ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.35 地震・噴火・津波による被害は補償されないの?(後編)

2018年10月23日更新

もしも_地震2web

神の仕業による被害に
補償はでない

さて、ここから災害による被害に対する自動車保険の補償の話です。

Fさん、地震の際の行動の取り方は見事でしたが、残念ながら、自動車保険の契約内容については、ちゃんとした認識をもっていなかったようです。

実は、エコノミータイプであろうと一般条件タイプであろうと、車両保険では地震・噴火・津波による被害に対しては、補償されないのです。

車両保険_台風と地震

これを見て、「台風・たつ巻・洪水・高潮による被害には補償がでるのに、なんで地震・噴火・津波のときにはダメということになるわけ?」と素朴なギモンをもつ人もいることでしょう。

たしかに、一見、おかしな振り分けに思えます。

でも、これには、それなりの理由があります。
保険の発祥の地であるイギリスの約款には、昔から地震・噴火・津波などについては「Act of God=神の仕業」と書かれています。つまり、人間には正確に予知できず、かつ防ぎようがない災害である側面が強いということ。それゆえ、補償の対象からはずれることとなっているのです。

一方の台風・たつ巻・洪水・高潮といった災害は、地勢や天気の状態などを読めば、ある程度は予知でき、かつある程度は人間の手で事前に防げる(治水工事など)といった側面が少なからずあります。それゆえ、その被害については補償の対象となってくるのです。

「困ったときの神頼み」といいますが、この決まりは、神の仕業ゆえ、神に祈っても変更できないのです。

地震・噴火・津波でも
補償がでる特約がある

では、地震・噴火・津波によるクルマの被害は、神の仕業に泣かされるだけで終わりとなるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。保険上で、人間の手による対策がきちんと存在しています。
それは、契約している車両保険に「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」というオプションを付けるというやり方です。

年間の保険料が5,000円アップしますが、これを付けることによって、車両保険の補償対象外である地震・噴火・津波による損害がでた場合でも、基本、50万円の補償がでるようになるのです(この特約でいう全損とは、車両保険における全損とは定義が異なります。詳しくは契約されている保険代理店などでお尋ねください)。

ですから、Fさんも、車両保険の補償範囲をしっかり認識したうえで、これを付けておくべきでした。
Fさんのケースでは、フロントガラスとボンネットに大きな被害がでていて、もしかしたらエンジンルームの中で不具合が生じている可能性も少なからずあり、修理代が50万円以上となる可能性は否定できません。しかし、それにしたって、なにもないよりはましといえるでしょう。

皆さんも、地震国ニッポンでクルマを走らせている以上、このオプションの付帯をぜひとも前向きに検討してみてください。

ドアをロックせず避難し
それで盗難されたら……

ところで、前編では地震の際の行動マニュアルのひとつである「避難の必要がある場合は、車のキーは付けたままにし、ドアをロックしないで、窓を閉めます」をクローズアップして紹介しましたが、これをやることによって、もし、だれかにクルマを盗まれたとしたら、その場合の補償はいったいどうなるのでしょうか?

車両保険では盗難は補償対象となっているものの、ある意味、補償対象ではない地震の被害ともいえ、判断に迷うところです。

実際のところどうなのか…、保険代理店の担当者にその補償の有無について聞いてみました。すると、こんな答が返ってきました。

「ご照会いただいたケースでは故意性すなわち盗難を促す意図は認められず、施錠せず鍵を付けたままにしたことをもってお支払対象外とはなりません。つまり支払対象となる可能性が大きいといえます」

ホッ。

ということで、改めてお伝えしたいと思います。
走行中に地震があった場合は、クルマが盗難されることの心配よりも人命尊重の意識を強く持ち、クルマのキーは付けたままにし、ドアをロックしないで避難するようにしましょう。
そして、契約している車両保険に「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」という心強いオプションを付けるようにしましょう。

地震・噴火・津波による被害は補償されないの?(前編)

地震・噴火・津波による被害は補償されないの?(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • Vol.19 高速道路上で逆走車と遭遇! どっ、どうする?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.19 高速道路上で逆走車と遭遇!…

    今回のやっちゃったストーリーPくん(25歳・飲食店勤務)は、ひさびさに休みが一致した彼女と1泊デート。借りたレンタカーで、遠くにある温泉地めがけて高速道路をひ…

    2017.06.27更新

  • Vol.65 クルマを手放すとき、自動車保険は中断扱いにしたほうがいい場合がある!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.65 クルマを手放すとき、自動車…

    自動車保険の中断制度は、これまではあまり耳にしたことがなかったかもしれませんが、今後はさらに一般化するかもしれません。その一つが、前編のHさんのストーリーのよう…

    2021.08.27更新

  • Vol.85(前編)ワインを飲んだ後にママチャリで走っていたら、警官に呼び止められて……えっ!?

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.85(前編)ワインを飲んだ後にマ…

    【今回のやっちゃったストーリー】小学生の子を持つB子さん(36歳)にとって、月に一度のママ友たちとの食事会は最大の楽しみのひとつ。美味しい食事をいただきながら…

    2023.09.14更新

  • Vol.77(後編)カーシェアの車両返却時にうっかりミス。高額なペナルティ料金にビックリ!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.77(後編)カーシェアの車両返却…

    後編では、カーシェアリングサービス(カーシェア)において、「もしも」の事態への備えである自動車保険の扱いがどうなっているかを確認した上で、カーシェア利用で発生し…

    2022.11.24更新

  • Vol.61 保険の「使用目的」の変更を知らせないままだと、万が一のときに補償されない!?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.61 保険の「使用目的」の変更を…

    【今回のやっちゃったストーリー】「ホウレンソウを忘れるな」中堅企業の総務部長であるDさん(40歳)は、いつも部下に対してこう言い聞かせている。かつて自分も上…

    2021.05.13更新

  • 【番外編】緊急脱出の準備、できていますか!? JIS適合の「消棒RESCUE」が頼りになるワケ(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】緊急脱出の準備、できていますか…

    水没や衝突の事故で乗員がクルマからでられなくなることがある。その缶詰状態から脱出を図るためには緊急脱出支援用具(通称:緊急脱出用ハンマー)が必要だ。しかし、どれ…

    2018.04.25更新

< 前のページへ戻る