ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

有名人めがねコレクションを見て、自分でめがねを手作り!日本の“めがねの産地”福井県鯖江市にある『めがねミュージアム』

2019年7月9日更新

あなたはめがねをかけていますか?最近、めがねは『アイウェア』とも呼ばれ、ファッションアイテムとしても使用されています。福井・鯖江は、国内産メガネフレームの9割のシェアを誇る、めがねの産地。そして、この地にはめがねのことなら何でも分かる『めがねミュージアム』があります。しかも、入館料は無料です。



めがねミュージアムは、『めがね博物館』『めがねshop』『体験工房』などから構成されています。



『めがね博物館』は、100年以上続くめがね作りの歴史などを紹介。めがねが発明されたのは13世紀頃で、日本には1500年代に伝えられたのだとか(伝えたのは、宣教師のフランシスコ・ザビエルだという説もあります)。めがね博物館には、100年以上も前の生産現場の様子が再現されていたり、江戸時代から昭和にかけてのめがねの形の変遷などが展示・説明されています。また、“めがね大使”となっている喜劇俳優の大村崑さんが集めた、『有名人めがねコレクション』(美空ひばりさんや石原裕次郎さんなど著名人が愛用しためがね)の展示も見ることができます。

道具



めがねの形の変遷



『めがねshop』は、福井県産のめがねフレームを3000本以上揃えています。たくさんあって迷っても、大丈夫。認定眼鏡士の資格を持つスタッフが、丁寧にめがね選びをサポートしてくれます。また、店頭販売だけではなく、オーダーメードやめがねの修理にも対応しています。

めがねショップ



『体験工房』では、10歳以上を対象にした『めがね型ストラップ作り』(予約優先・料金500円※2019年10月1日より800円に価格改定の予定です)のほか、なんと本物のめがねを作る『めがね手作り教室』(完全予約制)も実施。料金は、1日かけて作り上げる通常コースが18900円から※2019年8月1日より22,000円に価格改定の予定です。また、一部の製作を職人にお任せする時短コース(通常コース料金にプラス3240円)も用意されています。

体験工房





お土産を買うなら『Sabae Sweets』へ。鯖江市内にある製菓店のお菓子が並びます。『メガネスイーツ』(1728円、税込、以下同様)、『眼鏡堅パン』(単品216円)、『めがね焼』(単品118円)など、めがね形のユニークなスイーツが充実しています。お菓子以外にも、めがねケースやめがね拭きはもちろん、めがねの加工技術を存分に生かして作られたルーペやネックレス、ピアスなどの製品も取り扱っています。

めがね型ストラップ



ゆっくりくつろぎたいときは、『MUSEUM CAFE』へ行きましょう。自家焙煎のホットコーヒー(400円)、紅茶(450円)、オレンジジュース(350円)、各種ケーキ(350円)などメニューは豊富。好きなケーキとドリンクが選べる『ケーキセット』(700円)もあります。

“めがね”という一つのアイテムから、いろいろな楽しみを提供する『めがねミュージアム』。福井をドライブするなら、ぜひ立ち寄ってみてください!

詳細情報

名称 めがねミュージアム
住所 福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館
電話 0778-42-8311
開館時間 【めがねshop】午前10時~午後7時、【体験工房・めがね博物館・Sabae Sweets】午前10時~午後5時、【MUSEUM CAFE】午前10時~午後4時
休館日 年末年始
アクセス 北陸道鯖江ICから約2分
駐車場 50台
ホームページ https://www.megane.gr.jp/museum/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象徴的な建造物を昔ながらの工法で復元。充実のお城めぐりが楽しめる!『金沢城公園』

    ロータスな旅 > 北陸

    加賀百万石前田家の居城跡に、往時を偲ぶ象…

    金沢の観光名所と言えば、国の特別名勝『兼六園』が有名ですが、その兼六園に隣接する新しい観光スポット『金沢城公園』も忘れることができません。1583(天正11)年…

    2019.05.28更新

  • 白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・甘エビ・寒ブリ……富山湾の海の幸が新湊港から直行で店頭に並ぶ!新湊フィッシャーマンズワーフ『新湊きっときと市場』

    ロータスな旅 > 北陸

    白エビ・ホタルイカ・バイ貝・ズワイガニ・…

    富山県のほぼ中央に位置する射水(いみず)市。新湊など沿海部では漁業が盛んで、豊富な魚介類が生息する富山湾から、春には『富山湾の宝石』と呼ばれる白エビやホタルイカ…

    2019.08.20更新

  • 福井県越前市で30年以上も食されている、謎のご当地グルメ『ボルガライス』

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県越前市で30年以上も食されている、…

    福井県越前市で生まれたご当地グルメ『ボルガライス』をご存知でしょうか?越前市の武生地区では30年以上も前から食べられていたということですが、その名前の由来や発祥…

    2016.12.15更新

  • 20世紀が車の時代であったことを実感。国内外500台の自動車を一堂に展示する『日本自動車博物館』

    ロータスな旅 > 北陸

    20世紀が車の時代であったことを実感。国…

    北陸の交通拠点のひとつである小松空港があり、観光では粟津温泉や那谷寺などで知られる石川県小松市。ここに、自動車愛好家ならば一度は訪れたい博物館があります。その名…

    2017.11.09更新

  • 若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置された趣のある旅の拠点『道の駅 若狭熊川宿(わかさくまがわじゅく)』

    ロータスな旅 > 北陸

    若狭から京へと続く鯖街道の宿場町に設置さ…

    若狭から京都に至る多くの街道や峠道はさまざまな物資が往来しましたが、その中でも『鯖』が注目されたことから、これらの道を総称して『鯖街道』と呼ばれています。熊川宿…

    2017.06.15更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

< 前のページへ戻る