ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第1戦レポート(後編)―KIMI選手がポールトゥウインで初優勝。遂にモデル3一強時代に終止符を打つ!

2024年3月26日更新

EV-GP 2024 Rd.1 2-1

4.8キロを11周するALL JAPAN EV-GP SERIES2024 第1戦「全日本もてぎEV55㎞レース大会」の決勝。

観衆はグリッド最前列に並ぶ2台のモデルSプラッドが発揮するであろう0-100m2.1秒の実力を目撃すべく、固唾をのんでスタートの瞬間を待った。

ところが、シグナルがオールクリアになる寸前、ポールポジションのKIMI選手が前に飛び出してしまう。つられて2番手グリッドにいた密山選手も車両を動かしてしまった。

両選手はすぐにフライングに気づいてすぐに車両を止めたが、改めてのスタートにはならず、そのままレース続行となった。

EVレースに新たな歴史を刻むかも知れない一戦は、こんな中途半端な感じで幕を開けた。

2位に15秒差
3位に21秒差

レース規定により、フライングを犯した両選手にはそれぞれ5秒加算のペナルティが科された。かなりのハンデである。今回、勝つ可能性が小さいと目されていたモデル3勢に大きなチャンスが巡ってきたと思われた。

だが、モデルSプラッドの強さは、ハンデと想像をはるかに超えるものだった。

結果から先にいうと、KIMI選手が一度もトップを譲らずポールトゥウインを決めている。

KIMI選手の優勝タイムは実質24分58秒346のところ5秒加算で25分03秒346。これは3位に入ったモデル3パフォーマンスの久保凛太郎選手に21秒もの差をつけるタイムだった。車重が重く、かつブレーキとサスペンションがノーマルだったため、コーナーでは多少もたついた感はあったが、ストレートでの速さはそれを補うに余りあった。恐るべき速さといえた。

EV-GP 2024 Rd.1 2-2

続く2位も密山選手が駆るモデルSプラッド。やはりモデル3勢には余裕で勝っていた。ただ、KIMI選手からは約15秒遅れ。レース後、密山選手はそうなってしまったわけを次のように語っている。

「序盤は控えめに走り、KIMI選手のクルマのバッテリーがタレて減速しはじめるだろう後半に巻き返すつもりでいた。ところが、早い段階で逆に自分のクルマにバッテリー過熱とスピード制御が出てしまった。もしかしたら、下に大きく張り出させたフロントスポイラーが車両の下に熱気を滞留させたせいでバッテリー加熱を早めたのかもしれない。本来のポテンシャルが発揮できず非常に残念だ。しかし、それも含め、今回はいろいろと課題が見つかった。次回に乗るときは、それらの改良・改善により、もっといい勝負ができるようになっていると思う」

EV-GP 2024 Rd.1 2-3

実はレースの4周目~5周目、密山選手のモデルSプラッドは久保選手のモデル3に一時的に2位の座を奪われている。これは現役プロである久保選手のコーナリングの巧さと密山選手の車両のスピード制御が相まって起こったことと思われるのだが、非力なモデル3でもモデルSプラッドを打ち負かす可能性があることを如実に示すシーンとなっていた。ストレートが短くコーナーの多いサーキットでのレースであれば、モデル3の優勝は十分にあり得るだろう。

EV-GP 2024 Rd.1 2-4

最終的なレースリザルトは以下のとおりである。

EV-GP 2024 Rd.1 2-5

特筆すべきは、シングルモーターのモデル3でEV-2クラス(市販車・モーター最大出力150kW以上250kW未満)に個人で参戦していたモンド・スミオ選手(#55 モンドコーヒー)が1ラップダウンながらも総合5位に入ったこと。聞けば、もてぎ走行は今回が初。事前練習はVRでの仮想ドライブのみだったという。今のDX時代にふさわしいクール&クレバーなドライバー。熱い走りが特徴のTAKAさん選手とはまた毛色の違う実力派アマチュアドライバーとして、今後のさらなる飛躍を期待したい。

EV-GP 2024 Rd.1 2-6EV-GP 2024 Rd.1 2-7

優勝できたのは
TAKAさんのお陰!?

