ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

敦賀にて北陸道の安全をお護りくださる「氣比神宮(けひじんぐう)」

2016年5月13日更新

氣比神宮(けひじんぐう)は、大宝2(702)年の建立と伝えられる越前国一の宮です。地元では親しみをこめて「けいさん」と呼ばれています。七柱のご祭神をまつる北陸道の総鎮守で、主祭神の伊奢沙別命(いざさわけのみこと)は、農漁業をはじめ衣食住の生活全般を護り、海上交通および陸上の交通安全をつかさどる神として崇められてきました。

氣比神宮は、古代~中世には盛んな勢力を有していましたが、戦国時代に朝倉氏の滅亡とともに衰退します。その後、1614(慶長19)年に福井藩藩主となった結城秀康の援助を受け復興しました。

主要社殿は1945(昭和20)年の空襲で焼失したため、いずれも戦後に再建されたものです。本殿(本宮)は1950(昭和25)年の再建で、南面して鎮座しています。本殿に接続する内拝殿・外拝殿は、1982(昭和57)年以降の「昭和の大造営」による再建です。本殿の周囲には東殿宮(本殿の東)・総社宮(東北)・平殿宮(西北)・西殿宮(西)が建てられ、「四社の宮(ししゃのみや)」と総称されています(四社の宮はいずれも平成に入っての再建社殿)。

国の重要文化財に指定されている大鳥居は、寛永年間に旧神領地であった佐渡から伐採・奉納された榁樹(むろのき)を使い、1645(正保2)年に建立されたたものです。高さ10.93m、主柱間7.45m。木造としては「広島・厳島神社」「奈良・春日大社」と並ぶ「日本三大木造大鳥居」の一つに数えられています。

1689(元禄2)年の旧暦8月(現在の9月終わり頃)に松尾芭蕉が訪れ、氣比神宮に参拝し、「月清し遊行の持てる砂の上」の句を残しました。現在では、境内に松尾芭蕉像と句碑があります。

kehijingu_3l

キャプチャ2map

詳細情報

名称 氣比神宮
住所 福井県敦賀市曙町11-68
電話番号 0770-22-0794
開門時間 午前6時~午後5時
ご祈願受付時間 午前9時~午後4時
アクセス 北陸自動車道敦賀ICから車で約10分
駐車場 乗用車約60台、大型バス約10台
ホームページ http://kehijingu.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の逸品・名品を展示。未来へ向けて漆文化を発信する「石川県輪島漆芸(しつげい)美術館」

    ロータスな旅 > 北陸

    世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の…

    ウルシの木から採取した樹液を天然樹脂塗料として使う漆塗り。日本では縄文時代から、この漆塗りの技法がありました。やがて、技術の発達とともに漆器は多様化し、富裕層か…

    2018.05.15更新

  • 近江町市場

    ロータスな旅 > 北陸

    近江町市場

    1721(亨保6)年から加賀藩前田家の御膳所となった近江町市場は、「同時に庶民の台所」として、300年近くもの間、金沢の人々の生活を支えてきました。市場内の路…

    2015.10.16更新

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

  • 若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置された趣のある旅の拠点『道の駅 若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置さ…

    若狭から京都に至る多くの街道や峠道はさまざまな物資が往来しましたが、その中でも『鯖』が注目されたことから、これらの道を総称して『鯖街道』と呼ばれています。熊川宿…

    2017.06.15更新

  • 江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬売り」の歴史と文化をわかりやすく紹介する『広貫堂資料館(こうかんどうしりょうかん)』

    ロータスな旅 > 北陸

    江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬…

    富山は“薬都”ともいわれる、薬の街です。江戸時代初期、富山藩二代藩主・前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけで…

    2018.03.13更新

< 前のページへ戻る