ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

クルマのことならなんでもガイド

達人に訊く(67)スキンケアするみたいに、愛車の日常点検やってますか?

2020年7月7日更新

今月の達人
くるま生活・井上康一



女性ドライバーの皆さん、今日もハッピー&ビューティフルなカーライフを送ってますか? 第3回目は日常点検がテーマ。これ、自分でやるチェックなので、ついさぼりがちになるんですが、愛車に長く安全・快適に乗り続けたいなら絶対にやらなくちゃいけないことなんです!

冷蔵庫とは違うクルマという機械

最近のクルマって、けっこう長持ちします。10年なんてフツー。20年以上も、安全・快適に走り続けることだってできます。

だけど、もし、クルマを買ったときのままにしていたら、そんな長寿命はムリ。おそらく数年でダメになってしまいます。

なにせクルマの重さは軽自動車であっても1トン前後あります。それが何十㎞/hのスピードで固いアスファルトの上を何度も何度も走るのですから、その振動やショックの影響は相当なもの。いくら丈夫に造られていても、だんだんいろんな部品や機械がダメになってしまいます。

減るものだっていっぱいあります。ウインドウをきれいにするウオッシャー液やワイパーのゴム、エンジンを滑らかに動かすためのオイル、ヘッドライトを点けるバッテリー、安定した走行を支えるタイヤなど、走れば走るほど足りなくなったり、劣化するものが出てきて、補充や交換が必要になります。

そう、クルマは外を走って徐々に痛んでいく宿命を背負った機械。ずっと家の中に鎮座している冷蔵庫のような機械とは根本的に違う性質のものなのです。

だから、定期的にクルマの調子や状態をチェックするのは、とても重要な行為ということになります。それで、もし悪いところがあればそれをなるべく早く直し、交換したりすべき。安全・快適な状態での10年以上の寿命は、そうした一連の動きがあってはじめて実現可能となります。

「なんか、ものすごく当たり前のことを、ものすごくマジメに語ってる」なんて言って笑わないでください。クルマが進化すればするほど、人間はクルマの世話をさぼりがちになる、と……私は経験的に知っています。
たぶん、読者の皆さんの中にも、「クルマ屋さんで見てもらってから、ボンネットを開けたことなんでない」という方が、少なからずいらっしゃることでしょう。そういう方々にぜひとも意識と行動を改めていただきたく、あえて真摯に進言させていただいた次第です。

義務化されている三つの定期的チェック

ドライバーすなわちクルマの所有者が行うべきクルマの定期的なチェックは、大きく分けると以下の三つとなっています。



どれも法律で実施が義務付けられているので、ドライバーは必ず行わなくてはいけません。

ただ、車検と違い、日常点検と定期点検はやらなかったとしても適用される罰則がありません。そのため、皆さん、ついさぼりがちとなります。

けれども、自分の愛車の状態を常に近くにいて確認できる人って、実は自分自身しかいませんよね。だから、定期点検は愛車の健康診断、日常点検は検温くらいの気持ちで、ぜひ行っていただきたいと思います。

ということで、まず今回は、自分でやる点検であるがために一番さぼりがちとなる日常点検について取り上げて、その必要性とやり方を私なりにわかりやすく説明してみたいと思います。

大敵は小さいうちに潰しておくのが肝心

女性の皆さんの多くは、ほぼ毎日、自分でスキンケアされていると思います。あれを怠るとどうなりますか?

