ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・甘エビ・寒ブリ……富山湾の海の幸が新湊港から直行で店頭に並ぶ!新湊フィッシャーマンズワーフ『新湊きっときと市場』

2019年8月20日更新

富山県のほぼ中央に位置する射水(いみず)市。新湊など沿海部では漁業が盛んで、豊富な魚介類が生息する富山湾から、春には『富山湾の宝石』と呼ばれる白エビやホタルイカ、夏にはバイ貝、秋にはズワイガニや甘エビ、冬には寒ブリなど、一年を通してさまざまな魚介類が水揚げされています。



そんな海の幸を豊富に取りそろえる海鮮市場が、新湊フィッシャーマンズワーフ『新湊きっときと市場』です。富山地方の方言で「新鮮」を意味する「きときと」を、思い切り強調して「きっときと」と名乗るほど、まさに生きの良さが自慢です。





中央に広い店舗を構えている『新湊鮮魚センター』は、網元と目利きの鮮魚商がコラボした“鮮魚ワールド”!獲れたばかりの鮮魚を購入するだけでなく、その場でお刺身に調理してもらい、館内の休憩スペースで食べることもできます。その他、干物や寿司、惣菜なども販売しています。





『海道屋』は、のりの佃煮の販売のほか、イカ焼き、タコ焼き、さらにはタイ焼きなども提供。白玉だんご入りで小倉あんのたっぷり入ったタイ焼きのほか、フルーツなどが入った白タイ焼きも人気です。

富山産のもち米を使ったおはぎや、ますずし・かまぼこ・するめ・お菓子などを扱う店も軒を連ねています。



『Cafe 7 luck』では、魚介のパスタやドリンク類などを提供。午前9時~11時はモーニングメニューも用意しています。



ゆっくり食事を楽しむなら『海鮮レストラン きっときと亭』へ。『白えびづくし御膳』(2000円、税抜)や『海鮮丼』、白えびとズワイガニの乗った『紅白丼』など、新鮮な魚介類を使ったメニューが豊富です。



『浜焼き 浜風』では、貝やエビ、魚、牛串などの網焼きが楽しめます。価格は、貝えび盛(3600円)、う!まいえび(800円)、牛串(500円)など。また、寿司や丼物も味わえます。いくらと白エビの載った丼と味噌汁・小鉢・漬物・ドリンクバー付きの『浜風おもてなし御膳』は2000円です。



『新湊きっときと市場』の周辺には、見どころがいっぱい。商船学校の練習船だった『帆船 海王丸』を中心とするエリア『海王丸パーク』や、ショップ、カフェを備えた『川の駅 新湊』など観光スポットが集まっています。

新湊漁港で午後1時から行われる『昼セリ』の見学もおすすめ。活気あふれる魚市場へ出向き、セリの様子を間近で見られる貴重な機会です。『新湊きっときと市場』で事前予約を受け付けているのでぜひ見学を!

詳細情報

名称 新湊きっときと市場
住所 富山県射水市海王町1番地
電話 0766-84-1233
営業時間 午前9時~午後5時(時期により異なる) ※『きっときと亭』午前11時~午後4時、『浜風』午前11時~午後3時30分
定休日 年中無休
アクセス 北陸自動車道小杉ICから約25分、能越自動車道高岡ICから約30分
駐車場 470台
ホームページ http://kittokito-ichiba.co.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 白えび亭/白えび屋

    ロータスな旅 > 北陸

    白えび亭/白えび屋

    北陸新幹線の開通で、首都圏からもぐんと近くなった富山。そんなタイミングだからこそ、うまい酒、うまい肴を求めて、ふらりと出かけてみたい富山があります。背には立山…

    2015.10.16更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 赤レンガ倉庫を観光施設にリニューアル。ありし日の敦賀の街を再現した日本最大級のジオラマがある!『敦賀赤レンガ倉庫』

    ロータスな旅 > 北陸

    赤レンガ倉庫を観光施設にリニューアル。あ…

    敦賀港の東側に並び建つ『敦賀赤レンガ倉庫』。1905(明治38)年、アメリカの石油会社が石油貯蔵用の倉庫として建設したもので、設計者が外国人技師だったためか、オ…

    2020.08.06更新

  • 縞模様の地層「年縞(ねんこう)」をテーマにした世界初の博物館「福井県年縞博物館」

    ロータスな旅 > 北陸

    縞模様の地層「年縞(ねんこう)」をテーマ…

    福井県・若狭湾国定公園内の国指定名勝「三方五湖(みかたごこ)」は、日向湖(ひるがこ)・久々子湖(くぐしこ)・菅湖(すがこ)・水月湖(すいげつこ)・三方湖(みかた…

    2023.08.17更新

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

  • 福井県越前市で30年以上も食されている、謎のご当地グルメ『ボルガライス』

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県越前市で30年以上も食されている、…

    福井県越前市で生まれたご当地グルメ『ボルガライス』をご存知でしょうか?越前市の武生地区では30年以上も前から食べられていたということですが、その名前の由来や発祥…

    2016.12.15更新

< 前のページへ戻る