ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

北陸随一の渓谷美!4月~11月に登場する川床も人気!「鶴仙渓(かくせんけい)」

2021年7月27日更新

4つの温泉地が集まる石川県の加賀温泉郷。その中の一つ、「山中温泉」は、1年を通して自然の豊かさを満喫できる、山間にあります。大きな見どころとなっているのが、温泉街に沿って流れている大聖寺川(だいしょうじがわ)の渓谷「鶴仙渓」です。

©山中温泉観光協会



©山中温泉観光協会



鶴仙渓には、約1.3キロメートルの遊歩道が整備されています。歩いて行くと、四季折々の景観を楽しめるとともに、上流から順に「こおろぎ橋」、「あやとりはし」、「黒谷(くろたに)橋」と3つの橋と出合うことができます。

遊歩道 ©山中温泉観光協会



こおろぎ橋は、総ヒノキ造り。2019年10月に4度目の架け替えが行われました。その名称については、昔は通るのが危なかったという意味の「行路危(こうろぎ)」に由来するとか、周辺にコオロギが多かったからなど、諸説あります。

こおろぎ橋 ©山中温泉観光協会



木々の間を進むと、S字型の「あやとりはし」が見えてきます。いけばな草月流三代目家元・勅使河原宏氏によるデザインで、コンセプトは「鶴仙渓を活ける」。赤紫色の鉄骨橋は独特の美しさがあり、見る人を魅了します。毎日、日没後にライトアップされ、昼間とは異なる幻想的な雰囲気も楽しめます。

あやとりはし ©山中温泉観光協会



©山中温泉観光協会



あやとりはしの袂(たもと)には、毎年4月~11月に川床が登場します。川のすぐ近くに作られた座敷で「川床弁当」(要予約)や、山中出身の和食料理人・道場六三郎氏監修の甘味などを味わいながら、風流なひとときを過ごせます。席料(加賀棒茶付き)は、大人300円、小学生200円。営業時間は、午前9時30分~午後4時(11月のみ午前10時~午後3時)でラストオーダーは終了15分前です。

川床 ©山中温泉観光協会



近くの「桜公園」は、春になるとソメイヨシノやシダレザクラが咲き誇る、桜の名所です。

最も下流にあるのが、アーチ型の石橋「黒谷橋」。俳人・松尾芭蕉が当時、木造りの黒谷橋を訪れ、「この川の黒谷橋は絶景の地なり 行脚の楽しみここにあり」とうたったとされるほど景色の良い場所です。近くには、芭蕉の小像が安置された御堂「芭蕉堂」があります。

芭蕉堂 ©山中温泉観光協会



川のせせらぎを聞きながら個性的な3つの橋を巡って、自然の中を歩く……そんな休日を過ごしてみてはいかがでしょう。

©山中温泉観光協会



温泉街 ©山中温泉観光協会

詳細情報

名称 鶴仙渓
住所 石川県加賀市山中温泉東町1丁目~こおろぎ町
電話 山中温泉観光協会:0761-78-0330
駐車場 こおろぎ橋駐車広場22台、あやとりはし駐車場12台
アクセス 北陸自動車道加賀IC/片山津IC/小松IC/福井北ICから、それぞれ約30分
ホームページ https://www.yamanaka-spa.or.jp/highlights/landmark

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • 江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬売り」の歴史と文化をわかりやすく紹介する『広貫堂資料館(こうかんどうしりょうかん)』

    ロータスな旅 > 北陸

    江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬…

    富山は“薬都”ともいわれる、薬の街です。江戸時代初期、富山藩二代藩主・前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけで…

    2018.03.13更新

  • 魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島でグルメ三昧!『道の駅 のとじま』

    ロータスな旅 > 北陸

    魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島…

    能登島(のとじま)は、石川県七尾市の七尾湾に浮かぶ島。周囲は71.9km、面積が46.78㎢で、能登半島と能登島大橋およびツインブリッジで結ばれています。能登半…

    2017.04.12更新

  • 有名人めがねコレクションを見て、自分でめがねを手作り!日本の“めがねの産地”福井県鯖江市にある『めがねミュージアム』

    ロータスな旅 > 北陸

    有名人めがねコレクションを見て、自分でめ…

    あなたはめがねをかけていますか?最近、めがねは『アイウェア』とも呼ばれ、ファッションアイテムとしても使用されています。福井・鯖江は、国内産メガネフレームの9割の…

    2019.07.09更新

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

< 前のページへ戻る