ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

若狭湾のリアス式海岸の中を走り、中間点の山頂公園では絶景のパノラマビューを楽しむ!『三方五湖(みかたごこ)有料道路レインボーライン』

2017年8月29日更新

福井県若狭町は若狭湾国定公園の中心部にあって、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された『三方五湖(みかたごこ)』、全国名水百選『瓜割の滝(うりわりのたき)』、近畿一美しい川とされる1級河川『北川』など水資源が豊富な町です。また、三方湖産のウナギは別名クチボソアオウナギといわれ、口がとがってお尻が丸いのが特徴で、その味には定評があります。

三方五湖 美浜町側

三方五湖 美浜町側



三方五湖 若狭町側

三方五湖 若狭町側



舞鶴若狭自動車道が整備されてから、『三方五湖』を訪れる観光客はますます増えているようですが、ドライブを楽しむならばここ!『三方五湖(みかたごこ)有料道路レインボーライン』は、美浜町笹田から梅丈岳(ばいじょうだけ、標高395m)山頂下を経て、若狭町海山を結ぶ全長11.24㎞の有料観光道路で、周囲に広がる日本屈指のリアス式海岸の入り組んだ地形は、ドライブをより楽しませてくれます。

レインボーライン_夏の道路
三方湖(みかたこ)、水月湖(すいげつこ)、菅湖(すがこ)、久々子湖(くぐしこ)、日向湖(ひるがこ)からなる三方五湖は、塩分濃度の違いなどの水質と、水深の違いから、湖面の色も微妙に違っているため、「五色の湖」と言われる神秘の湖です。
レインボーラインの名称は、この五湖の五つの青に加えて、日本海の青、そして空の青、つまり七色の青が楽しめるということで、「七色=レインボー」から付けられたとのことです。
レインボーラインの目玉は、すばらしい展望の山頂公園です。中間点にある第一駐車場から、ケーブルカー(定員30名)あるいはリフト(1台に1名)で山頂公園に上がることができます。所要時間は、いずれも片道約2分。ケーブルカーの客車の中に、ハートのつり革が取り付けられています。「Heart Catcher」と名付けられたこのつり革をつかみ、「幸せをつかんで頂きたい」との願いが込められているとか。

レインボーライン_ケーブル・リフト上から①

レインボーライン_ケーブルより

レインボーライン_ハートの吊革②
山頂公園からの360度のパノラマビューは圧巻です。日本海側は越前岬から丹後半島にかけて、湖側は三方五湖の全てを一望できる絶景ポイントとなっています。

秋の三方五湖

秋の三方五湖



冬の久須夜ヶ岳方面

冬の久須夜ヶ岳方面



春



山頂公園には、春と秋に110種600株のバラが咲き乱れる『ばら園』や、素焼きの皿に願いごとを書いて湖に向かって空高く投げる『かわらけ投げ』を楽しむことができる『天狗堂』(NHKの連続小説ドラマ「ちりとてちん」の主人公がかわらけ投げをした場所です)などのほか、『誓いの鍵』『友好の鐘』などが設けられています。「願掛け」や「縁結び」的なスポットが多くの恋人たちにアピールしたことから、2006年にや山頂公園を含むレインボーライン全体が『恋人の聖地』に認定されました。レインボーは、やっぱり幸せへの架け橋なのでしょう。

レインボーライン_バラとサツキ

かわらけ・誓いの鍵無人販売

かわらけ・誓いの鍵無人販売



かわらけ投げ

かわらけ投げ



天狗堂

天狗堂



誓いの鍵

誓いの鍵



和合神社

和合神社



友好の鐘

友好の鐘

詳細情報

名称 三方五湖有料道路レインボーライン
住所 福井県三方上中郡若狭町気山18-2-2
電話番号 0770-45-2678
営業時間 レインボーライン:1~4月・10~12月…午前8時~午後6時、5月・6月・7月1~20日・9月…午前7時~午後7時、7月21日~8月31日…午前6時~午後8時 / 山頂公園:午前8時30分~午後4時30分
休園日 2月29日~1月1日
料金 自動車通行料金(三方五湖有料道路):普通車1,040円、バス型自動車2,500円、大型バス自動車4,000円 / 山頂公園入園料(ケーブルカー、リフトの往復乗車料含む)大人800円、小人600円(6歳~中学生)
アクセス 陸自動車道敦賀ICから約40分(28㎞) 舞鶴若狭自動車道若狭三方ICから約20分(10㎞)
駐車場 500台
ホームページ http://www.mikatagoko.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 日本でここだけ!特別な装備なしのクルマで8kmの砂浜を走ることができる!石川県の羽咋(はくい)市にある『千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ』

    ロータスな旅 > 北陸

    日本でここだけ!特別な装備なしのクルマで…

    石川県の羽咋(はくい)市にある『千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ』は、日本で唯一、クルマで走ることができる砂浜です。一般的にクルマなどで砂浜を走行すると、…

    2020.07.21更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • 有名人めがねコレクションを見て、自分でめがねを手作り!日本の“めがねの産地”福井県鯖江市にある『めがねミュージアム』

    ロータスな旅 > 北陸

    有名人めがねコレクションを見て、自分でめ…

    あなたはめがねをかけていますか?最近、めがねは『アイウェア』とも呼ばれ、ファッションアイテムとしても使用されています。福井・鯖江は、国内産メガネフレームの9割の…

    2019.07.09更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 古から多くの人々を魅了してやまない絶景の海岸線。その眺望を心ゆくまで堪能できる展望デッキと展望カフェを備えた、“インスタ映え”間違いなしのオシャレな道の駅!『道の駅 雨晴(あまはらし)』

    ロータスな旅 > 北陸

    古から多くの人々を魅了してやまない絶景の…

    能登半島国定公園の一部で、「日本の渚百選」「白砂青松百選」「世界で最も美しい湾クラブ」などに選出され、美しい海岸として知られる富山県高岡市の『雨晴(あまはらし)…

    2019.01.29更新

< 前のページへ戻る