ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

古から多くの人々を魅了してやまない絶景の海岸線。その眺望を心ゆくまで堪能できる展望デッキと展望カフェを備えた、“インスタ映え”間違いなしのオシャレな道の駅!『道の駅 雨晴(あまはらし)』

2019年1月29日更新

能登半島国定公園の一部で、「日本の渚百選」「白砂青松百選」「世界で最も美しい湾クラブ」などに選出され、美しい海岸として知られる富山県高岡市の『雨晴(あまはらし)海岸』。古くから有磯海(ありそうみ)と呼ばれ、芭蕉が奥の細道で「早稲の香や分け入る右は有磯海」の句を詠んだ場所として、国名勝『おくのほそ道の風景地』にも選出されています(正確には海に浮かぶ有磯海の女岩が指定されました)。

雨晴 朝日3
『道の駅 雨晴(あまはらし)』は、この雨晴海岸に面して、2018年(平成30年)4月にオープン。道の駅の前に広がる海岸線には、奥州へ向かう途中の源義経が雨宿りをしたという「義経岩」があります(これが「雨晴」の由来)。さらに浜から眺める岩礁(女岩、男岩)と、その先には富山湾越しに見る立山連峰の雄大な姿が絶景を織り成しています。
建物は、船の形をモチーフにした真っ白な3階建て。
1階の情報発信コーナーでは、コンシェルジュが市内外の観光案内を行っている他、多数のパンフレットが用意されています。

雨晴 外観1
2階には、素晴らしい景色を眺望できる展望台と、カフェとショップがあります。
“インスタ映え”のする展望台には、デッキ上に伝統工芸品・高岡銅器の「りん鐘」や歌碑等が設置されています。展望デッキは24時間開放されているので、早朝や夜の景色も楽しむことができます。また、様々なイベントを行うマーケットスペースもあります。

りん鐘

りん鐘



オーシャンビューを楽しみながら、地元産の食材を使った食事やスイーツが味わえるのが、『Cafe ISOMI TERRACE』。『射水産サクラマスときのこのホワイトソースパスタ』(1100円)や、『氷見牛入りハンバーグカレー~半熟たまご添え』(1500円)、『とやまポークとチキンのピザ』(1200円)などメニューは豊富。ここでの、“インスタ映え”の一品は『雨晴サンデー』。ブルーハワイ(雨晴海岸バージョン)・マンゴー(けあらしバージョン)・抹茶(義経岩バージョン)の3種類でいずれも500円です。他にも、『タピオカドリンク』(500円)や、『サラトガクーラー(雨晴バージョン)』(500円)なども用意されています。

雨晴2

雨晴 ハンバーグカレー

雨晴 ブルーハワイ
『Souvenir Shop ARISO』は、オリジナル品や地酒、地元の銘菓などを揃えているお土産販売のお店。工芸都市・高岡の職人技が生みだした、工芸品も充実。天然水晶の振り子で“おりん”を叩く澄んだ音色が響とき渡る『おともりん雨晴』、この地の美しい景色を表現した『カトラリーレスト』、日本酒を注ぐと螺鈿(らでん)が浮かび上がる『杯(クリスタル)』など…とても印象的な品々です。

おともりん雨晴

おともりん雨晴



カトラリーレスト

カトラリーレスト



そして、最上階の3階には、屋根付の展望デッキが設えられています。雨の日や暑い日でも、ゆっくり開放的な景色を堪能でき、こちらも24時間利用OKです。

3Fデッキ

3Fデッキ



たぐいまれな風景を心ゆくまで味わえる…まさに、絶景スポットを味方に付けた道の駅と言えるでしょう。

詳細情報

名称 道の駅 雨晴
住所 富山県高岡市大田24-74
電話番号 0766-53-5661
営業時間 午前9時~午後7時(展望デッキ、トイレは24時間利用可能)
定休日 年中無休
アクセス 能越自動車道高岡北ICより約15分
駐車場 普通車34台、大型車4台、身障者用1台 ※新たに21台分の駐車場を増設
ホームページ https://michinoeki-amaharashi.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • 雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博士。故郷の石川県加賀市にある『中谷宇吉郎 雪の科学館』で、とっても奥深い“雪と氷の世界”を知ってみよう!

    ロータスな旅 > 北陸

    雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博…

    「雪は天から送られた手紙である」。このフレーズを聞いたことがある人は多いでしょう。これは、雪や氷に関する研究で大きな業績を残した科学者、中谷宇吉郎博士〔1900…

    2019.11.21更新

  • 日本でここだけ!特別な装備なしのクルマで8mの砂浜を走ることができる!石川県の羽咋(はくい)市にある『千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ』

    ロータスな旅 > 北陸

    日本でここだけ!特別な装備なしのクルマで…

    石川県の羽咋(はくい)市にある『千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ』は、日本で唯一、クルマで走ることができる砂浜です。一般的にクルマなどで砂浜を走行すると、…

    2020.07.21更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象徴的な建造物を昔ながらの工法で復元。充実のお城めぐりが楽しめる!『金沢城公園』

    ロータスな旅 > 北陸

    加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象…

    金沢の観光名所と言えば、国の特別名勝『兼六園』が有名ですが、その兼六園に隣接する新しい観光スポット『金沢城公園』も忘れることができません。1583(天正11)年…

    2019.05.28更新

  • これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩れない堅さが特長の『五箇山(ごかやま)豆腐』を今に伝える『とうふ工房 喜平商店』

    ロータスな旅 > 北陸

    これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩…

    富山県南砺市の山間に位置する『五箇山(ごかやま)』は、どこか懐かしい昔ながらの風景が色濃く残る地域。重厚な合掌造りの家々が建ち並ぶ、全国でも希少なエリアで、19…

    2020.08.06更新

< 前のページへ戻る