ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

北陸(富山、石川、福井)

“鯖の街”若狭小浜のヒット作「焼き鯖すし」!工場直売所で作りたてを手に入れよう! 「若廣」

2022年5月12日更新

日本海側・若狭湾に面した福井県小浜(おばま)市。リアス式海岸が続く若狭湾は豊かな漁場として知られ、水揚げされた多様な海産物は古来より京都へ届けられていました。運ばれる海産物はサバが多かったため、いつしか小浜から京都へつながる道が「鯖街道」と呼ばれるように。小浜が朝廷の食を支える、いわゆる「御食国(みけつくに)」の一つだったことから、2015(平成27)年には、「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群~御食国若狭と鯖街道~」として日本遺産に選定されました。

冷凍保存などができなかった時代、小浜では京都へサバを運ぶ際、事前に塩でしめるなどして腐敗を防止していました。そのため、サバなどの加工技術や食文化が発達。一時期に比べてサバの漁獲量は減少したものの、現在も小浜市では、サバを丸ごと糠漬けにした「へしこ」や、やはり丸ごと1本串に刺して焼いた「焼き鯖」が食べられています。

こうした食文化を背景に、「焼き鯖すし」を開発したのが、市内に本社と工場を構える「若廣」です。当時、福井県三国町に住んでいた山之内康雄社長と創業メンバーが、焼き鯖を寿司にすることを発案。押し寿司を作り、三国町の祭りでテスト販売したところ大好評だったため、20年ほど前に「鯖街道」の始点である小浜市で創業しました。

若廣 「焼き鯖すし」



焼き鯖すしには、厳選したサバと福井県産コシヒカリを使用。サバは骨を除去し、温度調節を徹底したオーブンでこんがりジューシーに焼き上げ、米には独自にブレンドした酢を合わせています。サバと米との間には、大葉と生姜。これがアクセントとなり、味わいをより深めています。



焼き鯖すしは、羽田空港で人気の「空弁」として知られています。また各地に取扱店も展開されていますが、唯一、作り立てを購入できるのが工場併設の直売所です。定番の「焼き鯖すし」(1188円、税込、以下同様)のほか、「焼き鯖すし【極】」(2160円)「醤油かおる焼き鯖すし」(1296円)、「めんたい焼き鯖寿し」(1296円)なども並びます。店内からはガラス越しに工場内を見学することもできます。

直売所







「若狭梅の焼き鯖すし」:梅の産地・若狭地方で収穫された「紅映」の練り梅を添えた夏季限定の焼き鯖すし。



「蔵味噌の焼き鯖すし」:福井県の味噌メーカー「米五」の味噌を使用。香ばしい味噌の香りと、鯖の旨味が食欲をそそる。秋季限定の焼き鯖すし。



鯖寿し



柿の葉寿し



直売所内に食べる場所はなく、テイクアウトのみ。お手拭きや割り箸も付けてもらえるので、若狭湾近くの公園などで味わってみてはいかがでしょう。

詳細情報

焼き鯖すし 若廣(工場直売所)
住所 福井県小浜市川崎1-3-5
電話 0120-89-3844
営業時間 午前9時~午後3時
年中無休
駐車場 あり
アクセス 舞鶴若狭自動車道小浜ICから約10分
ホームページ https://wakahiro.jp/

関連キーワード

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表面はカリカリ、中はふんわりで超美味しい、福井県名物の『竹田の油揚げ』が食べられる『谷口屋 本店レストラン』

    ロータスな旅 > 北陸

    縦横14センチ、厚さ4センチ!しかも、表…

    皆さんは、1年にどのくらい油揚げを食べますか?油揚げは、刻んで味噌汁やうどんに入れたり、いなり寿司にしたりと食べ方はいろいろありますが、メインにはなりにくいと…

    2020.01.23更新

  • 福井県立恐竜博物館

    ロータスな旅 > 北陸

    福井県立恐竜博物館

    福井県勝山市では、日本の恐竜化石の大部分を占める恐竜化石が発見されています。その恐竜化石の一大産地である勝山市に建てられた世界有数の博物館が福井県立恐竜博物館で…

    2015.10.16更新

  • 魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島でグルメ三昧!『道の駅 のとじま』

    ロータスな旅 > 北陸

    魚も美味い!肉も美味い!北陸石川の能登島…

    能登島(のとじま)は、石川県七尾市の七尾湾に浮かぶ島。周囲は71.9km、面積が46.78㎢で、能登半島と能登島大橋およびツインブリッジで結ばれています。能登半…

    2017.04.12更新

  • 能登の山間に生まれた、まるで童話の世界のような小さな自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』

    ロータスな旅 > 北陸

    能登の山間に生まれた、まるで童話の世界の…

    能登半島北部の能登町に生まれた、小さな谷の自然ふれあい施設『ケロンの小さな村』。名前の「ケロン」は、施設がある谷間に多く生息するカエルにちなんでいます。まるで…

    2016.09.16更新

  • 日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺会社直営店で味わおう!『ばち麺コロッケ』も好評!『うどん茶屋 海津屋』

    ロータスな旅 > 北陸

    日本三大うどんの一つ『氷見うどん』を製麺…

    富山県氷見市の『氷見(ひみ)うどん』は、香川県の『讃岐うどん』、秋田県の『稲庭うどん』と並び、日本三大うどんの一つに挙げられることもある、ご当地グルメです。室町…

    2020.11.26更新

  • 敦賀にて北陸道の安全をお護りくださる「氣比神宮(けひじんぐう)」

    ロータスな旅 > 北陸

    敦賀にて北陸道の安全をお護りくださる「氣…

    氣比神宮(けひじんぐう)は、大宝2(702)年の建立と伝えられる越前国一の宮です。地元では親しみをこめて「けいさん」と呼ばれています。七柱のご祭神をまつる北陸道…

    2016.05.13更新

< 前のページへ戻る