ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象徴的な建造物を昔ながらの工法で復元。充実のお城めぐりが楽しめる!『金沢城公園』

2019年5月28日更新

金沢の観光名所と言えば、国の特別名勝『兼六園』が有名ですが、その兼六園に隣接する新しい観光スポット『金沢城公園』も忘れることができません。1583(天正11)年から1869(明治2)年まで加賀藩前田家の居城があった場所で、その後、陸軍の拠点となり、終戦後は金沢大学のキャンパスとして利用されていました。大学の移転に伴い、公園化に向けて復元・整備を実施し、2001(平成13)年に開園しました。


『河北門(かほくもん)』は、大手門口から入り河北坂を上がったところに位置する、金沢城の実質的な正門です。『石川門』、『橋爪門(はしづめもん)』と合わせ、『三御門(さんごもん)』と呼ばれています。宝暦の大火〈1759(宝暦9)年〉の後、1772(安永1)年に再建されましたが、1882(明治15)年頃に無くなっていました。それを約130年ぶり復元したもので、復元工事は、2007(平成19)年11月~2010(平成22)年4月までの約2年半を工期として行われました。この『河北門』は内部の見学をすることができます(見学無料)。

河北門 一の門



兼六園の向かいに建つ『石川門(いしかわもん)』は、重要文化財の指定を受けた貴重な建造物。金沢城では搦手門(からめてもん)にあたり、敵の侵入を妨ぐため、複雑な構造になっています。『石川門』の名の由来は「石川郡の方向を向いていたから」とも言われています。

石川門



『橋爪門(はしづめもん)』は、かつての二の丸の正門で、高麗門形式の『一の門』、石垣と二重塀で囲われた『枡形』、櫓門形式の『二の門』から構成されています。2001(平成13)年7月に『一の門』が復元され、2015(平成27)年3月に『枡形』『二の門』が復元され、第2期復元整備事業として橋爪門二の門が復元整備されました。

橋爪門



現在、金沢城公園で中心となっている建造物は、『菱櫓(ひしやぐら)』、『五十間長屋(ごじっけんながや)』、『橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)』です。これらは、1808(文化5)年の二の丸火災後に再建されましたが、1881(明治14)年の火災で再び焼失していました。それを、1998(平成10)年3月~2001(平成13)年7月に渡って3年4ヵ月をかけて復元したのです。公園自体の入園は無料で自由に見て回ることができますが、これらの建造物の内部見学には、料金(大人310円・小人100円)が必要です。ちなみに、3つの建造物は内部でつながっているので、支払いは1回でOKです。

菱櫓 五十間長屋



『菱櫓』は、金沢城のシンボル的な建造物で、その名のとおり菱形(内角が80度と100度)をしています。しかも内部の約100本の柱もすべて菱形です。外観を傍観しただけではその角度はあまり認識できませんが、内部に入り天井板や梁を見上げたり、柱をじっくり見ると…その徹底ぶりと技術力の高さに驚かされます。

菱櫓



『五十間長屋(ごじっけんながや)』は、かつて武器等を保管していた倉庫。長さが約五十間(約90m)あるところからその名が付けられました。釘を一本も使用しない、伝統的な木造軸組構法が用いられていて見応えがあります。

五十間長屋



『橋爪門続櫓』は、二ノ丸の正門である『橋爪一の門』を見下ろす位置にあり、そこを通って二ノ丸へ向かう人々を監視する櫓で、『橋爪櫓』とも呼ばれていました。

橋爪門続櫓



他にも、重要文化財に指定されている『三十間長屋』、長さ約230mの『いもり堀』など見どころはたくさん。また、園内は緑豊かで樹木や野花など500種類を超える植物が生育。さらに、鳥や昆虫など1500種類以上の生物が生息していると言われています。

三十間長屋



往時を偲ぶのも良し、自然を満喫するのも良し。自分のペースでゆっくり散策してみませんか。

詳細情報

名称 金沢城公園
住所 石川県金沢市丸の内1-1
電話番号 076-234-3800
営業時間 【3月1日~10月15日】午前7時~午後6時、【10月16日~2月末日】午前8時~午後5時、※ただし菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門などの最終入館は年間を通じて午後4時
定休日 なし
アクセス 北陸自動車道 金沢東ICから約30分、金沢西ICから約30分、金沢森本ICから約20分
駐車場 県営兼六駐車場など近隣の有料駐車場を利用のこと
ホームページ http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 赤レンガ倉庫を観光施設にリニューアル。ありし日の敦賀の街を再現した日本最大級のジオラマがある!『敦賀赤レンガ倉庫』

    ロータスな旅 > 北陸

    赤レンガ倉庫を観光施設にリニューアル。あ…

    敦賀港の東側に並び建つ『敦賀赤レンガ倉庫』。1905(明治38)年、アメリカの石油会社が石油貯蔵用の倉庫として建設したもので、設計者が外国人技師だったためか、オ…

    2020.08.06更新

  • 一度は見たい!落差日本一の大滝「称名滝(しょうみょうだき)」

    ロータスな旅 > 北陸

    一度は見たい!落差日本一の大滝「称名滝(…

    富山県立山町の山間に、「落差日本一」といわれる称名滝(しょうみょうだき)はあります。立山連峰を源流とし、弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ちるその落差は350m。四段…

    2016.08.19更新

  • 雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博士。故郷の石川県加賀市にある『中谷宇吉郎 雪の科学館』で、とっても奥深い“雪と氷の世界”を知ってみよう!

    ロータスな旅 > 北陸

    雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博…

    「雪は天から送られた手紙である」。このフレーズを聞いたことがある人は多いでしょう。これは、雪や氷に関する研究で大きな業績を残した科学者、中谷宇吉郎博士〔1900…

    2019.11.21更新

  • 若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置された趣のある旅の拠点『道の駅 若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置さ…

    若狭から京都に至る多くの街道や峠道はさまざまな物資が往来しましたが、その中でも『鯖』が注目されたことから、これらの道を総称して『鯖街道』と呼ばれています。熊川宿…

    2017.06.15更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 若狭湾のリアス式海岸の中を走り、中間点の山頂公園では絶景のパノラマビューを楽しむ!『三方五湖(みかたごこ)有料道路レインボーライン』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭湾のリアス式海岸の中を走り、中間点の…

    福井県若狭町は若狭湾国定公園の中心部にあって、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された『三方五湖(みかたごこ)』、全国名水百選『瓜割の滝(うりわり…

    2017.08.29更新

< 前のページへ戻る