ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのトラブル「もしも」マニュアル

Vol.24 玉突き事故の過失割合、どうなる?(後編)

2019年3月26日更新

玉突き事故_2

わずかな金額で大きな安心を買う

さて、Uさんの保険的悲劇に話をもどしましょう。

Uさんは、補償上限額が1000万円の対物賠償責任保険を契約していました。わずかでも保険料を安くしようという意図があったのと、もし対クルマの事故を起こしても、そのなかで十分に補償できると踏んだうえでの選択でした。

しかし、ご覧のとおり、その選択は凶とでました。
高級輸入スポーツカー3台を巻き込む玉突き事故を起こしたことで、2000万円以上もの補償が必要となりました。1000万円は保険からでるにしても、残りはすべて自腹で支払うことに……。

もし、補償上限額が無制限の対物賠償責任保険を契約していたとしたら、こんな状況に陥ることはありませんでした。年間1万円に満たない差額を払うのを惜しんだことで、その後十数年の生活に天国と地獄ほどの差が生まれることになったのです。

図1

結局、塵(わずかな差額)は積もっても、その山(貯めた総額)は、万が一の事故のときの自腹補償の額ほどには高くはなりません。そのわずかな差額は、より大きな安心を買うため必要経費と理解し、しっかりと払って無制限を選ぶほうが絶対に賢明です。

億単位の物損補償となることも・・・

ちなみに、物を壊す事故は、対クルマ以外でも起こり得ます。しかも、その補償額は高級輸入スポーツカー3台の修理代をはるかに上回る金額になることもあります。
たとえば、1991年に起きた事故で、道路のセンターラインを越えて対向車線に進入した乗用車が、大型トラックともう1台の乗用車に衝突し、これによって事故車両などが沿道のパチンコ店に突っ込んだ事故の裁判では、最初にセンターラインを越えて事故原因となった乗用車のドライバーに1億3,450万円の損害賠償が命じられています。
こうなると、とても対物賠償責任保険1000万円では足りません。もし、保険の補償上限額が低い状態でこうした事故を起こしてしまえば、Uさんの悲劇どころではなくなります。自腹補償のためだけに一生を費やす可能性さえでてきてしまいます。

皆さん、カーライフそして人生そのものをゆたかに楽しくするために、事故には十分に気をつけて運転しましょう。そして、万が一のときのことを考え、対物賠償責任保険の補償上限額をぜひ無制限にしておきましょう!

玉突き事故の過失割合、どうなる?(前編)
玉突き事故の過失割合、どうなる?(後編)

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • Vol.13高速道路上でガス欠。オーマイゴッド!〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.13高速道路上でガス欠。オーマイ…

    路肩にクルマを止めたらすぐに避難、合図、通報を!前編で紹介したとおり、Kさんたちは、高速道路上でガス欠となって路肩にクルマを止めたあと車中でしばしボー然とし…

    2016.12.27更新

  • Vol.29 ドラレコで交通社会の悪から身を守ろう!(中編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.29 ドラレコで交通社会の悪から…

    客観的証拠がないと被害者にも過失がさて、Zさんが被害を受けた事故の話です。Zさんは、自分が信号無視をして事故を起こしたのにも関わらず、被害者側に信号無視の罪…

    2018.03.28更新

  • Vol.26  “保険付帯”のレンタカーなのに、事故で「免責分の支払」ってなに?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.26 “保険付帯”のレンタカー…

    免責5万円=自己負担5万円Wくんが思わぬ出費を突きつけられることになった「免責」については、自分のクルマをもち、任意の保険に入っている人ならだいたいのことはご…

    2017.12.26更新

  • Vol.7 もらい事故の被害者なのに、納得できない補償の提示が。キーッ!

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.7 もらい事故の被害者なのに、納…

    今回のやっちゃったストーリードーン!前方不注意のクルマが、信号待ちで停車していたGさん(25歳女性・会社員)のクルマに追突してきた。車両後部はグチャグチャに…

    2016.08.19更新

  • Vol.11 他人のクルマで事故したときは、だれの保険を使うべき?〈後編〉

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.11 他人のクルマで事故したとき…

    保険空白状況もあり得るたとえば、上司が保険に年齢条件(たとえば26歳以上補償)を付けるか、本人と家族だけに限定した運転者限定特約を付けていたとします。そして、…

    2016.11.14更新

  • Vol.42 追突事故では、後ろのクルマが100%悪いってホント?(後編)

    クルマのトラブル「もしも」マニュアル

    Vol.42 追突事故では、後ろのクルマ…

    ※本文記載の過失割合はあくまでストーリー上の参考例であり、実際の事故の際には、その状況によって過失割合は変動します。後ろのクルマが100%悪いのは信号待ちの…

    2019.06.11更新

< 前のページへ戻る