ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中京(静岡、愛知、岐阜、三重)

海の幸に山の幸、“伊豆の魅力”がここに集結!ユニークなソフトクリームスタンドも見逃せない!「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」

2023年7月17日更新

2017(平成29)年5月に、静岡県田方郡函南町に伊豆の「ゲートウェイ(玄関口)」としてオープンした「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」。観光情報やグルメなど、伊豆の魅力をさまざまな方法で発信しています。

伊豆ゲートウェイ函南8
建物の東ゲートから中に入って、すぐ右手にあるのが「観光案内所」。多数の観光情報雑誌やパンフレットを備えているほか、常駐の観光コンシェルジュが旅する人たちにきめ細やかに対応しています。最新の交通情報も提供しているので、確認のために立ち寄ってみるのも良いかも。ラジオブースが設けられており、タイミングが合えば地域情報が満載の公開生放送を楽しむこともできます。

伊豆ゲートウェイ函南2

地元産の野菜や果物、加工品、オリジナル商品が集結しているのが、「物産販売所いずもん」。公式ホームページでは、コラム「いずもんだより」(掲載は不定期)でここに出荷されている商品や旬の野菜・果物などについて紹介しています。

伊豆ゲートウェイ函南_いずもん店内

kannami_柑橘

立ち寄ってみたいのが、学校給食で愛されている「丹那牛乳」を使用した商品を販売する「オラッチェソフトクリームスタンド」。学校をモチーフにした売り場デザインで、実際に学校で使用されていた廃材を活用して造られています。牧場直送のソフトクリーム(400円、税込、以下同様)や蛇口ヨーグルトは濃厚だけど後味がすっきりしていて好評です。

伊豆ゲートウェイ函南_「オラッチェソフトクリームスタンド」

オラッチェソフトクリーム

土・日・祝日限定販売の、ほとけスイーツ「あみにょん焼き」は、バターミルクを配合した生地を、仏像をかたどった型でさっくり焼き上げたユニークな一品。まろやかでクリーミーな味わいの「白バターあんこ」味(350円)が人気です。

伊豆ゲートウェイ函南_「あみにょん焼き」

また、ここでは毎日10名限定で「丹那牛乳のバターづくり体験」(1000円)を行っています。丹那牛乳の生クリームを詰めた容器を、10分~20分ほど振って、バターを手づくりします。クラッカー3枚付きなので、作ったバターをクラッカーに載せて味わうことができます。平日は3日前までの予約が必要。土曜祝日は店頭にて1日10セット限定販売ですが、事前予約も可能なので「どうしてもやりたい!」という人は予約した方がよいでしょう。

伊豆ゲートウェイ函南_「バター作り」

「鮨、和食処 沼津魚がし鮨」では、海山に囲まれた伊豆でとれた地場野菜、鮮魚、精肉を使って伊豆の香りを最大限に生かした鮨、丼、和食を提供しています。

伊豆ゲートウェイ函南_沼津魚がし鮨「近海デラックス」

2階の洋食レストラン「GREEN GRILL KISETSU(グリーングリル キセツ)」は、地元産を中心とした美味しい野菜や、伊豆の恵みを味わえる洋食店です。とくに丹那で愛情をこめて育てられた高濃度トマトや青春トマトのピクルスなど、よそでは味わえないメニューがあり、店内から世界遺産の富士山が望めます。

伊豆ゲートウェイ函南_KISETSU店内

伊豆ゲートウェイ函南_KISETSU_鶏のトマトソース煮

その他のお店としては、気軽にコーヒーを楽しめる「タリーズコーヒー 伊豆ゲートウェイ函南店」やコンビニエンスストア「セブン-イレブン」(24時間営業)があり、旅の拠点として活用しやすい道の駅です。

詳細情報

名称 道の駅 伊豆ゲートウェイ函南
住所 静岡県田方郡函南町塚本887-1
電話番号 055-979-1112
営業時間 物産販売所いずもん・観光案内所:午前9時~午後6時、鮨、和食処 沼津魚がし鮨:午前10時~午後6時、GREEN GRILL KISETSU:午前9時30分~午後3時(ラストオーダー)、タリーズコーヒー:午前9時~午後6時、コンビニエンスストア24時間営業
定休日 年中無休
アクセス 【車】伊豆縦貫自動車道の函南塚本ICから1分、新東名高速道路の長泉・沼津ICから17分、伊豆縦貫自動車道の函南塚本ICから1分
駐車場 普通車127台・大型車11台・身障者用3台
EV充電器 2台
ホームページ https://www.izugateway.com/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • スズキ歴史館

    ロータスな旅 > 中京

    スズキ歴史館

    スズキは、1909(明治42)年に創業、1920(大正9)年に織機メーカーとして設立して以来、「価値ある製品を」の言葉のもとに、常にお客様の立場に立った“ものづ…

    2016.04.08更新

  • 1杯で2度楽しめる大胆発想のうどん、ここにあり!「豊橋カレーうどん」

    ロータスな旅 > 中京

    1杯で2度楽しめる大胆発想のうどん、ここ…

    「豊橋カレーうどん」は、愛知県豊橋市に行かなければ食べられないご当地グルメです。もともと豊橋市は、市内のすべてのうどん店が自家製麺100%にこだわっていたり、1…

    2022.03.31更新

  • サミット参加の各国首脳にも食べていただきたい、三重県の伝統食「伊勢うどん」

    ロータスな旅 > 中京

    サミット参加の各国首脳にも食べていただき…

    2016年、世界の視線が注がれる伊勢志摩から、伝統的なグルメをご紹介します。伊勢うどんの歴史は古く、江戸時代以前から伊勢地域の農民が食べていた地味噌の“たまり”…

    2016.05.13更新

  • 富士市のご当地グルメ「つけナポリタン」をいただくなら発祥店で!「coffee shopアドニス」

    ロータスな旅 > 中京

    富士市のご当地グルメ「つけナポリタン」を…

    「つけナポリタン」は、静岡県富士市で登場した比較的新しいご当地グルメ。2008(平成20)年、市内の吉原商店街を活気づかせるというテレビ番組企画の中で、商店街に…

    2023.05.11更新

  • リニューアル・オープン! 3つの展示ゾーンに個性ある三菱車がずらり。『三菱オートギャラリー』

    ロータスな旅 > 中京

    リニューアル・オープン! 3つの展示ゾー…

    1917年(大正6)年に製造されたの「三菱A型」をはじめとして、今日までに生産された多くの三菱車を展示し、モータリゼーションの歴史の中で三菱自動車が果たした役割…

    2017.06.14更新

  • 「夜のお菓子」のキャッチフレーズで全国的に知られる、浜松・春華堂の『うなぎパイ』製造工場はかなりのエンタメ度。なんと高さ40センチ級のパフェもシークレットメニューにあり!『うなぎパイファクトリー』

    ロータスな旅 > 中京

    「夜のお菓子」のキャッチフレーズで全国的…

    静岡県浜松市の銘菓、春華堂の『うなぎパイ』。「夜のお菓子」のキャッチフレーズはあまりにも有名です。1961(昭和36)年の誕生以来、お土産の定番として多くの人に…

    2019.02.26更新

< 前のページへ戻る