ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の逸品・名品を展示。未来へ向けて漆文化を発信する「石川県輪島漆芸(しつげい)美術館」

2018年6月12日更新

ウルシの木から採取した樹液を天然樹脂塗料として使う漆塗り。日本では縄文時代から、この漆塗りの技法がありました。やがて、技術の発達とともに漆器は多様化し、富裕層から民衆まで広く普及することで産地が誕生します。
その一つが石川県輪島市です。輪島は、日本を代表する漆器「輪島塗」の産地であり、ハレの日を彩る高級漆器を産してきた歴史と文化を蓄積する匠の地として知られています。その輪島に、日本が誇る漆文化の魅力を発信する世界で唯一の漆芸(しつげい)専門美術館「石川県輪島漆芸美術館」があります。

石川県輪島漆芸美術館 外観
「石川県輪島漆芸美術館」は1991(平成3)年に、たくさんの人に漆芸への理解を深めてもらうとともに、未来に向けて新しい漆文化の発信基地を創ろうという目的で開館されました。正倉院の校倉造をイメージした建物は、吹き抜けの館内でゆったりと漆芸のすばらしさを体感できます。

石川県輪島漆芸美術館 エントランスホール
1階にはエントランスホールやミュージアムショップがあり、2階は展示室になっています。展示室では、常時全室で漆芸品を展示しています。約2ヵ月ごとに開催される企画展では多彩なテーマで漆芸の魅力を発信し、常設展「輪島塗の歴史と文化」では輪島塗の発展の歴史や製作工程などをわかりやすく解説していて、一般の方も漆の豊かな表現力や漆芸の可能性を感じることができます。

石川県輪島漆芸美術館 展示室①

石川県輪島漆芸美術館 展示室②
館のコレクションは、堅牢優美な塗りと沈金(ちんきん)や蒔絵(まきえ)によって一層華やかに彩られた歴史的な輪島塗の数々、重要無形文化財保持者(人間国宝)、日本芸術院会員をはじめとする国内の著名な作家による名品、アジアに広がる漆芸品にまで及びます。

沈金春愁文漆箱 / 前史雄作 / 平成元年(1989)第36回日本伝統工芸展

沈金春愁文漆箱 / 前史雄作 / 平成元年(1989)第36回日本伝統工芸展



平文富士光々之棚 / 大場松魚作 / 平成7年(1995)第42回日本伝統工芸展

平文富士光々之棚 / 大場松魚作 / 平成7年(1995)第42回日本伝統工芸展



アジア 花文キンマ供物器

アジア 花文キンマ供物器



展示だけでなく、「さわれるコーナー」で輪島塗の特徴を体感したり、映像コーナーで漆器の製作工程や漆芸作家の作品世界を鑑賞、図書コーナーで書籍を閲覧したりすることもできます。美術館にゆっくり滞在して漆の世界を心ゆくまで堪能すれば、輪島ならではの素敵な旅の思い出となるでしょう。

体験メニュー(沈金箸色付)

体験メニュー(沈金箸色付)



体験メニュー(蒔絵ストラップ)

体験メニュー(蒔絵ストラップ)

詳細情報

名称 石川県輪島漆芸美術館
住所 石川県輪島市水守町四十苅(みともりまち しじゅうがり)11番地
電話番号 0768-22-9788
開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 12月29日~31日、その他に展示替えによる臨時休館日あり
入館料 一般620円、高校生・大学生310円、小・中学生150円 
※団体割引料金あり ※障がい者無料設定あり
体験メニュー(1週間前までに要予約) ・沈金箸色付け  高校生以上1,300円、中学生以下1,000円(入館料含む)
・蒔絵ストラップ 高校生以上700円、中学生以下300円(入館料含む)
アクセス 【車】金沢市内から“のと里山海道”(無料)利用で約100分 
【電車+バス】JR金沢駅下車、北鉄奥能登バス(輪島特急)に約120分乗車し、道の駅・輪島ふらっと訪夢「輪島駅前」下車、徒歩15分
駐車場 42台(無料)
ホームページ http://www.city.wajima.ishikawa.jp/art/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 古から多くの人々を魅了してやまない絶景の海岸線。その眺望を心ゆくまで堪能できる展望デッキと展望カフェを備えた、“インスタ映え”間違いなしのオシャレな道の駅!『道の駅 雨晴(あまはらし)』

    ロータスな旅 > 北陸

    古から多くの人々を魅了してやまない絶景の…

    能登半島国定公園の一部で、「日本の渚百選」「白砂青松百選」「世界で最も美しい湾クラブ」などに選出され、美しい海岸として知られる富山県高岡市の『雨晴(あまはらし)…

    2019.01.29更新

  • 若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置された趣のある旅の拠点『道の駅 若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置さ…

    若狭から京都に至る多くの街道や峠道はさまざまな物資が往来しましたが、その中でも『鯖』が注目されたことから、これらの道を総称して『鯖街道』と呼ばれています。熊川宿…

    2017.06.15更新

  • まつやの「とり野菜みそ」

    ロータスな旅 > 北陸

    まつやの「とり野菜みそ」

    石川県で「鍋」といえば、“まつやの「とり野菜みそ」”と必ず名前が挙がるほど親しまれている味噌鍋。その歴史をさかのぼると、江戸時代にたどり着きます。北前船の廻船問…

    2016.04.08更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふが味わえる『道の駅上平 ささら館』(富山県)

    ロータスな旅 > 北陸

    岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふ…

    富山県の最南西端に位置する旧上平村(現南砺市)は、5つの谷(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)の合間に点在する山里『五箇山(ごかやま)』という名称で古くから…

    2017.01.16更新

< 前のページへ戻る