ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

赤レンガ倉庫を観光施設にリニューアル。ありし日の敦賀の街を再現した日本最大級のジオラマがある!『敦賀赤レンガ倉庫』

2020年8月6日更新

敦賀港の東側に並び建つ『敦賀赤レンガ倉庫』。1905(明治38)年、アメリカの石油会社が石油貯蔵用の倉庫として建設したもので、設計者が外国人技師だったためか、オランダ製のレンガが使われています。



敦賀市は、日本海側で初めて鉄道が通った土地。また、かつて敦賀港駅には『欧亜国際連絡列車』(船車連絡列車)が発着し、ヨーロッパへ向かう船と連絡を図っていました。『敦賀赤レンガ倉庫』は、敦賀市が国際都市として栄えた時代を象徴する建物だと言えます。その後、歴史の波に洗われて、『敦賀赤レンガ倉庫』は軍の備品倉庫や昆布貯蔵庫などに使用されたこともありました。

そして、2009(平成21)年に、北棟・南棟・煉瓦塀が国の登録有形文化財に登録されました。さらに、誕生から110年を迎えた2015(平成27)年10月に、観光施設としてリニューアルオープン。現在、北棟が『ジオラマ館』、南棟が『レストラン館』となっています。



『ジオラマ館』では、明治後期から昭和初期にかけての敦賀のまちを再現。陸には蒸気機関車やディーゼル機関車などが走り、海には船が行き交い、ノスタルジックな風情を醸し出します。このジオラマを舞台に、毎時0分と30分に上映されるジオラマショー(上映時間10分)とショートムービー(上映時間5分)があるのでお見逃しなく。





ジオラマショー



ジオラマショー



ジオラマ館2階展望デッキ



見るだけではなく、ジオラマ内を走る列車を動かすことが出来る『体験運転』があります。

ジオラマの鉄道模型を自分の操作で走行させる事が出来る装置(マスター・コントローラー)が3ヶ所あり、受付で整理券(100円/3分)を購入して、運転体験をしてみましょう。

『ジオラマ館』には、オリジナルグッズなどが並ぶミュージアムショップも設置されています。

敦賀赤レンガ倉庫オリジナルマグネット



敦賀赤レンガ倉庫オリジナルビール



『レストラン館』には、3店が出店しています。

『赤れんがcafe』では、地元の牛乳や卵を使った『焼立てチーズタルト』や越前若狭名物の浜焼さばを使った『sabaサンド』などの軽食と飲み物、ソフトクリームなどを用意。イートインコーナーが備えられているほか、テイクアウトもOKです。

れんがタルト



ふくいプリン



『生け簀の甲羅』は、市場直送の新鮮な魚介を使ったメニューをそろえています。店内中央カウンターに囲まれた大型の生け簀に泳ぐ魚を、注文時にすくい、その場で調理してくれます。『甲羅丼』(2,030円)などが人気です。

生け簀の甲羅_甲羅丼



『Sogno-Poli(ソニョーポリ)』では、敦賀などで獲れる新鮮な魚介類、近郊農家が生産する野菜や果物、若狭牛や福井ポークなどを中心に、イタリアンベースの独自料理を提供。ランチメニューはパスタランチ(1,700円)やコースランチ(3,000円)、ディナーメニューはシェフのおまかせコース(5,000円)や今夜のごちそうコース(7,500円)などとなります。

ディナーコース料理



『レストラン館』に隣接する『オープンガーデン』は、出入りが自由。シンボルツリーのケヤキなど、さまざまな花や木を眺めながら散策できます。

オープンガーデン



敦賀という街に蓄積された歴史が感じられる、居心地の良いスポット。ドライブの休憩ポイントにもぴったりです。

詳細情報

名称 敦賀赤レンガ倉庫
住所 福井県敦賀市金ケ崎町4番1号
電話 0770-47-6612
開館時間 午前9時30分~午後10時 ※北棟(ジオラマ館)は午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
休館日 水曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日~1月2
北棟(ジオラマ館)利用料 一般400円、小学生以下200円、3歳未満無料
アクセス 北陸自動車道敦賀ICから約10分
駐車場 60台
ホームページ https://tsuruga-akarenga.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島でグルメ三昧!『道の駅 のとじま』

    ロータスな旅 > 北陸

    魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島…

    能登島(のとじま)は、石川県七尾市の七尾湾に浮かぶ島。周囲は71.9km、面積が46.78㎢で、能登半島と能登島大橋およびツインブリッジで結ばれています。能登半…

    2017.04.12更新

  • まつやの「とり野菜みそ」

    ロータスな旅 > 北陸

    まつやの「とり野菜みそ」

    石川県で「鍋」といえば、“まつやの「とり野菜みそ」”と必ず名前が挙がるほど親しまれている味噌鍋。その歴史をさかのぼると、江戸時代にたどり着きます。北前船の廻船問…

    2016.04.08更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 白えび亭/白えび屋

    ロータスな旅 > 北陸

    白えび亭/白えび屋

    北陸新幹線の開通で、首都圏からもぐんと近くなった富山。そんなタイミングだからこそ、うまい酒、うまい肴を求めて、ふらりと出かけてみたい富山があります。背には立山…

    2015.10.16更新

  • 若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置された趣のある旅の拠点『道の駅 若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置さ…

    若狭から京都に至る多くの街道や峠道はさまざまな物資が往来しましたが、その中でも『鯖』が注目されたことから、これらの道を総称して『鯖街道』と呼ばれています。熊川宿…

    2017.06.15更新

  • 福井県立恐竜博物館

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県立恐竜博物館

    福井県勝山市では、日本の恐竜化石の大部分を占める恐竜化石が発見されています。その恐竜化石の一大産地である勝山市に建てられた世界有数の博物館が福井県立恐竜博物館で…

    2015.10.16更新

< 前のページへ戻る