ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中京(静岡、愛知、岐阜、三重)

岐阜県白川村が合掌造り家屋を保存するために造った、まるで合掌造り集落のような施設。自然を愛する日本人の暮らしの原風景を体験できる!『野外博物館 合掌造り民家園』

2019年11月7日更新

白川郷(岐阜県白川村)の合掌造り集落は、数百年の歴史を持つ合掌造りの民家が100棟以上も現存し、1995(平成7)年には世界文化遺産に登録されました。



今では、合掌造り集落の文化性は高く評価され、また国内外から多くの人が訪れる観光地ともなっていますが、昭和30年代から40年代には、合掌造り民家の維持についての危機が叫ばれ、また村人の離村によって民家自体が失われるという事態も起きていました。



それに対して、白川村は空き家となってしまう合掌造り民家を譲り受け、数年かけて移築し、『白川郷合掌村』として公開しました。これが、『野外博物館 合掌造り民家園』の発端で、現在では合掌造り家屋25棟、『そば処そば道場』を含めた大規模な施設となっています。(25棟のうち9棟は岐阜県の重要文化財指定建造物)



合掌造り家屋の25棟は、居住用の主屋の他に、穀物貯蔵用の板倉、馬小屋、唐臼小屋など多様な建物があり、内部を見学することができる家屋も多くあります。特に、旧山下陽朗家住宅は、(現在残っている合掌造り民家のほとんどが19~20世紀の建築であるのに)1750年頃の建築と推定されており、白川村に現存する最も古い民家とされています。園内には、こうした家屋の他に、水辺や畑や田などがあり、一つの集落のような風景が見られます。

山下陽朗家とたかきび



きび畑と中野長治郎家



展示は、旧東しな家住宅内で昔の民具・生活用品100点あまりを展示公開する『飛騨加須良(ひだかずら)生活展』が、旧中野義盛家住宅で「秘境中の秘境」といわれた合掌集落を写した写真パネル28枚による『秘境「飛騨加須良・越中桂」写真展』が常設展示されています。

東しな家



中野義盛家



中野義盛家2階



体験学習のプログラムもあり、わら細工、ひで細工、そば打ち体験、草木染め体験(団体限定)、餅つき体験(団体限定)などのメニューが用意されています。体験学習は、4月~10月の期間限定で、すべて事前予約制(公式ホームページから1週間程前までに申し込み)となっていますので、詳しくは公式ホームページを確認してください。

餅つき体験



園内には、合掌造りの1階部分をそのまま使用した『手打ちそば処 そば道場』や売店などもあります。手打ちそばのおいしいメニューを揃えた『手打ちそば処 そば道場』は、3月中旬から11月中旬までと年末年始の営業で、営業時間は午前10時から午後3時(ただし、そばが無くなり次第終了)。定休日は4月から11月中旬は毎週水曜日ですが、3月の定休日は毎週木曜日となっています(その他、臨時休業あり)。売店の営業期間は4月中旬から10月下旬までとなっています。

そば道場(そば処)



詳細情報

名称 野外博物館 合掌造り民家園
住所 岐阜県大野郡白川村荻町2499
電話番号 05769-6-1231
入園料 大人600円、子供400円 ※団体割引あり ※障がい者割引あり
開園時間 【3月~11月】午前8時40分~午後5時、【12月~2月】午前9時~午後4時 ※いずれも閉園20分前に入園終了
休園日 【4月~11月】無休、【12月~3月】木曜日(木曜日が祝日の場合は前日)
アクセス 【名古屋岐阜方面から】東海北陸自動車道荘川IC~国道158・156号線、【松本・高山方面から】東海北陸自動車道白川郷IC~国道156号線、【富山・金沢・北陸自動車道方面から】東海北陸自動車道五箇山IC~国道156号線
駐車場 近隣の公共駐車場『村営せせらぎ公園駐車場』(大型車約40台、普通車約200台、※有料[バス・マイクロバス]3000円、[普通車]1000円、[二輪車]200円)を利用のこと
公式ホームページ http://www.shirakawago-minkaen.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 桜えび/浜のかきあげや

    ロータスな旅 > 中京

    桜えび/浜のかきあげや

    静岡を代表する味覚「桜えび」。桜えび漁は春(3月下旬~6月上旬)と秋(10月下旬~12月)に限られています。桜えびの漁業基地として発展してきた由比漁協で水揚げさ…

    2015.10.16更新

  • 品種の多さ日本一!約7,000品種30,000株のバラが植栽されるバラ園がある『花フェスタ記念公園』

    ロータスな旅 > 中京

    品種の多さ日本一!約7,000品種30,…

    岐阜県の中南部に位置する可児市(かにし)は、名古屋市や岐阜市から30km圏内にあって、市内には木曽川や可児川が流れる自然豊かな場所です。その可児市に、世界最大…

    2017.07.11更新

  • ユネスコにも登録された「本美濃紙」を含む美濃和紙の伝統を知り、紙すき体験ができる!「美濃和紙の里会館」

    ロータスな旅 > 中京

    ユネスコにも登録された「本美濃紙」を含む…

    美濃和紙の歴史は古く、奈良時代から製紙が興り、正倉院文書にも紙が作られていたとの記述が残されています。和紙の原料である良質の楮(こうぞ)が多く取れ、長良川や板取…

    2016.08.19更新

  • 海の幸に山の幸、“伊豆の魅力”がここに集結!さらにインスタ映えするユニークなグルメも!『道の駅 伊豆ゲートウェイ函南』

    ロータスな旅 > 中京

    海の幸に山の幸、“伊豆の魅力”がここに集…

    2017(平成29)年5月に伊豆半島の「ゲートウェイ(玄関口)」にオープンした道の駅。観光情報やグルメなど、伊豆の魅力をさまざまな方法で発信しています。建物の…

    2018.10.23更新

  • 現存する最古の木造天守に登り、古の戦乱から太平の世に想いをはせる『国宝 犬山城』

    ロータスな旅 > 中京

    現存する最古の木造天守に登り、古の戦乱か…

    愛知県の最北端に位置する犬山市は、北は木曽川を隔てて岐阜県に隣接しています。木曽川が濃尾平野へと注ぎ出るロケーションによって、古くから交通や物流、政治の要所とし…

    2017.09.12更新

  • 「夜のお菓子」のキャッチフレーズで全国的に知られる、浜松・春華堂の『うなぎパイ』製造工場はかなりのエンタメ度。なんと高さ40センチ級のパフェもシークレットメニューにあり!『うなぎパイファクトリー』

    ロータスな旅 > 中京

    「夜のお菓子」のキャッチフレーズで全国的…

    静岡県浜松市の銘菓、春華堂の『うなぎパイ』。「夜のお菓子」のキャッチフレーズはあまりにも有名です。1961(昭和36)年の誕生以来、お土産の定番として多くの人に…

    2019.02.26更新

< 前のページへ戻る