ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

福井県越前市で30年以上も食されている、謎のご当地グルメ『ボルガライス』

2016年12月15日更新

福井県越前市で生まれたご当地グルメ『ボルガライス』をご存知でしょうか?越前市の武生地区では30年以上も前から食べられていたということですが、その名前の由来や発祥のお店などが不明で、さらには統一レシピも存在しないという謎に包まれた洋食がボルガライスです。
日本ボルガラー協会からは「ライス・たまご・トンカツ・お店のこだわりソース(カレーは除く)が重なり合った絶品グルメ!!」と紹介されていますが、多くのボルガライスはオムライスの上にカツ、そしてその上から各店オリジナルのソースがかかっています。このソースは、ドミグラスソース、トマトソース、中華風あんかけなどはOKですが、「カレーはダメ」ということで、これもが「ボルガライス」の謎を深めています。
見た目は個性的かつボリューム満点なメニューですが、越前市内で「ボルガライス」をメニューに入れているお店は増え続けていて、今では越前市だけでなく、福井県全域で見かけると言われています。
2013年1月22日から同年2月4日までの期間限定でサークルKサンクスで全国発売された時には、越前市出身の漫画家池上遼一さんが描いたボルガライスをPRするポスターのキャラクターがパッケージに用いられました。

伊万里1

伊万里(外観)

カフェド伊万里
ボルガライス 800円
住所   福井県越前市新保2-2-2
営業時間 8:00~19:00
定休日  水曜日
電話   0778-23-4845
駐車場  10台程度
最寄駅  福井鉄道「北府駅」から徒歩約15分

 

ヨコガワ分店1
ヨコガワ分店
ボルガライス 900円
住所   福井県越前市京町1-4-35
営業時間 11:30~23:00
定休日  火曜日
電話   0778-22-7172
駐車場  10台程度
最寄駅 :福井鉄道「越前武生駅」から徒歩約9分
JR「武生駅」から徒歩約6分

 

ジャムハウス1

ジャムハウス

ジャムハウス
ボルガライス 840円
住所   福井県越前市芝原5-20-24
営業時間 <平日>11:30~14:00/17:00~00:00
<土日祝>11:30~00:00
定休日  月曜日(祝日営業)
電話   0778- 23-5960
駐車場  4台程度
最寄駅 :福井鉄道「家久駅」から徒歩約9分

 

洋食のいし川2

洋食のいし川
洋食のいし川
ボルガライス 900円
住所   福井県越前市桂町8-15
営業時間 11:30~14:00、15:30~21:30
定休日  火曜日
電話   0778-24-1458
駐車場  3台程度
最寄駅  福井鉄道「越前武生駅」から徒歩約7分
JR「武生駅」から徒歩約11分

 

詳細情報

名称 日本ボルガラー協会
ホームページ http://volga-rice.jimdo.com/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 福井県立恐竜博物館

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県立恐竜博物館

    福井県勝山市では、日本の恐竜化石の大部分を占める恐竜化石が発見されています。その恐竜化石の一大産地である勝山市に建てられた世界有数の博物館が福井県立恐竜博物館で…

    2015.10.16更新

  • 若狭湾のリアス式海岸の中を走り、中間点の山頂公園では絶景のパノラマビューを楽しむ!『三方五湖(みかたごこ)有料道路レインボーライン』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭湾のリアス式海岸の中を走り、中間点の…

    福井県若狭町は若狭湾国定公園の中心部にあって、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された『三方五湖(みかたごこ)』、全国名水百選『瓜割の滝(うりわり…

    2017.08.29更新

  • 赤レンガ倉庫を観光施設にリニューアル。ありし日の敦賀の街を再現した日本最大級のジオラマがある!『敦賀赤レンガ倉庫』

    ロータスな旅 > 北陸

    赤レンガ倉庫を観光施設にリニューアル。あ…

    敦賀港の東側に並び建つ『敦賀赤レンガ倉庫』。1905(明治38)年、アメリカの石油会社が石油貯蔵用の倉庫として建設したもので、設計者が外国人技師だったためか、オ…

    2020.08.06更新

  • これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩れない堅さが特長の『五箇山(ごかやま)豆腐』を今に伝える『とうふ工房 喜平商店』

    ロータスな旅 > 北陸

    これぞ豆腐本来の姿!縄でしばっても形が崩…

    富山県南砺市の山間に位置する『五箇山(ごかやま)』は、どこか懐かしい昔ながらの風景が色濃く残る地域。重厚な合掌造りの家々が建ち並ぶ、全国でも希少なエリアで、19…

    2020.08.06更新

  • まつやの「とり野菜みそ」

    ロータスな旅 > 北陸

    まつやの「とり野菜みそ」

    石川県で「鍋」といえば、“まつやの「とり野菜みそ」”と必ず名前が挙がるほど親しまれている味噌鍋。その歴史をさかのぼると、江戸時代にたどり着きます。北前船の廻船問…

    2016.04.08更新

  • 江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬売り」の歴史と文化をわかりやすく紹介する『広貫堂資料館(こうかんどうしりょうかん)』

    ロータスな旅 > 北陸

    江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬…

    富山は“薬都”ともいわれる、薬の街です。江戸時代初期、富山藩二代藩主・前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけで…

    2018.03.13更新

< 前のページへ戻る