ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

2016年9月30日更新

能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。

ケロンの小さな村3

ケロンの小さな村1

ケロンの小さな村6

まるで童話の世界のような村内には、シンボルツリーハウスを中心にしたガーデン、ハーブ園、大きな石窯のあるパン工房、水遊びのできる小川に水車と粉ひき小屋、こども工作室、ビオトープなどが設置されています。「ケロンの小さな村」は土・日限定での開園ですが、村内でくつろいだり、遊具で遊ぶだけでなく、米粉パンづくり、米粉ピザづくり、木工作・竹細工、花・ハーブ・山野草の苗づくりなどさまざまな体験をすることができます。とくに自家製の米粉を使ったピザづくり体験は楽しいだけでなく、石窯で焼いたアツアツのできたてピザが食べられるのでオススメです!

ケロンの小さな村2

ケロンの小さな村11

ケロンの小さな村7

ケロンの小さな村8

ケロンの小さな村10

201404200959

このケロンの小さな村は、“村長”として運営・管理を自ら行っている上乘(じょうのり)秀雄さんと奥様の純子さんが、長い間耕作されずにあった休耕田を開墾し、手づくりで2009(平成21)年に立ち上げた施設です。上乘さんは元々は教師で、高校の校長先生を務めた後に退職。定年後の第二の人生に、「食べる人・作る人・大地」の三者が健康になることを目指す「三者健康農業」を実践する場として、ケロンの小さな村を発想したのだといいます。2人の人柄を映した村は、全国のどこにもないけれど、訪れた人が皆「こんな村があってほしかった」と思うあたたかい心の故郷になっています。

ケロンの小さな村5

ケロンの小さな村4

詳細情報

名称 ケロンの小さな村
住所 石川県鳳珠郡能登町中斉た部26
電話番号 0768-62-1471 / 090-4322-1380
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 営業は土・日のみ。12月~翌年3月までは雪のため休業。
入村料 無料
その他料金 ピザ焼き体験1人900円、パンづくり体験(10~20名)一窯(100個)/20,000円、工作体験実費(1人2,000~3000円)など
※パンづくり体験は一窯20,000円で、体験人数で負担します。10名の場合は1人2,000円、20名の場合は1人1,000円となります。
備考 ※パンづくり、工作体験は予約が必要
※平日の体験も、受け付けていますが、事前の連絡が必要
アクセス サルビアロードの「道の駅桜峠」から車で約3分
駐車場 約10台(無料)
公式ホームページ(Facebook) https://www.facebook.com/keronmura
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふが味わえる『道の駅上平 ささら館』(富山県)

    ロータスな旅 > 北陸

    岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふ…

    富山県の最南西端に位置する旧上平村(現南砺市)は、5つの谷(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)の合間に点在する山里『五箇山(ごかやま)』という名称で古くから…

    2017.01.16更新

  • 雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博士。故郷の石川県加賀市にある『中谷宇吉郎 雪の科学館』で、とっても奥深い“雪と氷の世界”を知ってみよう!

    ロータスな旅 > 北陸

    雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博…

    「雪は天から送られた手紙である」。このフレーズを聞いたことがある人は多いでしょう。これは、雪や氷に関する研究で大きな業績を残した科学者、中谷宇吉郎博士〔1900…

    2019.11.21更新

  • 日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺会社直営店で味わおう!『ばち麺コロッケ』も好評!『うどん茶屋 海津屋』

    ロータスな旅 > 北陸

    日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺…

    富山県氷見市の『氷見(ひみ)うどん』は、香川県の『讃岐うどん』、秋田県の『稲庭うどん』と並び、日本三大うどんの一つに挙げられることもある、ご当地グルメです。室町…

    2020.11.26更新

  • 世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の逸品・名品を展示。未来へ向けて漆文化を発信する「石川県輪島漆芸(しつげい)美術館」

    ロータスな旅 > 北陸

    世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の…

    ウルシの木から採取した樹液を天然樹脂塗料として使う漆塗り。日本では縄文時代から、この漆塗りの技法がありました。やがて、技術の発達とともに漆器は多様化し、富裕層か…

    2018.05.15更新

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

< 前のページへ戻る