ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

コロッケで町おこしを図る富山県高岡市にある「コロッケカフェ・アルペーゼ」

2022年10月12日更新

「高岡コロッケ」は、富山県高岡市のご当地グルメです。元々、富山県はコロッケの購入額日本一(一世帯あたり年間約2300円)と言われるコロッケ好きの土地柄。高岡市もその例にもれず、市民にコロッケが親しまれていました。

そこで、コロッケで市のイメージアップを図ろうと、高岡市役所の若手職員有志からなる「イメージアップ作戦プロジェクトチーム」が行動を開始。2004(平成16)年、ホームページ上で、市内で売られているコロッケを紹介するコンテンツをスタートさせます。これが反響を呼び、2005(平成17)年に市内で開かれた祭りに、コロッケ屋台2店が出店。さらに2006(平成18)年の同じ祭りでは、飲食店や精肉店など12店がコロッケを販売し、人気となりました。

コロッケカフェ・アルぺーゼ



この流れを受けて2006(平成18)年6月、商工会議所、新聞社、飲食関連団体などが中心となり「高岡コロッケ実行委員会」が発足。コロッケによる町おこしが本格的に始まりました。

現在、高岡市内にはオリジナルのコロッケを提供する店が多数あります。居酒屋や精肉店、ラーメン店、レストラン、カフェ、インド料理店、スーパーマーケットなど業態もさまざまです(ホームページ「夢は揚げたて!高岡コロッケ」http://www.taka-coro.com/に紹介マップあり)。

そんな中から、コロッケを中心としたメニューをそろえている飲食店をご紹介!その名も「コロッケカフェ・アルペーゼ」です。



単品のコロッケは、ふつうコロッケ、かぼちゃコロッケ、チキンライスコロッケ、カレーコロッケ、明太子コロッケ、昆布コロッケ、つなまよコロッケ、ハムチーズコロッケなど種類豊富で、いずれも150円(税込、以下同様)。定番のほか、季節限定のコロッケもあります。また、これらのコロッケはテイクアウトすることもできます。

飲食メニューとしては、「コロッケ定食」(800円)や「コロッケ丼ぶり」(700円)のほか、「キーマカレーライス」(700円)などがあります。

キーマカレー



飲み物は、コーヒー、オレンジジュースなど全品350円で提供(定食とセットなら200円)。

スパゲティ



この「コロッケカフェ・アルペーゼ」は、障がい者をサポートする「特別非営利活動法人 憩いの家」が運営しているコミュニティ・カフェという側面ももっています。アツアツ・ホクホクのコロッケでノーマライゼーションの実現を目指す……訪れる人にとってもあたたかい気持ちになれるお店です。

人気のクッキー商品

詳細情報

名称 コロッケカフェ・アルぺーゼ
住所 富山県高岡市駅南2丁目2−12
電話 080-6356-1501
営業時間 午前11時~午後4時(軽食のラストオーダーは午後2時)
定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始、お盆時期
駐車場 2台
アクセス JR高岡駅から541m
ホームページ https://ikoi-house.jp/arpese/ (ブログ)https://arpese.exblog.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

  • 加賀藩120万石の威勢を感じる江戸初期の代表的な禅寺、国宝『高岡山 瑞龍寺(ずいりゅうじ)』

    ロータスな旅 > 北陸

    加賀藩120万石の威勢を感じる江戸初期の…

    富山県高岡市は西側は西山丘陵や二上山が連なり、北東側は富山湾、東側は庄川・小矢部川が流れる深緑と清らかな水に包まれた自然豊かな地域です。日本の渚百選に選ばれた雨…

    2017.06.15更新

  • 雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博士。故郷の石川県加賀市にある『中谷宇吉郎 雪の科学館』で、とっても奥深い“雪と氷の世界”を知ってみよう!

    ロータスな旅 > 北陸

    雪と氷の研究に生涯取り組んだ中谷宇吉郎博…

    「雪は天から送られた手紙である」。このフレーズを聞いたことがある人は多いでしょう。これは、雪や氷に関する研究で大きな業績を残した科学者、中谷宇吉郎博士〔1900…

    2019.11.21更新

  • ほたるいかミュージアム

    ロータスな旅 > 北陸

    ほたるいかミュージアム

    ホタルイカは全身が青白く光る、多くの謎につつまれた神秘的な生き物です。ホタルイカは春に生まれ、1年でその一生を終えます。日本海を中心に生息しており、日中は沖合の…

    2016.03.04更新

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

< 前のページへ戻る