ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

コロッケで町おこしを図る富山県高岡市にある「コロッケカフェ・アルペーゼ」

2022年10月12日更新

「高岡コロッケ」は、富山県高岡市のご当地グルメです。元々、富山県はコロッケの購入額日本一(一世帯あたり年間約2300円)と言われるコロッケ好きの土地柄。高岡市もその例にもれず、市民にコロッケが親しまれていました。

そこで、コロッケで市のイメージアップを図ろうと、高岡市役所の若手職員有志からなる「イメージアップ作戦プロジェクトチーム」が行動を開始。2004(平成16)年、ホームページ上で、市内で売られているコロッケを紹介するコンテンツをスタートさせます。これが反響を呼び、2005(平成17)年に市内で開かれた祭りに、コロッケ屋台2店が出店。さらに2006(平成18)年の同じ祭りでは、飲食店や精肉店など12店がコロッケを販売し、人気となりました。

コロッケカフェ・アルぺーゼ



この流れを受けて2006(平成18)年6月、商工会議所、新聞社、飲食関連団体などが中心となり「高岡コロッケ実行委員会」が発足。コロッケによる町おこしが本格的に始まりました。

現在、高岡市内にはオリジナルのコロッケを提供する店が多数あります。居酒屋や精肉店、ラーメン店、レストラン、カフェ、インド料理店、スーパーマーケットなど業態もさまざまです(ホームページ「夢は揚げたて!高岡コロッケ」http://www.taka-coro.com/に紹介マップあり)。

そんな中から、コロッケを中心としたメニューをそろえている飲食店をご紹介!その名も「コロッケカフェ・アルペーゼ」です。



単品のコロッケは、ふつうコロッケ、かぼちゃコロッケ、チキンライスコロッケ、カレーコロッケ、明太子コロッケ、昆布コロッケ、つなまよコロッケ、ハムチーズコロッケなど種類豊富で、いずれも150円(税込、以下同様)。定番のほか、季節限定のコロッケもあります。また、これらのコロッケはテイクアウトすることもできます。

飲食メニューとしては、「コロッケ定食」(800円)や「コロッケ丼ぶり」(700円)のほか、「キーマカレーライス」(700円)などがあります。

キーマカレー



飲み物は、コーヒー、オレンジジュースなど全品350円で提供(定食とセットなら200円)。

スパゲティ



この「コロッケカフェ・アルペーゼ」は、障がい者をサポートする「特別非営利活動法人 憩いの家」が運営しているコミュニティ・カフェという側面ももっています。アツアツ・ホクホクのコロッケでノーマライゼーションの実現を目指す……訪れる人にとってもあたたかい気持ちになれるお店です。

人気のクッキー商品

詳細情報

名称 コロッケカフェ・アルぺーゼ
住所 富山県高岡市駅南2丁目2−12
電話 080-6356-1501
営業時間 午前11時~午後4時(軽食のラストオーダーは午後2時)
定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始、お盆時期
駐車場 2台
アクセス JR高岡駅から541m
ホームページ https://ikoi-house.jp/arpese/ (ブログ)https://arpese.exblog.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • まつやの「とり野菜みそ」

    ロータスな旅 > 北陸

    まつやの「とり野菜みそ」

    石川県で「鍋」といえば、“まつやの「とり野菜みそ」”と必ず名前が挙がるほど親しまれている味噌鍋。その歴史をさかのぼると、江戸時代にたどり着きます。北前船の廻船問…

    2016.04.08更新

  • 有名人めがねコレクションを見て、自分でめがねを手作り!日本の“めがねの産地”福井県鯖江市にある『めがねミュージアム』

    ロータスな旅 > 北陸

    有名人めがねコレクションを見て、自分でめ…

    あなたはめがねをかけていますか?最近、めがねは『アイウェア』とも呼ばれ、ファッションアイテムとしても使用されています。福井・鯖江は、国内産メガネフレームの9割の…

    2019.07.09更新

  • 白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・甘エビ・寒ブリ……富山湾の海の幸が新湊港から直行で店頭に並ぶ!新湊フィッシャーマンズワーフ『新湊きっときと市場』

    ロータスな旅 > 北陸

    白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・…

    富山県のほぼ中央に位置する射水(いみず)市。新湊など沿海部では漁業が盛んで、豊富な魚介類が生息する富山湾から、春には『富山湾の宝石』と呼ばれる白エビやホタルイカ…

    2019.08.20更新

  • 日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺会社直営店で味わおう!『ばち麺コロッケ』も好評!『うどん茶屋 海津屋』

    ロータスな旅 > 北陸

    日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺…

    富山県氷見市の『氷見(ひみ)うどん』は、香川県の『讃岐うどん』、秋田県の『稲庭うどん』と並び、日本三大うどんの一つに挙げられることもある、ご当地グルメです。室町…

    2020.11.26更新

  • 福井県越前市で30年以上も食されている、謎のご当地グルメ『ボルガライス』

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県越前市で30年以上も食されている、…

    福井県越前市で生まれたご当地グルメ『ボルガライス』をご存知でしょうか?越前市の武生地区では30年以上も前から食べられていたということですが、その名前の由来や発祥…

    2016.12.15更新

  • 近江町市場

    ロータスな旅 > 北陸

    近江町市場

    1721(亨保6)年から加賀藩前田家の御膳所となった近江町市場は、「同時に庶民の台所」として、300年近くもの間、金沢の人々の生活を支えてきました。市場内の路…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る