ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

ほたるいかミュージアム

2016年3月4日更新

ホタルイカは全身が青白く光る、多くの謎につつまれた神秘的な生き物です。ホタルイカは春に生まれ、1年でその一生を終えます。日本海を中心に生息しており、日中は沖合の200m~400mという深海に棲み、夜間に海面近くに浮上し、餌生物を追うと考えられています。
滑川近くの富山湾では、3月~5月頃に産卵のため、夜間に浮上したホタルイカが群れを成し、浜辺に打ち上げられ宝石 のような光を放つ光景がみられることがあります。ホタルイカが多く接岸する海面は国の特別天然記念物に指定されています。
ほたるいかミュージアムは、ほたるいかをテーマとした世界にひとつの施設です。半円型の水槽と上映スクリーンからなる観客一体型の『ライブシアター』では、3月19日から5月下旬 まではホタルイカの神秘的な発光を見学することができます。
『深海不思議の泉』は、滑川沖水深333mから取水された富山湾深層水で深海の珍しい生きものを飼育しているタッチプールです。泉の中の生きものを、自分の手で触れ、観察することができます(ここは、写真撮影もOKです)。また、展示ホールでは、ほたるいかを中心にイカや光る魚たちについての展示・解説や、富山湾の不思議についての紹介を行っています。
ホタルイカを中心とした食事を提供するレストランや、ホタルイカ珍味や深層水関連商品を取りそろえるおみやげショップなども充実しています。ホタルイカ_1

ほたるいかミュージアム

ほたるいかミュージアム



内観(展示ホール)

内観(展示ホール)



発光ライブシアター

発光ライブシアター



不思議の泉でほたるいかタッチ

不思議の泉でほたるいかタッチ

詳細情報

名称 ほたるいかミュージアム
住所 富山県滑川市中川原410(道の駅 ウェーブパークなめりかわ に隣接)
電話番号 076-476-9300
開館時間 午前9時~午後5時
※入館は閉館時間の30分前まで
休館日 6月1日~3月19日の毎週火曜日(祝日の場合は翌日、3月の日程は毎年変わります)、年末年始、1月最終月曜日から3日間
入館料 ※『活きたホタルイカの発光ショー』上演期間と、その他期間で料金が異なります。
(2016年は、3月19日より5月31日まで上演されます)
『活きたホタルイカの発光ショー』上演期間(3月19日~5月31日)→大人800円・小人400円
その他期間(6月1日~3月18日)→大人600円・小人300円
※大人は高校生以上、小人は3歳~中学生まで
※20名様以上の団体料金有
※障がい者割引制度有
ホームページ http://www.hotaruikamuseum.com
その他 アクセス 北陸自動車道滑川ICから車で約10分
駐車場 100台(バス10台)、駐車料金は無料

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 白えび亭/白えび屋

    ロータスな旅 > 北陸

    白えび亭/白えび屋

    北陸新幹線の開通で、首都圏からもぐんと近くなった富山。そんなタイミングだからこそ、うまい酒、うまい肴を求めて、ふらりと出かけてみたい富山があります。背には立山…

    2015.10.16更新

  • これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩れない堅さが特長の『五箇山(ごかやま)豆腐』を今に伝える『とうふ工房 喜平商店』

    ロータスな旅 > 北陸

    これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩…

    富山県南砺市の山間に位置する『五箇山(ごかやま)』は、どこか懐かしい昔ながらの風景が色濃く残る地域。重厚な合掌造りの家々が建ち並ぶ、全国でも希少なエリアで、19…

    2020.08.06更新

  • 日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺会社直営店で味わおう!『ばち麺コロッケ』も好評!『うどん茶屋 海津屋』

    ロータスな旅 > 北陸

    日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺…

    富山県氷見市の『氷見(ひみ)うどん』は、香川県の『讃岐うどん』、秋田県の『稲庭うどん』と並び、日本三大うどんの一つに挙げられることもある、ご当地グルメです。室町…

    2020.11.26更新

  • 古から多くの人々を魅了してやまない絶景の海岸線。その眺望を心ゆくまで堪能できる展望デッキと展望カフェを備えた、“インスタ映え”間違いなしのオシャレな道の駅!『道の駅 雨晴(あまはらし)』

    ロータスな旅 > 北陸

    古から多くの人々を魅了してやまない絶景の…

    能登半島国定公園の一部で、「日本の渚百選」「白砂青松百選」「世界で最も美しい湾クラブ」などに選出され、美しい海岸として知られる富山県高岡市の『雨晴(あまはらし)…

    2019.01.29更新

  • 江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬売り」の歴史と文化をわかりやすく紹介する『広貫堂資料館(こうかんどうしりょうかん)』

    ロータスな旅 > 北陸

    江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬…

    富山は“薬都”ともいわれる、薬の街です。江戸時代初期、富山藩二代藩主・前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけで…

    2018.03.13更新

  • 加賀藩120万石の威勢を感じる江戸初期の代表的な禅寺、国宝『高岡山 瑞龍寺(ずいりゅうじ)』

    ロータスな旅 > 北陸

    加賀藩120万石の威勢を感じる江戸初期の…

    富山県高岡市は西側は西山丘陵や二上山が連なり、北東側は富山湾、東側は庄川・小矢部川が流れる深緑と清らかな水に包まれた自然豊かな地域です。日本の渚百選に選ばれた雨…

    2017.06.15更新

< 前のページへ戻る