ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺会社直営店で味わおう!『ばち麺コロッケ』も好評!『うどん茶屋 海津屋』

2020年11月26日更新

富山県氷見市の『氷見(ひみ)うどん』は、香川県の『讃岐うどん』、秋田県の『稲庭うどん』と並び、日本三大うどんの一つに挙げられることもある、ご当地グルメです。室町時代に始まった、輪島(石川県)のそうめん作りがルーツと言われていて、手延べと手打ちを組み合わせた製法が用いられています。

氷見うどん(うどん茶屋海津屋『かけうどん』)



手延べは、手で延ばした後、生地を2本の棒にかけ、手作業で麺の幅まで細くしていく製法。一方の手打ちは、生地をこねて延ばした後、包丁で切って麺を作ります。

海津屋うどん茶屋



『氷見うどん』作りでは、まず手打ちうどんのように生地を手で練り上げたり、足で踏んだりする作業を行います。これを繰り返すことによって、粘りや弾力、コシのある麺に仕上がるのです。生地が出来上がったら、手作業で何度も細く引き延ばします。この工程では、一般的に油が使われることが多いのですが、麺そのものの風味や旨味を残すため、『氷見うどん』では使用しません。こうして、手間暇をかけ、しっかりとした食べ応えとなめらかな食感を併せ持った麺が生み出されます。

海津屋うどん茶屋



海津屋うどん茶屋



『うどん茶屋 海津屋』は、1975(昭和50)年創業の製麺会社『海津屋』に隣接している直営店。店内には、テーブル席、カウンター席のほか、座敷(掘りごたつ)も用意されています。



伝統の製法から生み出されるうどんは、しっかりコシがあり、ツルツルとのど越しがいいのが特徴。温かくしても冷たくしても、それぞれに美味しい逸品です。



メニューは、冷たい『ざるうどん』(670円 ※税込み、以下同様)、『かき揚げざるうどん』(940円)、『海老天ぷらざるうどん』(1310円)から、温かい『かけうどん』(560円)、『きざみ揚げうどん』(720円)、『肉うどん』(920円)、『海老天ぷらうどん』(1200円)などまでさまざま。平日限定で、『釜揚げうどん』(770円)も登場します。

海老天ぷらざるうどん



きざみ揚げうどん



かき揚げうどん



また、上記の細麺のほか、太麺の『鍋焼きうどん』(930円)、『カレーうどん』(900円)もあります。

鍋焼きうどん



一品料理で注目なのは、『ばち麺コロッケ』(2個300円)。細麺の切れ端『ばち麺』を使ったクリームコロッケで、他ではなかなか食べられないメニューです。

ばち麺コロッケ



お土産として氷見うどんを持ち帰り、自宅でも味わえるように、敷地内では乾麺の販売店が営業(午前9時~午後6時)しています。細麺、太麺のほか、ヨモギや昆布、古代米、もち米を使った珍しい麺もあり、あれこれ買って食べ比べしてみるのも面白そうです。

詳細情報

名称 うどん茶屋 海津屋
住所 富山県氷見市上泉20番地
電話 0766-92-7878
営業時間 午前11時~午後3時
定休日 木曜日、年始
駐車場 15台
アクセス 能越自動車道高岡北ICから約10分
ホームページ https://www.kaizuya.co.jp/kaizuya
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 福井県越前市で30年以上も食されている、謎のご当地グルメ『ボルガライス』

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県越前市で30年以上も食されている、…

    福井県越前市で生まれたご当地グルメ『ボルガライス』をご存知でしょうか?越前市の武生地区では30年以上も前から食べられていたということですが、その名前の由来や発祥…

    2016.12.15更新

  • 加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象徴的な建造物を昔ながらの工法で復元。充実のお城めぐりが楽しめる!『金沢城公園』

    ロータスな旅 > 北陸

    加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象…

    金沢の観光名所と言えば、国の特別名勝『兼六園』が有名ですが、その兼六園に隣接する新しい観光スポット『金沢城公園』も忘れることができません。1583(天正11)年…

    2019.05.28更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

  • 江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬売り」の歴史と文化をわかりやすく紹介する『広貫堂資料館(こうかんどうしりょうかん)』

    ロータスな旅 > 北陸

    江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬…

    富山は“薬都”ともいわれる、薬の街です。江戸時代初期、富山藩二代藩主・前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけで…

    2018.03.13更新

< 前のページへ戻る