肌荒れ、シワ、シミ、くすみなどの美の大敵がじわじわ攻めてきます。それが積もり積もると、もしかすると美容整形外科で多額のお金を払って施術しないと治らないことになるかも知れません。なんだかすごくイヤな流れです。

こんな感じのイヤな流れは、クルマの日常的なチェック&ケアを怠った場合にも起こります。知らないうちにいろんな箇所の不具合が攻めてきます。それらがもし大きな不具合にまで成長したら、安全性・快適性をはじめとするクルマ本来の性能が損なわれてしまいます。

たとえば、低燃費&エコ性能のクルマのエンジンが不調に陥りつつあるのにそれに気付かず放っておけば、だんだんと走りが快調でなくなる上、ガソリン代がかかり、たくさんのCO2をまき散らし始めます。そして、それがひどくなってから自動車整備工場で修理すると、想像以上に大掛かりなことになり、出費がかさむことにもなります。もう、ものすごくイヤな流れです。

こうしたことを防ぐには、普段から日常点検をすることが有効。事あるたびにクルマの状態をチェックしておけば、小さな異状が早期に発見できるので、性能面で早期対応することができ、お金の面でも損失をかなり小さく留められるようになるのです。

ぜひ、スキンケア同様、日常点検を習慣付けるようにしてください。

シート1枚でカンタンにできる日常点検

日常点検は、機械に苦手意識を持っている女性の方でもカンタンにできます。

なにしろチェックする箇所は「エンジンルーム」「クルマ周り」「運転席」の3箇所だけ。それぞれにおける点検ポイントも、エンジンルームで5点、クルマ周りで4点、運転席で6点とごくわずか。慣れれば、たぶん1回15分~20分程度で終えられるでしょう。
中にはヘッドライドやテールランプの点灯チェックなど、一人で実施するのが難しい点検もありますが、それは家族などの協力を得ながらクリアするようにしてください。

点検ポイントについては、以下に掲載している国土交通省が制作した「マイカーを点検しよう! 日常点検15項目チェックシート(※基本的にエンジン車用)」の図や名称をご確認ください。これで誰でも一発でわかります。

実際の点検のときも、このシートを携えながら行うことをオススメします。チェックシートには、それぞれのポイントの点検のやり方や良し悪しの判定の目安がわかりやすく書かれている上に、判定の記入欄も設けられているので、迷うことなくすんなりと作業が進められます。

掲載したシートの末尾には元のPDFがダウンロードできるURLを付してます。これを印刷して、どうぞ今後の定期的な日常点検の実施に役立ててください(※EVなどの次世代車の日常点検の内容についてはメーカーやディーラー、ロータス店をはじめとした次世代車に対応している自動車整備工場にご確認ください)。

国土交通省「マイカーを点検しよう! 日常点検15項目チェックシート」(ダウンロードはこちら



最低1ヵ月に1回は日常点検を!

さて、日常点検の必要性とやり方はだいたいわかったとして、じゃあ、その実施スパンはどれくらいに設定するのがいいのでしょうか?

日常点検というくらいですから、スキンケアと同じく毎日やるのが理想です。それができれば、高い確率でハッピー&ビューティフルなカーライフが到来するのは間違いないところだと思います。実際、毎日仕事でクルマを使っているタクシーやバス、運送トラックなどについては、「毎日、日常点検を行わなければいけない」と法律で決めれらています。

ただ、個人のクルマについては、さすがにそれはちょっときついかも知れません。

なので、私なりのリアルな提案はこうです。

ほぼ毎日運転している方は1週間に1回のチェックを、そんなに走らないという方は2~3週間に1回のチェックをするようにしましょう。これならそんなに負荷はかからないし、そこそこ日常点検の効果も発揮されるはず。

もし、それでもムリということであれば、うーん、そうですね、最低1ヵ月に1回は必ずチェックするというのはどうでしょう?これはぎりぎりのラインなので、1ヵ月に1回の日常点検で済ますということであれば、それに加えて次の3点を習慣にしてください。
(1) クルマに乗るときには、タイヤの状態を目視し、運転席でエンジンのかかり具合や音、ブレーキを踏んだ感じなどに注意する。
(2) 日常点検で冷却水やオイルなどの液量が「○」判定だけれどもかなり減っていたら、1ヶ月以内に補充する(自分でできない場合は自動車修理工場で行う)。
(3) 日常点検を行って「ちょっとおかしい」と思ったら、1~2週間以内に自動車修理工場に乗って行って相談する(できれば事前に電話して行くとスムーズです)。

要は、日常点検の意識を常に持って愛車を見守るということと、対処は早めに行うということです。

最後にもう一度繰り返します。皆さん、大切な愛車に快適・安全な状態で長く乗り続けるために、日常点検を定期的に実施するようにしましょう!