ぶっちぎりのポールトゥウインで勝ったKIMI選手は、今回が初優勝であった。

いつもはクールな表情が、表彰式では緩みっぱなしとなっていた。

EV-GP 2024 Rd.1 2-8

勝者コメントも、大いに笑いを誘うものだった。

「決勝は70%ほどのアクセル開度で戦った。さすがに終盤にはバッテリーの加熱が出て幾分かスローダウンを余儀なくされたが、電力そのものはたくさん余っていたのでなんとかトップのまま走り切れた。ちなみに、全開大好きな僕がどうしてアクセルをあまり踏まない離れ業ができたかというと、今回ピットに入ってくれたTAKAさん選手がずっと『アクセルは70%で、アクセルは70%で』と耳元で呪文のようにささやき続けてくれたから。何度もEVレースで優勝している実力者がいうことだから、僕としては従うしかなかった(笑)。初優勝ができた要因は、僕とクルマの実力3割で、TAKAさん選手の貢献7割といった感じかな。TAKAさん選手はタイヤまで提供してくれているし……」

KIMI選手には、今後もほどよいアクセル開度に留意して7年連続で年間総合チャンピオン輩出を狙う王者TeamTAISANを脅かす存在となり、レースおよび年間チャンピオン争いを例年以上に盛り上げてくれることを心より期待したい。

● ● ●


今回、モデルSプラッドの本格参戦とKIMI選手のぶっちぎり優勝によって、モデル3勢の絶対的な強さは急速に影を潜めることとなった。

しかし、メーカー別でいうなら、テスラ一強がより盤石となった印象がある。この傾向はこの先も続くのだろうか?

JEVRAの富沢事務局長は、この見通しについては笑顔でノーと答えた。

「実は今シーズン中に、モデル3パフォーマンスに匹敵する性能を持つ別メーカーの車両や、モデルSプラッドを上回る馬力とスピードを誇る別メーカーの車両が参戦してくる可能性がある。それが実現したら、テスラ勢も安泰ではなくなるだろう」

つまり、近々、ALL JAPAN EV-GP SERIESの上位争いは、各メーカーの爆速車両が入り乱れる格好になり、より面白く、より興奮できるものになるということ。

開幕戦は、そのほんの序の口。第2戦以降、春から夏にかけて展開されるであろうさらなる高次元の戦いから目を離すことなかれ、である。

EV-GP 2024 Rd.1 2-9

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2024 第1戦レポート

(前編)モデルSプラッドを駆るKIMI選手が、異次元の最速タイムでポールを獲得!

(後編)KIMI選手がポールトゥウインで初優勝。ついにモデル3一強時代に終止符を打つ!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • 2022全日本EVグランプリシリーズ第1戦レポート③―「いつかモデル3よりも速く」。武蔵精密工業チームの電動化時代の挑戦!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    2022全日本EVグランプリシリーズ第1…

    世界的部品メーカーがコンバートEVで参戦中EV-1クラスのテスラモデル3ばかりが脚光を浴びる全日本EVグランプリシリーズ(AllJAPANEV-GPS…

    2022.05.12更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(2)  リアルさ満点のEVコンセプトカーたち!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(2)…

    第45回東京モーターショー2017のルポ第二弾では、すでにEVを発売済みの日産自動車と、二つの海外主要メーカーのEVコンセプトカーの概要について見ていきたい。…

    2017.11.09更新

  • 『EVOCカンファレンス2019 in HAKONE』レポート(前編)多彩なゲストスピーカーが登壇したEVイノベイターたちの集い

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『EVOCカンファレンス2019 in …

    夏の名残の無冠雪の富士山が顔を覗かせていた9月15日、神奈川県箱根町の星槎(せいさ)レイクアリーナ箱根の駐車場には、電動車がズラリと数十台並んでいた。三菱のi…

    2019.10.10更新

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 後編】「新しいEVがイマイチだったら、あと10年はi-MiEVに乗り続けます(  笑)」(金倉弘樹さん) 

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    約10年、27万㎞以上の道をi-MiEVとともに走ってきた金倉弘樹さん。そのi-MiEVライフの中で感じた、i-MiEVのいいところ、悪いところとは。そして、こ…

    2019.12.19更新

  • JAPAN MOBILITY SHOW 2023 レポート(2)三菱自動車とスズキは自社の個性を前面に出した電動コンセプトカーを披露!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    JAPAN MOBILITY SHOW …

    三菱自動車とスズキは、ロータスクラブと提携している自動車メーカーだ。これまで三菱はオフロードの走りに定評のあるクルマを数々発売し、スズキは軽自動車を中心に身近…

    2023.11.14更新

  • 「トラック隊列走行実証実験」のその後 ― 研究所コースにて、“後続車無人隊列走行”に踏み込む

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「トラック隊列走行実証実験」のその後 ―…

    2022年以降に高速道路(新東名、東京~大阪間)での後続車無人隊列走行の事業化を目指した、トラック隊列走行実証実験が去る1月23日から開始され、その模様をこのコ…

    2018.08.23更新

< 前のページへ戻る