ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水没。脱出方法は? 車両保険の適用は?〈後編〉

2019年3月26日更新

もしも_水没_2

Iさんは、洪水で高架下の道路がプール状態となっているところにあえて突っ込み、愛車を水没させてしまいました。前編では主に脱出方法について紹介したわけですが、この後編では車両保険が適用されるのか否か、そして、適用されるとしたら、それはどんな内容になるかなどについて述べていきます。

一般もエコノミーも
洪水による損害を補償

まず車両保険が適用されるか否かについて。

Iさんが、もしわざと「クルマを水没させてやろう」と考えてプールに突っ込んだとしたら、それは犯罪なので、当然車両保険は適用されません。しかし、今回のケースでは、判断の誤りはあったにせよまったく悪意がないので、洪水による不慮の事故と見なされ、車両保険はしっかりと適用されます(よかったですね、Iさん)。

なお、洪水被害においては、一般条件タイプの車両保険はもちろん、料金の安いエコノミータイプでも補償が発生します。ある意味、クルマよりも命の心配を優先させ、迅速な脱出を促してくれる配慮といっていいのかもしれません。

もしも_表_水没

※車両保険の一般条件タイプとエコノミータイプの補償の可否 参考:東京海上日動火災保険HP



外観が大丈夫でも
動力源がダメなら全損扱い

つぎに、車両保険の補償内容について。

今回のIさんのケースでは、エンジンに水が入ってクルマがストップしたものと考えられるため、おそらく全損扱いとなります。たとえ外観がなんともなっていなくても、そうなります。エンジンに水が入るということは、それほど重大な損害ということです。

この判定の際には、もちろん整備工場と保険会社のアジャスター(損害調査員)の確認が必要となりますが、それで全損の判定がでれば、ほどなくクルマの時価が全額補償されることになります(よかったですね、Iさん)。

ちなみに、ハイブリッド車も電気自動車も燃料電池車も、水に浸かってしまった場合はほとんどが全損扱いになるようです。エンジン同様、動力源となるモーターに水が入ると、クルマとして致命的な損害を被ると考えられているのです。

さて、クルマが水没したケースでの対応については以上です。
いかがでしたか? たぶん、保険の補償が思ったより手厚いので、ホッとされた方も多いことでしょう。

ただ、だからといって、気を緩め、水溜まりに突っ込んでも大丈夫なんて安易な考えは起こさないように。保険はあなたの命までは救えませんから。前編でも書きましたが、常に「浅く見えても、アンダーパスのプールには絶対に突っ込まない」を原則とした運転を心がけてください。

アンダーパス走行中に愛車が水没。脱出方法は? 車両保険の適用は?〈前編〉
アンダーパス走行中に愛車が水没。脱出方法は? 車両保険の適用は?〈後編〉

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機に。どうすれば助かる?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.38 豪雪で立ち往生して命の危機…

    豪雪となったときはどんなタイヤでも立ち往生!?豪雪による交通トラブルを避けるにはどうすればいいのか、Iさんのケースを元にして考察してみましょう。まずタイヤ…

    2019.01.29更新

  • Vol.31 原付バイクの「うっかり自賠責切れ」にご用心!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.31 原付バイクの「うっかり自賠…

    【今回のやっちゃったストーリー】一浪の末に大学生になったBくん(19歳)は、叔父さんから遅れ馳せながらの入学祝いとして、叔父さんが乗っていた原付バイクをゆずっ…

    2018.05.29更新

  • Vol.54 タイヤの空気圧チェックをサボってると、高速走行中にバーストして大変なことになっちゃうかも!(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.54 タイヤの空気圧チェックをサ…

    【今回のやっちゃったストーリー】月に一度のペースでグルメ店めぐりをし、そのときの写真をSNSでアップするのを趣味にしているW子さん(会社員・22歳)。以前は電…

    2020.09.25更新

  • Vol.53 首都高のトンネル内で車両火災に遭遇したら、どう行動すべきなのか?(前編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.53 首都高のトンネル内で車両火…

    【今回の巻き込まれちゃったストーリー】会社を定年退職してから東京郊外の街で悠々自適に暮らしているVさん(無職・67歳)。ある日、同期入社の仲間から千葉県南房総…

    2020.08.25更新

  • Vol.40 高速道路での落下物事故。えっ、自分も修理代を払うの?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.40 高速道路での落下物事故。え…

    前編のストーリーにあるように、高速道路で思わぬ落下物事故に遭遇してしまったKさん。ストーリー後半で、保険会社から「フロントガラスや車体の修理代について全額相手持…

    2019.04.23更新

  • Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水没。脱出方法は? 車両保険の適用は?〈前編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.9 アンダーパス走行中に愛車が水…

    【今回のやっちゃったストーリー】猛烈な台風が直撃して、ものすごい風雨。そんななかIさん(37歳男性・会社員)は、とくに不安を感じることなく、いつもどおり愛車の…

    2016.08.30更新

< 前のページへ戻る