ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.32 離婚のとき、クルマの保険はどうすべき?(後編)

2018年7月13日更新

もしも_離婚_2web

夫婦限定の特約であれば
当然、離婚した人は対象外

前編に続いて、離婚で譲渡されたクルマと自動車保険の名義変更や諸手続きを怠り、さらに事故を起こしてしまったC子さんの後悔ストーリーを検証していきます。
つぎは、任意保険についてです。

C子さんの元夫が契約していた任意保険は、ずっと無事故だったことから等級がかなりあがって、保険料の割引率も高まっていました。結婚前の状態にもよりますが、結婚時に自家用車を購入したと考えても、保険料は50%以上の割り引きになっていたはずです。

そのため元夫は、「C子さんが新たに保険に加入して高い保険料を払うよりも、この保険をそのまま使ったほうが費用負担が少ない」といらぬ親切心を発揮し、「いまのまま付けておくのが一番だろう」と申し出て、自分の名義のままとし、保険料も2年間は支払い続けると約束しました。
この元夫の申し出に、C子さんは内心「当然よ」と思いつつ、保険手続き上の可否は完全に棚に上げ、金銭的な判断で「ありがたい」と、それを了承しました。

任意保険は、基本的にクルマに付く保険ですから、特約などでの縛りが無い限り、だれが運転して事故を起こしたとしても、そのクルマに付いた保険で補償されます。元夫とC子さんは、かけていた任意保険の内容を確認することをせず、「大丈夫」と思い込んでしまったのです。

しかし、実際はさにあらず。元夫がかけていた保険は夫婦限定の特約を付けて安く契約されたものでした。それをそのままにして契約し続けたため、離婚したC子さんが起こした事故について、その保険から補償は一切でませんでした。
保険契約者は元夫であり、すでに離婚しているC子さんは、妻でも親族でもないわけですから、その任意保険とは無関係な存在なのです。
そう、C子さんは任意保険未加入でクルマに乗っていたことになるわけです。

離婚とクルマと自動車保険について(1)web

元夫がいらぬ親切心を働かすのであれば、保険金は高くなろうとも、夫婦限定を解除した形で保険をかけ続けるべきでした。C子さんも、自分が乗るクルマの保険の契約内容がどうなっているかをしっかりと確認しておくべきでした。
二人ともそれをしなかったのはケアレスミス、いや、大いなるポカというよりほかありません。

離婚届けをだす前なら
現等級のままの譲渡が可能

そもそもからして、任意保険を元夫名義のままにしてクルマに乗り続けるというのは、やはり「大いに問題アリ」だといえます。

もし、夫婦限定の特約を解除したとしても、前編で紹介した自賠責のケースと同様、事故の補償手続きの際には、名義人の協力が必要となるからです。
別れても好きな人ならともかく、憎しみを覚えて別れた人と会うというのは、やはり精神衛生上よろしくないでしょう。離婚の時点で、きっぱりと名義変更をしておくべきです。

このとき、通常、C子さんはもっとも割引率の低い6等級で契約しなければなりません。離婚の意思決定や財産分与などを経て離婚手続きを行った後に、任意保険を切り替えるという流れだとそうなります。

もし、C子さん元夫名義の任意保険の等級を引き継ぎたいと考えるのであれば、離婚手続きをする前に、保険の名義変更を行う必要があります。(そうなるには、元夫が「この後、クルマを所有せず、任意保険も加入しない」ということが前提になります)
というのも、保険契約者の変更に当たって等級の引継ぎが可能なのは、配偶者間か同居している親族間に限られるからです。離婚が決まったといっても、離婚届けを出していなければ法律上はまだ夫婦なので、このルールは適用されます。(離婚後に旧姓に戻したい場合、いったん夫の姓で契約し、離婚成立後に旧姓に戻す手続きをすることになります)

離婚とクルマと自動車保険について(2)web

誰しも幸せな結婚生活を続けたいものです。しかし、予期せぬ荒波に打たれ、離婚という選択肢を選ぶことがことがあるかもしれません。
それは、夫婦で助け合う生活から、すべて一人で責任を引き受ける生活への切り替えを意味します。他のことと同様に、クルマについても自分で責任を持って所有し、乗らなければならないわけです。
「あー、たいへんだ」
そんなため息まじりの言葉が口をついたときは、クルマのことであれば、どうぞお近くのロータス店にご相談ください。きっとお力になれると思います。

離婚のとき、クルマの保険はどうすべき?(前編)

離婚のとき、クルマの保険はどうすべき?(後編)

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • Vol.41 ハイブリッド車にジャンピングスタートの協力を頼むのはNG!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.41 ハイブリッド車にジャンピン…

    【今回のやっちゃったストーリー】Lさん(44歳)は、やり手の個人投資家。投資の稼ぎだけでけっこういい暮らしができている。ある月曜日の早朝、自宅から数㎞離れた…

    2019.05.15更新

  • Vol.27 忙しいのに「うっかり」しがちな人は自動車保険の満期切れにご注意!(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.27 忙しいのに「うっかり」しが…

    うっかりを防ぐには自動更新が一番さて、ここで改めて自動車保険の継続手続きに関するお話を少し……。Xさんは、毎年、なるべく安い自動車保険を選びたいという思い…

    2018.02.14更新

  • Vol.29 ドラレコで交通社会の悪から身を守ろう!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.29 ドラレコで交通社会の悪から…

    【今回のやっちゃったストーリー】休日のロングドライブが趣味のZさん(48歳・会社経営)は、最近、話題になっているドライブレコーダーを愛車に装着させた。万が一の…

    2018.03.28更新

  • Vol.32 離婚のとき、クルマの保険はどうすべき?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.32 離婚のとき、クルマの保険は…

    【今回のやっちゃったストーリー】主婦C子さん(33歳)は、結婚後10年を共にしてきた夫の不貞が許せなかった。相手が見知らぬ女性ならまだしも、C子さんの学生時…

    2018.07.13更新

  • Vol.36 踏切内で電車と事故したら数億円の賠償が必要?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.36 踏切内で電車と事故したら数…

    一般的な事例では多額の損害賠償が発生ところで、Gさんは罪に問われ、罰を受けるのでしょうか?Gさんの起こした事故は、違法行為による事故ですので、大きく分ける…

    2018.12.06更新

  • 【番外編】緊急脱出の準備、できていますか!? JIS適合の「消棒RESCUE」が頼りになるワケ(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    【番外編】緊急脱出の準備、できていますか…

    新しい「消棒ライフセーバー」は軽自動車ユーザーがターゲット「消棒RESCUE」の高性能さはとにかく群を抜いている。コンパクトな消火機能付きの緊急脱出支援用具…

    2018.04.25更新

< 前のページへ戻る