ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中京(静岡、愛知、岐阜、三重)

美濃焼について知り、体験し、購入できる複合施設「セラミックパークMINO」

2024年3月5日更新

瀬戸焼、有田焼と並んで、「日本三大陶磁器」の一つに数えられる美濃焼(みのやき)。岐阜県の東濃地方を産地とし、全国シェアは50%を誇ります。色や形、質感、絵柄などが多種多様で、決まった様式がないため、“特徴がないのが特徴”とも言われている焼き物です。

美濃焼の産地・岐阜県多治見市にある「セラミックパークMINO」は、陶磁器をテーマにしている複合施設です。世界的建築家・磯崎新(いそざきあらた)が設計した建物は、谷の地形を利用して建てられていて、周囲の自然と見事に調和。また、テーマ性を表現するために、地元産の陶磁器やその破片などが建物の随所に使われています。

セラミックパークMINO 全景

セラミックパークMINO 回廊2

回廊



パーク内には、“陶芸の現代”をテーマにした「岐阜県現代陶芸美術館」があります。19世紀末以降に作られた国内外の陶芸作品を収集・展示していて、収集の対象には、日常生活で使用するために少量のみ手作りされた「実用陶磁器」や、デザイン性の高い「産業陶磁器」も含まれています。陶芸作品が並ぶ「コレクション展」の観覧料は、一般340円、大学生220円、高校生以下は無料。定期的に特別展や企画展も開催されています。

セラミックパークMINO アプローチ

アプローチ



体験施設「作陶館」では、金・土・日曜日と祝日を基本の開催日として、陶芸づくりの体験ができます。体験メニューは、転写シートを使って自由に器を彩る「転写絵付けコース」(800円~1600円、税込、器の大きさによって料金が異なります。所要時間1時間)、電動ロクロ技法かタタラ技法か、どちらかを選んで作品づくりに挑戦する「作陶コース」(1点につき1000円、税込、所要時間30分~1時間)のほか、一日体験を一回以上したことのある人限定での作陶&釉掛体験 (タタラフルコースとロクロフルコースの2コース) も用意されています。いずれも、ホームページから予約ができます。

「ショップ&ギャラリーMI-NO(ミーノ)」では、美濃焼の食器類などを販売。日常生活で使える食器もそろっています。併設のギャラリースペースでは、地元の陶芸作家の作品展など、さまざまなテーマでの企画展が開かれています。

セラミックパークMINO ショップ&ギャラリーMI-NO2

ショップ&ギャラリー



敷地内では野菜や果物、総菜など地元産の食が集まる「青空マルシェ」や、多数のハンドメイド作家が出店する「あきんど市」といったイベントが毎月開催され、多くの人で賑わいます。

建物の周囲には、ぐるりと一周、散策路が整備されています。静かな環境の中、数々の陶磁器と四季折々の自然に触れながら、ゆっくり過ごすのもお勧めです。

セラミックパークMINO 茶室 紅葉

茶室



セラミックパークMINO カスケード

カスケード

詳細情報

名称 セラミックパークMINO
住所 岐阜県多治見市東町4-2-5
電話 公益財団法人セラミックパーク美濃:0572-28-3200、岐阜県現代陶芸美術館:0572-28-3100、作陶館:0572-28-3203、ショップ&ギャラリーMi-NO:0572-25-4959
営業時間 セラミックパークMINO:午前8時~午後9時、岐阜県現代陶芸美術館:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)、作陶館:午前10時~午後12時30分・午後1時30分~午後4時、ショップ&ギャラリーMI-NO:午前10時~午後5時30分
定休日 セラミックパークMINO:12月29日~1月3日、その他の施設:月曜日(祝日の場合は翌平日)と12月29日~1月3日
駐車場 312台
アクセス 東海環状自動車道土岐南多治見ICから約5分/中央自動車道多治見ICから約10分/中央自動車道土岐ICから約15分
ホームページ
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 伊豆半島をドライブするなら、歌に歌われたあの滝を見に行こう!「浄蓮(じょうれん)の滝」

    ロータスな旅 > 中京

    伊豆半島をドライブするなら、歌に歌われた…

    静岡県の伊豆半島を流れる狩野川の上流部になる、本谷川(ほんたにがわ)にある滝が「浄蓮(じょうれん)の滝」です。日本の滝100選に選ばれている名瀑布。そして、石川…

    2021.06.24更新

  • 四季折々の花木が咲く『安城産業文化公園デンパーク』と省スペース型道の駅『道の駅 デンパーク安城』

    ロータスな旅 > 中京

    四季折々の花木が咲く『安城産業文化公園デ…

    農業が盛んで、かつては世界的な農業国にちなんで「日本丁抹(デンマーク)」と呼ばれていた安城市。市内には、デンマークと公園(パーク)を合わせた造語から名付けたレジ…

    2018.12.06更新

  • 岐阜県白川村が合掌造り家屋を保存するために造った、まるで合掌造り集落のような施設。自然を愛する日本人の暮らしの原風景を体験できる!『野外博物館 合掌造り民家園』

    ロータスな旅 > 中京

    岐阜県白川村が合掌造り家屋を保存するため…

    白川郷(岐阜県白川村)の合掌造り集落は、数百年の歴史を持つ合掌造りの民家が100棟以上も現存し、1995(平成7)年には世界文化遺産に登録されました。今では、…

    2019.11.07更新

  • 富士市のご当地グルメ「つけナポリタン」をいただくなら発祥店で!「coffee shopアドニス」

    ロータスな旅 > 中京

    富士市のご当地グルメ「つけナポリタン」を…

    「つけナポリタン」は、静岡県富士市で登場した比較的新しいご当地グルメ。2008(平成20)年、市内の吉原商店街を活気づかせるというテレビ番組企画の中で、商店街に…

    2023.05.11更新

  • サミット参加の各国首脳にも食べていただきたい、三重県の伝統食「伊勢うどん」

    ロータスな旅 > 中京

    サミット参加の各国首脳にも食べていただき…

    2016年、世界の視線が注がれる伊勢志摩から、伝統的なグルメをご紹介します。伊勢うどんの歴史は古く、江戸時代以前から伊勢地域の農民が食べていた地味噌の“たまり”…

    2016.05.13更新

  • 登山や山里観光の来訪者がくつろげる、天然温泉が充実した『道の駅 飯高駅』

    ロータスな旅 > 中京

    登山や山里観光の来訪者がくつろげる、天然…

    三方を1,000m級の山々に囲まれている松阪市飯高町は、四季折々の自然の美しさを体感できる山里で、初心者から上級者まで登山や山岳競技が楽しめる人気のスポットです…

    2017.04.12更新

< 前のページへ戻る