ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

2017年11月9日更新

北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名も『日本自動車博物館』。20世紀に登場した日本車を中心に約500台の自動車を収集し、しかも使用可能な状態で展示してあるのです。

日本自動車博物館4
この博物館は、煉瓦やセメント、木材などの生産・販売のほか、多様な事業を展開した実業家の前田彰三氏(1930~2005)が、昭和の高度成長期にトラックなどの実用車が使い潰される風潮を良しとせず、それら実用車を中心に自動車を収集したコレクションを展示しています。
1978(昭和53)年、富山県小矢部市の元ブロック工場の跡地に、日本で最初の自動車博物館として開館し、1995年(平成7)年に現在の場所に、規模を拡大して移転しました。前田氏は自ら初代館長となり、「日本の自動車メーカーの歩みを一同に見渡せる」施設の充実を図り、その功によって亡くなる前年(2004)に『日本自動車殿堂』に列せられたのでした。

日本自動車博物館3
3,500坪の広大なスペースに、自動車産業黎明期の車から戦後の車まで、メーカーやジャンルごとにコーナーを設けて展示されています。たとえば、1階には『トヨタの広場』『フォードの広場』『大型トラック・バスの街』『オースチンの街』・・・、2階には『日産の広場』『プリンスの街』『シトロエンの街』『小型四輪・トラックの街』・・・、3階には『いすゞの広場』『日野の広場』『三輪トラックの街』『四駆の街』・・・などが設置されています。また2階に、特設コーナー・特別企画展『日本自動車殿堂歴史車展』として、日本自動車殿堂で歴史車として選ばれた12台の自動車が展示されています。

日本自動車博物館2
この館でしかお目にかかれないという銘車、希少車も多くあります。たとえば、館のコレクションで最も古い『ドデオンブートン(1899年)』、世界に1台しか現存しない『ベルリエ V‐G22(1922年)』、あるいは日本に1台という『ロールスロイス シルバーレイス(1948年)』、アメリカ車の初期を彩る『ロコモービル(1901年)』などには一種の風格を感じます。

日本自動車博物館1
また、実用車では、大蔵省印刷局で消防車として使われた『ダッジ(1936年)』、1930年代に日本陸軍が主力軍用トラックとして使用した『東京自動車工業94式6輪自動貨車(1937年)』、80型トラックシャシーにバスボディを載せた『日産80型セミキャブオーバー型乗り合いバス(1939年)』などや、小型四輪・トラックのジャンルでは、戦前に小型自動車で一時代を築いたオオタ自動車工業の 『オオタ KCトラック(1953年)』、現存するのはこの1台という『ダットサントラック14T型(1936年)』などがあります。
そして、昭和の国産自動車としては、『プリンススカイラインスポーツ』、『トヨタ 2000GT』、『コスモスポーツ』、『いすゞ 117クーペ 1800』など当時の若者たちの人気をさらった車や、360ccのライバルであった『スズキ フロンテ360』と『ホンダ N360』、軽オート三輪の『ダイハツ ミゼット』、あるいは国民車構想に応えて製造された『三菱500』など日本の軽自動車文化を生み出してきた車たちも並んでいます。

日本自動車博物館5

日本自動車博物館6

これまでに誕生した車には、それぞれに物語があった・・・そのことを思い起こさせてくれる博物館です。

詳細情報

名称 日本自動車博物館
住所 石川県小松市二ツ梨町一貫山40
電話番号 0761-43-4343
営業時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
定休日 年末(12月26日~12月31日)
料金 大人:1,000円、小人(小中学生):500円 ※割引などはホームページ参照のこと
アクセス 北陸自動車道加賀ICより約25分、小松ICより約20分 / JR小松駅・JR加賀温泉駅より車で15分 / 小松空港より車で20分
駐車場 乗用車200台、大型バス50台(無料)
ホームページ http://mmj-car.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置された趣のある旅の拠点『道の駅 若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置さ…

    若狭から京都に至る多くの街道や峠道はさまざまな物資が往来しましたが、その中でも『鯖』が注目されたことから、これらの道を総称して『鯖街道』と呼ばれています。熊川宿…

    2017.06.15更新

  • 白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・甘エビ・寒ブリ……富山湾の海の幸が新湊港から直行で店頭に並ぶ!新湊フィッシャーマンズワーフ『新湊きっときと市場』

    ロータスな旅 > 北陸

    白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・…

    富山県のほぼ中央に位置する射水(いみず)市。新湊など沿海部では漁業が盛んで、豊富な魚介類が生息する富山湾から、春には『富山湾の宝石』と呼ばれる白エビやホタルイカ…

    2019.08.20更新

  • まつやの「とり野菜みそ」

    ロータスな旅 > 北陸

    まつやの「とり野菜みそ」

    石川県で「鍋」といえば、“まつやの「とり野菜みそ」”と必ず名前が挙がるほど親しまれている味噌鍋。その歴史をさかのぼると、江戸時代にたどり着きます。北前船の廻船問…

    2016.04.08更新

  • 魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島でグルメ三昧!『道の駅 のとじま』

    ロータスな旅 > 北陸

    魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島…

    能登島(のとじま)は、石川県七尾市の七尾湾に浮かぶ島。周囲は71.9km、面積が46.78㎢で、能登半島と能登島大橋およびツインブリッジで結ばれています。能登半…

    2017.04.12更新

  • 岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふが味わえる『道の駅上平 ささら館』(富山県)

    ロータスな旅 > 北陸

    岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふ…

    富山県の最南西端に位置する旧上平村(現南砺市)は、5つの谷(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)の合間に点在する山里『五箇山(ごかやま)』という名称で古くから…

    2017.01.16更新

  • 世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の逸品・名品を展示。未来へ向けて漆文化を発信する「石川県輪島漆芸(しつげい)美術館」

    ロータスな旅 > 北陸

    世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の…

    ウルシの木から採取した樹液を天然樹脂塗料として使う漆塗り。日本では縄文時代から、この漆塗りの技法がありました。やがて、技術の発達とともに漆器は多様化し、富裕層か…

    2018.05.15更新

< 前のページへ戻る