カフェみたいな整備工場があるってこと、知ってましたか?

ネイルがきれいに映えるカーライフ、楽しんでますか?

スキンケアするみたいに、愛車の日常点検やってますか?

健康診断するように、ちゃんと定期点検してますか?

行きつけの美容室のような整備工場で車検していますか?

歯医者さんに通う感覚で、くるま屋さんを利用してみませんか?

お店紹介
くるま生活:戦時中の1945年5月に、オートレースの選手でもあった初代(祖父・井上辨氏)が広島県福山市明治町でオートバイの販売・整備の事業を開始。その後、二輪車から四輪車へと業態を移し、1959年に「みずしま自動車商工株式会社」を設立。1980年代からは二代目(父・井上清氏)が跡を継ぎ、事業を拡充。1992年には、現在の地である福山市明神町にショールームを開設。三代目である井上康一社長は、大学卒業後、東京で生物工学に関連する実験器具を扱う商社マンとなったが、1993年に地元に戻って父の元で修行し、2001年に社長に就任。2011年に社名を「株式会社くるま生活」と改め、女性ドライバーをメインターゲットにしたビジネス手法を駆使して、新たな整備工場の在り方を追求している。



住所:広島県福山市明神町2-9-25
電話:084-943-7123(代)
HP:http://www.kurumaseikatsu.co.jp

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • 「#猫バンバン プロジェクト」!!ご存知ですか?

    クルマのことならなんでもガイド

    「#猫バンバン プロジェクト」!!ご存知…

    発信元:㈱ロータス・事業開発部/事業総合相談窓口ネットを中心に水面下で広がりつつあるプロジェクトに、皆さんも参加し、「猫も人も安心して過ごせる社会」を目指しま…

    2016.12.27更新

  • 達人に訊く(36)タイヤの空気圧チェックは月に1回が理想です!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(36)タイヤの空気圧チェック…

    今月の達人宮本モータース・宮本毅ご存知ですか?せっかく“ちゃんとしたタイヤ”を履いていても、日頃の空気圧チェック&エア充填を怠ると、効果はないし、逆にマイナ…

    2018.06.12更新

  • 達人に訊く(53)太陽光発電でEVの充電をするガソリンスタンドがあるのを知っていますか?

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(53)太陽光発電でEVの充電…

    今月の達人品田商会・品田庄一私たち品田商会(ロータスシナダ)は、ガソリンスタンド(エネオス松波SS)も経営しています。それは一見すると普通のガソリンスタンド…

    2019.05.15更新

  • 達人に訊く(29)HVのアクセル、発進時にはしっかり踏みましょう!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(29)HVのアクセル、発進時…

    今月の達人こちや自動車工業・東風谷謙二こんにちは、福島県白河市にあるロータス店『こちや自動車工業』の東風谷謙二です。軽自動車から大型トラック、エンジン車から…

    2017.10.10更新

  • 達人に訊く(24)『楽ノリレンタカー』は安価・安心・安全!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(24)『楽ノリレンタカー』は…

    今月の達人ロータス辰口TMコーポレーション・親上真紀子わたしのレンタカーに関するガイドは今回が最終回。ラストはわたしたちが提供している『楽ノリレンタカー』…

    2017.05.29更新

  • 達人に訊く(37)「溝が浅い」磨耗したタイヤは即交換が必要です!

    クルマのことならなんでもガイド

    達人に訊く(37)「溝が浅い」磨耗したタ…

    今月の達人宮本モータース・宮本毅今回は、「タイヤ交換をどういったタイミングで決めるべきなのか」というちょっと専門的なお話。でも、だれでも判断できる、けっこう…

    2018.06.26更新

< 前のページへ戻る