界最高峰の安全性を誇る自動運転車を登場させる!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈13時限目〉国土交…

    レベル3~4の自動運転車に10の安全要件を求める国土交通省は、2018年9月12日に『自動運転車の安全技術ガイドライン』を公開した。これは、「自動運転シス…

    2018.10.09更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』②・・・「世界初の外部給電器を生む契機となった中学校に感謝」(堤健一)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    給電には外部給電器が必須EVには、給電ができるという便利な機能がある。しかし、たとえばキャンプなどでV2Lとして給電を行う場合、充電口からそのまま家電に使え…

    2018.06.26更新

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第6戦レポート(5)―個人参戦でも戦える!2人のモデル3オーナーが入賞圏内でフィニッシュ!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    X(旧Twitter)でつながるテスラ車オーナーたち。今回、その中から2人のドライバーがEVレースに初参戦した。ともにレース未経験で完走が目標だったが、2人と…

    2023.11.08更新

  • 日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフェスティバル』ルポ③ 新しいレース観をつくりだすEV特有の走り!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    日本EVクラブ主催『第24回 日本EVフ…

    日本EVフェスティバルの後半の模様と、閉会式についてルポする。コンバートEVレースに加え、自動運転車によるエキシビションレースまで行われ、会場は次世代自動車感…

    2018.11.22更新

  • 『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年記念ストーリー(後編)- 世界で実用性と市場受容性を証明しEV時代の礎を築いた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10周年…

    世界初の量産型EVとして登場した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』は国内外で高い評価を獲得し、後に始まるEV化時代のベースを築くに至った。後編では、その高い評価の…

    2019.09.10更新

< 前のページへ戻る