ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

一度は見たい!落差日本一の大滝「称名滝(しょうみょうだき)」

2016年9月30日更新

富山県立山町の山間に、「落差日本一」といわれる称名滝(しょうみょうだき)はあります。立山連峰を源流とし、弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ちるその落差は350m。四段からなる大滝の水量は、多いときには毎秒100トンにもなると言われています。その名のいわれは、鎌倉初期の高僧で浄土宗の開祖である法然が、この滝の轟音を「南無阿弥陀仏」という称名念仏の声として聞いたことに由来すると伝えられているそうです。まさに、その迫力は神仏にも例えられるほどということでしょう。称名滝は、国指定名勝・天然記念物に指定されているほか、「日本の滝100選」にも選ばれています。

称名滝
称名滝の右側にハンノキ滝があり、ハンノキ滝の落差は約500 mとされているので称名滝以上なのですが、こちらは大雨などで川の水量が増えたときのみしか流れることがないため、落差日本一とは認められていないのです。
春先などに雪解け水が多く流れ込むとハンノキ滝が現れて、二つの滝がV字を描くように流れ落ちます。また、午後に西日がうまく差し込めば虹がかかった珍しい光景を見ることが出来ます。
称名滝を見るためには、富山県道6号富山立山公園線を立山方面へ進み、立山有料道路との分岐点から、富山県道170号弘法称名立山停車場線を進みます。そして、終点にある駐車場で車を停め、そこから1.3 kmの道のりを歩きます(徒歩約30分程度)。簡単に見ることのできない滝ですが、それゆえに本物を見たときの感激は大きなものがあります。

称名滝(紅葉)小

詳細情報

名称 称名滝
住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺
問い合わせ電話番号 076-462-9971(立山町商工観光課)
注意 冬季閉鎖
駐車場 350台(駐車料金無料)
アクセス 北陸自動車道立山ICから車で約60分、その後徒歩約30分
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索

あわせて読みたい

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

  • 大根おろしの風味がきいた越前そばを、「ひきたて・うちたて・ゆでたて」で食べるそば打ち体験ができる『今庄そば道場』

    ロータスな旅 > 北陸

    大根おろしの風味がきいた越前そばを、「ひ…

    福井県には、特長ある郷土食がいくつかありますが、『越前(おろし)そば』もその一つ。器に盛られたそば(冷たいそば)に、大根おろし、鰹節、刻み葱などをトッピングし、…

    2018.02.28更新

  • 古から多くの人々を魅了してやまない絶景の海岸線。その眺望を心ゆくまで堪能できる展望デッキと展望カフェを備えた、“インスタ映え”間違いなしのオシャレな道の駅!『道の駅 雨晴(あまはらし)』

    ロータスな旅 > 北陸

    古から多くの人々を魅了してやまない絶景の…

    能登半島国定公園の一部で、「日本の渚百選」「白砂青松百選」「世界で最も美しい湾クラブ」などに選出され、美しい海岸として知られる富山県高岡市の『雨晴(あまはらし)…

    2019.01.29更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩れない堅さが特長の『五箇山(ごかやま)豆腐』を今に伝える『とうふ工房 喜平商店』

    ロータスな旅 > 北陸

    これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩…

    富山県南砺市の山間に位置する『五箇山(ごかやま)』は、どこか懐かしい昔ながらの風景が色濃く残る地域。重厚な合掌造りの家々が建ち並ぶ、全国でも希少なエリアで、19…

    2020.08.06更新

< 前のページへ戻る