ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

有名人めがねコレクションを見て、自分でめがねを手作り!日本の“めがねの産地”福井県鯖江市にある『めがねミュージアム』

2019年7月9日更新

あなたはめがねをかけていますか?最近、めがねは『アイウェア』とも呼ばれ、ファッションアイテムとしても使用されています。福井・鯖江は、国内産メガネフレームの9割のシェアを誇る、めがねの産地。そして、この地にはめがねのことなら何でも分かる『めがねミュージアム』があります。しかも、入館料は無料です。



めがねミュージアムは、『めがね博物館』『めがねshop』『体験工房』などから構成されています。



『めがね博物館』は、100年以上続くめがね作りの歴史などを紹介。めがねが発明されたのは13世紀頃で、日本には1500年代に伝えられたのだとか(伝えたのは、宣教師のフランシスコ・ザビエルだという説もあります)。めがね博物館には、100年以上も前の生産現場の様子が再現されていたり、江戸時代から昭和にかけてのめがねの形の変遷などが展示・説明されています。また、“めがね大使”となっている喜劇俳優の大村崑さんが集めた、『有名人めがねコレクション』(美空ひばりさんや石原裕次郎さんなど著名人が愛用しためがね)の展示も見ることができます。

道具



めがねの形の変遷



『めがねshop』は、福井県産のめがねフレームを3000本以上揃えています。たくさんあって迷っても、大丈夫。認定眼鏡士の資格を持つスタッフが、丁寧にめがね選びをサポートしてくれます。また、店頭販売だけではなく、オーダーメードやめがねの修理にも対応しています。

めがねショップ



『体験工房』では、10歳以上を対象にした『めがね型ストラップ作り』(予約優先・料金500円※2019年10月1日より800円に価格改定の予定です)のほか、なんと本物のめがねを作る『めがね手作り教室』(完全予約制)も実施。料金は、1日かけて作り上げる通常コースが18900円から※2019年8月1日より22,000円に価格改定の予定です。また、一部の製作を職人にお任せする時短コース(通常コース料金にプラス3240円)も用意されています。

体験工房





お土産を買うなら『Sabae Sweets』へ。鯖江市内にある製菓店のお菓子が並びます。『メガネスイーツ』(1728円、税込、以下同様)、『眼鏡堅パン』(単品216円)、『めがね焼』(単品118円)など、めがね形のユニークなスイーツが充実しています。お菓子以外にも、めがねケースやめがね拭きはもちろん、めがねの加工技術を存分に生かして作られたルーペやネックレス、ピアスなどの製品も取り扱っています。

めがね型ストラップ



ゆっくりくつろぎたいときは、『MUSEUM CAFE』へ行きましょう。自家焙煎のホットコーヒー(400円)、紅茶(450円)、オレンジジュース(350円)、各種ケーキ(350円)などメニューは豊富。好きなケーキとドリンクが選べる『ケーキセット』(700円)もあります。

“めがね”という一つのアイテムから、いろいろな楽しみを提供する『めがねミュージアム』。福井をドライブするなら、ぜひ立ち寄ってみてください!

詳細情報

名称 めがねミュージアム
住所 福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
電話 0778-42-8311
開館時間 【めがねshop】午前10時~午後7時、【体験工房・めがね博物館・Sabae Sweets】午前10時~午後5時、【MUSEUM CAFE】午前10時~午後4時
休館日 年末年始
アクセス 北陸道鯖江ICから約2分
駐車場 50台
ホームページ https://www.megane.gr.jp/museum/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 若狭湾のリアス式海岸の中を走り、中間点の山頂公園では絶景のパノラマビューを楽しむ!『三方五湖(みかたごこ)有料道路レインボーライン』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭湾のリアス式海岸の中を走り、中間点の…

    福井県若狭町は若狭湾国定公園の中心部にあって、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された『三方五湖(みかたごこ)』、全国名水百選『瓜割の滝(うりわり…

    2017.08.29更新

  • 敦賀にて北陸道の安全をお護りくださる「氣比神宮(けひじんぐう)」

    ロータスな旅 > 北陸

    敦賀にて北陸道の安全をお護りくださる「氣…

    氣比神宮(けひじんぐう)は、大宝2(702)年の建立と伝えられる越前国一の宮です。地元では親しみをこめて「けいさん」と呼ばれています。七柱のご祭神をまつる北陸道…

    2016.05.13更新

  • 世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の逸品・名品を展示。未来へ向けて漆文化を発信する「石川県輪島漆芸(しつげい)美術館」

    ロータスな旅 > 北陸

    世界に誇る日本の漆塗ブランド「輪島塗」の…

    ウルシの木から採取した樹液を天然樹脂塗料として使う漆塗り。日本では縄文時代から、この漆塗りの技法がありました。やがて、技術の発達とともに漆器は多様化し、富裕層か…

    2018.05.15更新

  • 江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬売り」の歴史と文化をわかりやすく紹介する『広貫堂資料館(こうかんどうしりょうかん)』

    ロータスな旅 > 北陸

    江戸時代初期に端を発する、「越中富山の薬…

    富山は“薬都”ともいわれる、薬の街です。江戸時代初期、富山藩二代藩主・前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけで…

    2018.03.13更新

  • 『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べジブロスを使った料理に、ジェラート世界チャンピオンのお店など…能登半島の“のど”にある話題満載の『道の駅 のと千里浜』

    ロータスな旅 > 北陸

    『のとしし』ブランドや『農菓おやつ』、べ…

    日本海に大きく伸びる能登半島。その“のど”部分に位置する羽咋(はくい)市に、2017年(平成29)年7月にオープンした道の駅が、『道の駅のと千里浜』です。場…

    2018.08.07更新

  • 岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふが味わえる『道の駅上平 ささら館』(富山県)

    ロータスな旅 > 北陸

    岩魚のにぎり寿司、山菜そばや五箇山とうふ…

    富山県の最南西端に位置する旧上平村(現南砺市)は、5つの谷(赤尾谷・上梨谷・下梨谷・小谷・利賀谷)の合間に点在する山里『五箇山(ごかやま)』という名称で古くから…

    2017.01.16更新

< 前のページへ戻る