ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

まつやの「とり野菜みそ」

2016年4月8日更新

石川県で「鍋」といえば、“まつやの「とり野菜みそ」”と必ず名前が挙がるほど親しまれている味噌鍋。その歴史をさかのぼると、江戸時代にたどり着きます。北前船の廻船問屋を営んでいた「まつや」初代当主の松屋和平さんが、長く過酷な航海だった北前船の運航を担う船乗りたちに、船上で栄養価の高い食事を摂らせることが必要と考え、当主自ら考案し、調合した味噌が始まりなのだそうです。その味噌を使い、魚や野菜を入れて鍋で煮込んだところ、不足しがちな野菜もたっぷり摂れ、栄養のバランスも良く、船乗りたちにも大いに好評だったようです。ちなみに、商品名の「とり野菜みそ」の「とり」は鶏肉の意ではなく、野菜や栄養を「摂る」という意味からきている言葉なのだとか(もちろん、鶏肉との相性はバツグンですが…)。

1963(昭和39)年、現在の「レストランまつや」創業にあたって、自家に伝わる鍋料理を「とり野菜みそ」と命名してメニューに加えたところ、味噌だしがおいしいと大好評。やがて、「家庭でもこの味を楽しみたい」との声に応え、「とり野菜みそ」をパッケージにして、スーパーマーケットなどで販売するようになり、石川県民に親しまれるようになったのです。

@pho とり野菜みそ鍋_レストラン用

とり野菜みそ200g袋 15.07

「レストランまつや」で味わう「とり野菜みそ」

「レストランまつや」では、秘伝の「とり野菜みそ」を使ったメニューがいくつもあります。定番の「とり野菜」は、鶏肉と白菜、人参のシンプルな鍋で、「コクのあるみそ味がクセになる」と評判です。〆には、残ったスープにご飯やうどんを入れて食べるのが定番。そのほか、「豚野菜」「牛野菜」「もつ鍋」などもあります。

画像 011

3D6U8313

詳細情報

店舗 レストランまつや
住所 石川県かほく市木津ハ14番地の2
電話番号 076-285-0095
営業時間 平 日/午前11時~午後3時
土日祝/午前11時~午後9時
定休日 月曜日(祭日の場合は火曜日)
アクセス 北陸自動車道金沢森本ICから国道159号で約22km
駐車場 30台収容
ホームページ http://toriyasaimiso.jp/
その他 とり野菜みそオンラインショップ
「とり野菜みそ」商品を取り寄せて、家庭で楽しみたいという方はこちらから、どうぞ!
http://www2.enekoshop.jp/shop/toriyasaimiso/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象徴的な建造物を昔ながらの工法で復元。充実のお城めぐりが楽しめる!『金沢城公園』

    ロータスな旅 > 北陸

    加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象…

    金沢の観光名所と言えば、国の特別名勝『兼六園』が有名ですが、その兼六園に隣接する新しい観光スポット『金沢城公園』も忘れることができません。1583(天正11)年…

    2019.05.28更新

  • 敦賀にて北陸道の安全をお護りくださる「氣比神宮(けひじんぐう)」

    ロータスな旅 > 北陸

    敦賀にて北陸道の安全をお護りくださる「氣…

    氣比神宮(けひじんぐう)は、大宝2(702)年の建立と伝えられる越前国一の宮です。地元では親しみをこめて「けいさん」と呼ばれています。七柱のご祭神をまつる北陸道…

    2016.05.13更新

  • 加賀藩120万石の威勢を感じる江戸初期の代表的な禅寺、国宝『高岡山 瑞龍寺(ずいりゅうじ)』

    ロータスな旅 > 北陸

    加賀藩120万石の威勢を感じる江戸初期の…

    富山県高岡市は西側は西山丘陵や二上山が連なり、北東側は富山湾、東側は庄川・小矢部川が流れる深緑と清らかな水に包まれた自然豊かな地域です。日本の渚百選に選ばれた雨…

    2017.06.15更新

  • 白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・甘エビ・寒ブリ……富山湾の海の幸が新湊港から直行で店頭に並ぶ!新湊フィッシャーマンズワーフ『新湊きっときと市場』

    ロータスな旅 > 北陸

    白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・…

    富山県のほぼ中央に位置する射水(いみず)市。新湊など沿海部では漁業が盛んで、豊富な魚介類が生息する富山湾から、春には『富山湾の宝石』と呼ばれる白エビやホタルイカ…

    2019.08.20更新

  • 江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬売り」の歴史と文化をわかりやすく紹介する『広貫堂資料館(こうかんどうしりょうかん)』

    ロータスな旅 > 北陸

    江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬…

    富山は“薬都”ともいわれる、薬の街です。江戸時代初期、富山藩二代藩主・前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけで…

    2018.03.13更新

  • 若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置された趣のある旅の拠点『道の駅 若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置さ…

    若狭から京都に至る多くの街道や峠道はさまざまな物資が往来しましたが、その中でも『鯖』が注目されたことから、これらの道を総称して『鯖街道』と呼ばれています。熊川宿…

    2017.06.15更新

< 前のページへ戻る