ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

中京(静岡、愛知、岐阜、三重)

「夜のお菓子」のキャッチフレーズで全国的に知られる、浜松・春華堂の『うなぎパイ』製造工場はかなりのエンタメ度。なんと高さ40センチ級のパフェもシークレットメニューにあり!『うなぎパイファクトリー』

2019年2月26日更新

静岡県浜松市の銘菓、春華堂の『うなぎパイ』。「夜のお菓子」のキャッチフレーズはあまりにも有名です。1961(昭和36)年の誕生以来、お土産の定番として多くの人に親しまれています。そんなうなぎパイの魅力を存分に楽しむことができるのが、『うなぎパイファクトリー』です。うなぎパイの製造工場をガラス越しに見学したり、併設のカフェでオリジナルのメニューを味わったり。しかも工場見学は無料で、お土産までもらえるという充実のサービスです。

うなぎパイファクトリー1
工場見学の方法は3種類。一つは予約なしで訪れて、自分のペースで見て回る『自由見学』(午前9時30~午後5時30分 ※午後4時30分でうなぎパイ製造終了の場合あり)。ただし、20人以上の団体については自由見学でも事前予約が必要なので。ご注意ください。

うなぎパイファクトリー 工場見学⑤_包装ライン

うなぎパイファクトリー 工場見学②_焼き上がりの様子

うなぎパイファクトリー 工場見学④_検品
その他、コンシェルジュが付いて分かりやすく案内する『ファクトリーツアー』(午前10時~午後4時、要予約)、うなぎパイファクトリーの謎を探りながら巡る『スマイルツアー』(土曜日午前10時~・午後3時~、要予約)が用意されています。こちらのコースも、いずれも無料です。

工場見学説明パネル

工場見学説明パネル



工場見学の後に立ち寄りたいのは、うなぎパイをアレンジした様々なメニューが味わえる『うなぎパイカフェ』。ゴージャスな『4種のうなぎパイ&メルティングショコラセット』(1834円、税抜、以下メニュー価格表示も同様)、クレープロール『うなぎパイの“う巻き”仕立て』(600円)、ブランデー入りのうなぎパイを使った『うなぎパイV.S.O.Pの紅茶パフェ』(単品950円、紅茶など飲み物とのセット1300円)などスイーツメニューがそろっています(価格は税別)。

 

うなぎパイカフェ

うなぎパイカフェ



4種のうなぎパイ&メルティングショコラ

4種のうなぎパイ&メルティングショコラ



4種のうなぎパイ&メルティングショコラ

4種のうなぎパイ&メルティングショコラ



気になるのは、『うなぎパイジャンボパフェ』(3980円)。『うなぎパイカフェ』のみの限定品で、3種のうなぎパイ計13枚以上を使い、生クリーム、ジェラート、フルーツを贅沢に使ったパフェ。その高さ、40センチ級だとか。かなりのボリュームですが、勇気がある方は、旅の記念にチャレンジしてみては。

うなぎパイジャンボパフェ

うなぎパイジャンボパフェ



食事メニューは、パイではない“本物”をのせた『うなぎお月見丼』(2300円)や、『うなぎパイと浜松野菜のサラダ仕立て&春華堂ホットブレッド』(『ハニーブレッド』の場合:972円、『4種の芳醇チーズブレッド』の場合:1065円、『クロックマダム風目玉焼きのっけ』の場合:1250円)などがあります。(価格は税別)

う巻き仕立て

う巻き仕立て



『工場直売店』では、各種うなぎパイをはじめ、春華堂のお菓子を販売。お土産には、高級ブランデーとマカデミアナッツを生地に練り込んだ最高級品『うなぎパイ V.S.O.P.』(5本入:909円、10本入:1819円、20本入:3637円、価格は税別)がオススメです。この直売店では、試食ができたり、アウトレット品のお徳用うなぎパイが並んでいたりするのでお見逃しなく。

お菓子のフルタイム

お菓子のフルタイム



うなぎサブレ(10枚入り)

うなぎサブレ(10枚入り)



田舎みそまん(6個入り)

田舎みそまん(6個入り)



カカオの雫

カカオの雫



遊んで、食べて、楽しめる『うなぎパイファクトリー』。マスコットキャラクターの『うなくん』が、あなたが来るのを待っています。

詳細情報

名称 うなぎパイファクトリー
住所 静岡県浜松市西区大久保町748-51
電話番号 053-482-1765(受付時間:午前9時~午後5時)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分(7・8月は午後6時まで) ※カフェのラストオーダーは閉館時間の30分前まで
休館日 不定休
駐車場 30台
アクセス 東名高速浜松西ICより約20分(浜松技術工業団地内)
ホームページ http://www.unagipai-factory.jp/
  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 現存する最古の木造天守に登り、古の戦乱から太平の世に想いをはせる『国宝 犬山城』

    ロータスな旅 > 中京

    現存する最古の木造天守に登り、古の戦乱か…

    愛知県の最北端に位置する犬山市は、北は木曽川を隔てて岐阜県に隣接しています。木曽川が濃尾平野へと注ぎ出るロケーションによって、古くから交通や物流、政治の要所とし…

    2017.09.12更新

  • 海女小屋体験施設「さとうみ庵」

    ロータスな旅 > 中京

    海女小屋体験施設「さとうみ庵」

    第42回先進国首脳会議(サミット)の開催地となった志摩市賢島。海の幸を育むリアス式海岸は美しく、海女に代表される海洋文化をも生み出しています。その地域特性を活…

    2015.10.16更新

  • 楽しみながら歴史も学べる! ミツカンが運営する、大人も子供も楽しめる体験型博物館『MIM(ミム)』

    ロータスな旅 > 中京

    楽しみながら歴史も学べる! ミツカンが運…

    たんなるイチ調味料ではなく、飲むもの、味わうものとして市民権を得た感のあるお酢。ビネガーバーも増えてきました。2015年11月にグランドオープンした『MIZKA…

    2016.09.16更新

  • 一見チープだけど、極めてユニーク!深海魚などいろんな水の生物に出会えて「おもしろい!」「珍しい!」と話題沸騰の『蒲郡市竹島水族館』

    ロータスな旅 > 中京

    一見チープだけど、極めてユニーク!深海魚…

    愛知県蒲郡(がまごおり)市にある、一見チープだけれど極めてユニークな水族館『蒲郡市竹島水族館』。通称『たけすい』。このローカルで小さな水族館は、年間30万人以上…

    2018.03.13更新

  • サミット参加の各国首脳にも食べていただきたい、三重県の伝統食「伊勢うどん」

    ロータスな旅 > 中京

    サミット参加の各国首脳にも食べていただき…

    2016年、世界の視線が注がれる伊勢志摩から、伝統的なグルメをご紹介します。伊勢うどんの歴史は古く、江戸時代以前から伊勢地域の農民が食べていた地味噌の“たまり”…

    2016.05.13更新

  • tukemon 漬物ステーキ

    ロータスな旅 > 中京

    tukemon 漬物ステーキ

    飛騨地域にはおいしい料理がたくさんありますが、郷土料理として地元の人たちに親しまれているのが「漬物ステーキ」です。飛騨の冬に無くてはならない食べ物です。飛騨地…

    2016.03.04更新

< 前のページへ戻る