ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

戦国時代の城下町を実体験できる「一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並(ふくげんまちなみ)」

2024年6月13日更新

福井市の中心部から約10㎞離れた場所にある「一乗谷(いちじょうだに)・朝倉氏遺跡」。戦国時代に越前国を支配した大名・朝倉氏の遺跡で、標高473mの山に築城された一乗谷城と、その山裾に広がる城下町跡で構成されています。城下町跡は、「復原町並」(ふくげんまちなみ)として整備され、当時の様子を今に伝えています。

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並【5段目】一乗谷空撮 (5464×3640)

では、復原町並は、一体どのように誕生したのでしょう。

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並3

5代103年にわたり栄華を極めた大名・朝倉氏でしたが、1573(天正1)年、織田信長との合戦「一乗谷城の戦い」(刀根坂の戦い)に敗れ、滅亡。城下町は燃やされた後、長い年月をかけて、田畑や土砂の下に埋もれていってしまいます。そして400年以上が過ぎたころのこと。大規模な農地整備のために土を掘り起こすと、地中からさまざまな遺物が見つかったのです。

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並6

1967(昭和42)年に発掘が開始されると、武家屋敷や寺院、町屋、庭園など、城下町の跡が次々に出現。ガラス容器や将棋の駒など、当時使われていた品々も多数出土しました。

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並5

1995(平成7)年には、調査資料を基に、約200mにわたり当時の城下町を再現した「復原町並」が完成しました。屋敷や町屋の中には、人形が配置されていて、当時の風景をよみがえらせています(復原町並への入場は有料です)。

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並2

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並4

復原町並の大きな特徴の一つが、道の造り。道を絶妙に曲げることで、攻めてきた敵からは見えにくい一方、こちら側からはよく見える「遠見遮断方式」という防護策が取り入れられています。実際に道に立って、確認してみてはいかがでしょうか。

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並1

遺跡と併せて訪れたいのが、遺跡から車で約4分のところにある「一乗谷朝倉氏遺跡博物館」。2022(令和4)年10月1日にオープンした施設で、映像やジオラマで朝倉氏の歴史を紹介しているほか、数多くの出土品の展示や5代当主が暮らした「朝倉館」の一部再現など、見応えがあります。入館料は、一般700円、高校生400円、小・中学生200円、70歳以上は350円。基本的に休館日は毎週月曜日と年末年始です。(※特別企画展で展示替えによる休刊がある場合があります)

一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並【3段目】外観11(3543×2363)

一乗谷朝倉氏遺跡博物館



一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並【5段目】基本展示室(5464×3640)

展示室



一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並【4段目】城下町ジオラマ(8640×5760)

城下町ジオラマ



一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並【4段目】朝倉館原寸再現①(8640×5760)

朝倉館原寸再現



国から特別史跡・特別名勝・重要文化財と、3つの指定を受けている「一乗谷・朝倉氏遺跡」。全国的にも貴重な遺跡を見に行ってみませんか。

詳細情報

名称 一乗谷・朝倉氏遺跡 復原町並
住所 福井県福井市城戸ノ内町
電話 朝倉氏遺跡保存協会 0776-41-2330
開場時間 午前9時~午後5時 ※入場は午後4時30分まで
定休日 年末年始 ※特別企画展展示替えで休刊になる場合があります
入場料 原町並 一般330円、70歳以上100円、小中学生100円
駐車場 150台
アクセス 北陸自動車道福井ICから約10分
ホームページ http://www3.fctv.ne.jp/~asakura/index.html
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 近江町市場

    ロータスな旅 > 北陸

    近江町市場

    1721(亨保6)年から加賀藩前田家の御膳所となった近江町市場は、「同時に庶民の台所」として、300年近くもの間、金沢の人々の生活を支えてきました。市場内の路…

    2015.10.16更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の逸品・名品を展示。未来へ向けて漆文化を発信する「石川県輪島漆芸(しつげい)美術館」

    ロータスな旅 > 北陸

    世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の…

    ウルシの木から採取した樹液を天然樹脂塗料として使う漆塗り。日本では縄文時代から、この漆塗りの技法がありました。やがて、技術の発達とともに漆器は多様化し、富裕層か…

    2018.05.15更新

  • 日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺会社直営店で味わおう!『ばち麺コロッケ』も好評!『うどん茶屋 海津屋』

    ロータスな旅 > 北陸

    日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺…

    富山県氷見市の『氷見(ひみ)うどん』は、香川県の『讃岐うどん』、秋田県の『稲庭うどん』と並び、日本三大うどんの一つに挙げられることもある、ご当地グルメです。室町…

    2020.11.26更新

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • 福井県越前市で30年以上も食されている、謎のご当地グルメ『ボルガライス』

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県越前市で30年以上も食されている、…

    福井県越前市で生まれたご当地グルメ『ボルガライス』をご存知でしょうか?越前市の武生地区では30年以上も前から食べられていたということですが、その名前の由来や発祥…

    2016.12.15更新

< 前のページへ戻る