ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

みらいのくるまルポ~『東京ロボット』:EV時代の刺激的アプローチ!

2017年11月2日更新

トップweb

IT企業がEV開発に挑戦

いま、世界中で自動車メーカー以外の企業がEV(電気自動車)の開発・販売に積極的に乗りだしている。

それは日本においても同様。9月29日に東京・秋葉原のUDX-AKIBA SQUAREで開催されたイベント『東京ロボット』は、IT企業フォーリンクスシステムズが関連企業とともに開発した電気自動車・電動モビリティを発表する場となっていた。

斬新なデザイン&機能

この日、イベント会場でお披露目されたのは、EVであるEARTH-I、電動乳母車であるCoCoon、電動カートであるLANDBOARDの3台。豪華ゲストによるトークセッション、デモ走行、試乗会などをとおして、それぞれの性能と魅力がアピールされた。

トークweb

トークセッションでは、元F1レーサーの片山右京氏、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏、モータージャーナリストのピーター・ライオン氏の3名のゲストが、これからの時代におけるEVと電動モビリティの可能性の大きさを語りつつ、EARTH-I、CoCoon、LANDBOARDのそれぞれの魅力に言及した。



EVであるEARTH-Iのデモ走行の模様。近未来的な外観はガンダムのモビルスーツデザイナーとして知られる大河原邦夫氏がデザイン。機構そのものも斬新で、四輪独立モーター、シャーシ折りたたみ機能など、画期的なアイデアの数々が具現化されている。認可が通れば、即公道を走ることができるらしい。

コクーン

コクーン



LANDBOARD

LANDBOARD



電動乳母車のCoCoonと電動カートのLANDBOARD。開発途中のCoCoonは押す人も乗れるセグウェイ的な乳母車の実現をめざしている。すでに完成しているLANDBOARDは空港や大型商業施設といった専用空間での移動用カート、公道での高齢者用カートとしての利用が考えられている。

斬新な機能、斬新なデザイン……。
異業種によるこうした刺激的なアプローチは、EV時代におけるモータリゼーションの新しい展開を示唆してくれる。

試乗web

(文:みらいのくるま取材班)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 2022 ALL JAPAN EV-GP SERIES Rd.6&7 レポート① 今季から参戦の松波選手がモデル3で初のシリーズチャンピオンを決めた!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022 ALL JAPAN EV-GP…

    米国生まれのテスラ・モデル3は、ここ数年、AllJAPANEV-GPSeries(全日本EVグランプリシリーズ)において絶対的な王者であり続けている。1…

    2022.11.10更新

  • BookReview⑯『E MAGAZINE』‐「もうエンジン車にはもどれない」と語るEVオーナーたちが続々登場!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑯『E MAGAZI…

    日本にはEVライフ情報が足りない「EVに乗り替えたら、どんなカーライフになるんだろう?」エンジン車からEVへのシフトを前向きに考えている人にとっては、これは…

    2019.08.20更新

  • 次世代エコカー勉強会〈6時限目〉「自動運転のただいまのところ」①安全運転支援システム

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈6時限目〉「自動運…

    夢のクルマであったはずの自動運転車が、現実のものとなる気配が濃厚になってきた。ということで取り急ぎ勉強会をスタート。自動運転の「ただいまのところ」をシリーズで追…

    2016.06.14更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ①トミーカイラZZ誕生エピソード~「とんがったEVがだしたかったんです!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    2015年に往年の名車トミーカイラZZをEVスポーツカーとして復活させ、2019年には日本初のEVスーパーカーであるGLMG4を量産するというGLM。社長の小…

    2018.01.17更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 前編】「世界初の量産型EVの普及を支える仕事に使命感を持って取り組んだ」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    i-MiEV(アイ・ミーブ)というクルマが歩んだ10年を振り返っておきたいと思う。それは、この先10年、20年に展開するであろう電気自動車(EV)の普及に、何が…

    2019.11.21更新

  • EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭所光選手⑥「2022シーズンは強敵だらけ。5連覇はそう簡単じゃない」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/EVレース王者 地頭…

    4連覇できたもうひとつの要因はEVレースが東大の授業になったこと。人員と資金の投入が好影響をもたらし、他を圧する走りにつながった。このまま今シーズンも楽…

    2022.04.21更新

< 前のページへ戻る