ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記 – ③電動化時代にはENLITEN技術でつくられた究極のエコタイヤが主流となる!?

2021年4月13日更新



見学記の締めとして、『ブリヂストンイノベーションギャラリー』に展示されている、極めてイノベイティブなタイヤについて取り上げておきたい。やがてEVが交通社会の主役になる日、このタイヤもその足もとを支えているに違いない。

軽量化と運動性能の両立を実現したタイヤ

われわれは、『ブリヂストンイノベーションギャラリー』の〈WHAT WE OFFER モビリティ社会を支える〉のフロアで、「クルマの電動化時代に適したタイヤ」に出会った。

そのサイドウォールには、ヨーロッパをはじめとする海外におけるブリヂストンのタイヤの商品ブランド名であるTURANZA(トランザ)という単語が大書され、向かって右側にENLITEN(エンライトン)なる銘が小さく刻まれていた。



ENLITENとはブリヂストン独自の軽量化技術の名称である。ブリヂストンの造語だが、「~を照らす、(思想などを)啓発する」という意味の「Enlighten」に由来して「光を当てて道を開く」という意味を表し、同時に「en」は、タイヤ、サークル、サーキュラーを連想させる日本語の「円」に通じ、無駄のない究極のバランスのとれたフォームをも表現している。この技術によってつくられたタイヤは従来のエコタイヤを大きく上回るエコ効果をもたらすとのことだった。

どれくらいエコ効果があるのか、展示の説明をもとに、以下にその要点を紹介する。

◎タイヤ1本あたりの生産に必要な原材料を約2㎏削減し、従来品と較べて約20%の軽量化を実現(タイヤサイズ225/40R18でENLITEN搭載タイヤと非搭載タイヤの比較)

◎運動性能や摩耗性能を維持しながら転がり抵抗を約30%低減(同上)

◎結果、環境負荷低減はもちろん、ガソリン車のCO₂排出低減と電気自動車の航続距離の伸長に貢献

たしかに驚くべきエコ効果だ。現在、このENLITEN技術でつくられた画期的なタイヤは、既にヨーロッパのメーカーのEVをはじめとした新車用のタイヤとして採用され始めているという。

エコピアからENLITENへ

われわれは、ギャラリーの別室でブリヂストンの本社で広報を担当している宮下和久氏にリモート形式でENLITENに関する話を聞いた。



——ENLITEN技術でつくられたタイヤは、最近ヨーロッパのメーカーが製造するEVなどの新車タイヤとして採用され始めているとのことですが、例えば、どのメーカーのどの車種に採用されているのでしょうか?

宮下 既に数々あるのですが、わかりやすいところでいえば、フォルクスワーゲン(VW)のEVであるID.3にENLITEN技術でつくられたTURANZA ECOが採用されていることが挙げられます。

——なるほど。今後、クルマの電動化時代を迎えるにあたって、ブリヂストンが販売するタイヤはENLITEN技術でつくられたタイヤが主流となっていきそうな予感がします。

宮下 ENLITENは、新しいモビリティのニーズ応え、革新的な軽量化と運動性能を両立したタイヤなので、国内・海外メーカーへの新車装着採用をさらに強化し、拡大させていきたいと考えています。



——ENLITEN技術について、かなり自信を持っているということですね。

宮下 はい。乗用車用タイヤについては、2010年からエコピアブランドを本格展開してきました。この10年の歴史の中で、当社の乗用車用タイヤ全商品の内、約8割が環境対応商品となりました。さらに次世代の環境対応商品として、革新的な断トツ商品ENLITENを強化します。ユーザーの皆さまには、今後のタイヤの進化に期待していただければ幸いに思います。

※ブリヂストン提供、ブリヂストン:中期事業計画 (2021-2023)より



今、急速にクルマの電動化が進む中、ブリヂストンはそれを足もとから支えるタイヤの研究開発を早くから行い、製品化を実現していた。こうした驚きをともなう歓迎すべき事実が『ブリヂストンイノベーションギャラリー』で目撃できるのである。そして、イノベーションが具現化するたびに、そうした驚きの展示は数を増していくことだろう。まさにタイヤの未来を指し示す企業博物館といえる。(文:みらいのくるま取材班)

『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記

①モータリゼーションを足もとから支えるタイヤのすごさがわかる博物館!

②大人だけでなく小中学生も楽しくタイヤのことが学べる展示の数々!

③電動化時代にはENLITEN技術でつくられた究極のエコタイヤが主流となる!?

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第4戦レポート(4)―20名のテスラ車オーナーが「カルガモ走行会」に参加!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    ALL JAPAN EV-GP SERI…

    ズラリと集結したモデル3とモデルYTEAMTAISANvs.スエヒロ自動車商会の激烈な戦いが繰り広げられたALLJAPANEV-GPSERIES…

    2023.08.31更新

  • BookReview(39)『クラシックカー屋一代記』―クラシックカーを愛するが故にクルマのCASE化を歓迎する!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview(39)『クラシック…

    クラシックカーは20世紀の機械遺産涌井清春氏は、日本を代表する“クラシックカー屋”。長年にわたり、古いロールスロイスとベントレーの販売を行う中で、日本にお…

    2023.05.30更新

  • Book Review④ 楽しくエコカーの基礎が学べる『エコカー技術の最前線』(後編)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    Book Review④ 楽しくエコカー…

    ハイブリッド車やEVは5年でバッテリー交換も前編で挙げた、3つの視点に基づく記述を紹介していこう。まずはバイヤーズガイド的な記述例――。〈日本で圧倒的に人…

    2017.05.29更新

  • 東京オートサロン2022[三菱自動車]レポート②―秋にミニキャブ・ミーブが復活。2022年は三菱にと  って再び軽EV元年になる!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    東京オートサロン2022[三菱自動車]レ…

    時代の風に乗った朗報東京オートサロンの三菱自動車ブースには、軽EVのコンセプトカー「K-EVconceptXStyle」だけでなく、新型アウトランダーP…

    2022.01.27更新

  • 【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅』③・・・「東北の人たちがEVに乗れば震災支援の恩返しができる」(柴山明寛)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【ルポ】日本EVクラブ『電気自動車EVス…

    災害大国にはEVが不可欠日本は災害大国だ。頻発する地震だけでなく、近年は異常気象の影響で台風や集中豪雨といった災害も増えている。国連大学が、世界171ヵ国…

    2018.06.26更新

  • 『ブリヂストンイノベーションギャラリー』見学記 – ①モータリゼーションを足もとから支えるタイヤのすごさがわかる博物館!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『ブリヂストンイノベーションギャラリー』…

    この先、クルマがどんなに進化しても、丸いタイヤはずっと必要不可欠な存在であり続ける。クルマが地面に接して走る機械である以上、これは動かしがたい真実だ。だが、…

    2021.04.13更新

< 前のページへ戻る