ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第4戦レポート(2)―初EVレースの久保選手が、現役プロの実力を発揮して初ポールを獲得!

2023年11月8日更新

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_2-1

グリッドは
双方互い違いに

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023の第4戦「全日本袖ケ浦EV60㎞レース大会」の予選は、午前10時5分から15分間にわたって行われた。

テスラ モデル3を3台走らせたTeam TAISAN(以下、TAISAN)は、ここで思惑の半分を叶え、半分を外している。

ポールはTAISANの久保凛太郎選手(#0)が無事獲得した。

だが、2番手がスエヒロ自動車商会(以下、スエヒロ)のアニー@ニキ選手(#39)、3番手がTAISANの余郷敦選手(#2)、4番手がスエヒロのTAKAさん選手(#35)、5番手がTAISANの地頭所光選手(#1)と双方互い違いの状態となってしまった。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_2-2

グリッド最前列をTAISAN勢で独占し、余郷選手の優勝を後押ししやすい状況をつくりたかったところだが、そうはならず、スエヒロに反撃の余地を与えることになった。

決勝が、かなりの混戦となることは必至の情勢といえた。

プロ軍団vs.素人軍団!?

こうした事実を踏まえつつ、TAISANとスエヒロ双方の各ドライバーに、予選の走りの振り返りと決勝の意気込みを聞いた。

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_2-3

まずは、1分12秒341でポールポジションの久保凛太郎選手。初EVレースで初ポールと、現役プロの実力をまざまざと見せつけてくれた。

「実は、おとといオファーがきての参戦。一応、過去のレース映像を見たり、地頭所選手からアドバイスをもらったりして一夜漬けの勉強をしたが、正直、予選をどう走っていいかほとんどわかっていなかった。でも、幸いにもタイムアタック1発目でいいタイムが出てポールを獲得できた。嬉しいは嬉しいけど、ずいぶんおかしな話があったもんだなと驚いてもいる」

「決勝では、チャンスがあれば優勝を狙いたい。でも、今回、助っ人で参戦している僕は、年間総合チャンピオンの目がある余郷選手の上位入賞をサポートする使命も負っているので、その中で、いい成績が残せればいいかなぐらいに考えている。だから、余郷選手が優勝し、僕が2位になるのがベスト。もし、本当にそうなったら、それはそれでナイスプレイとたたえてほしい(笑)」

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_2-4

前戦優勝のアニー@ニキ選手は1分12秒647で2番手。今戦も足回りがフィットしているようで好調をキープ。ポールのタイムにはわずか0.3秒の僅差だった。

「二本目に本気のタイムアタックをしたが、前にいた久保選手に引っかかり、走るのを諦めた。だから、2番手タイムは“まあまあ”といったところ」

「決勝は、久保選手の出方を見ながら走ることになると思う。相手はプロでこっちは素人。できるだけいいバトルをし、できるだけいい結果を残したい」

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_2-5

余郷敦選手は1分12秒876で3番手。いつもながらに美しいコーナリングを見せていたものの、望んでいたグリッド最前列は確保できなかった。

「グリッド2列目になる3番手はちょっと残念かな。ただ、12秒台のタイムは悪くはない。クルマの調子もいい感じ」

「決勝はこれまでのように1台じゃなく3台で戦えるのがすごく心強い。今回こそは優勝して打倒スエヒロを叶えたい」

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_2-6

ポイントリーダーのTAKAさん選手は1分13秒382で4番手。前戦で課題だった足回りをある程度煮詰めたが、伸びはもうひとつで13秒を切れなかった。

「今回は僕ら素人軍団がプロ軍団を迎え撃つ形。かなり気合いが入っている。予選でタイムが伸びなかったのは、たぶん脳汁(アドレナリン)が出すぎたせいだと思う(苦笑)」

「決勝ではプロ軍団を打ち負かしたい。そして、勝利のビールを美味しく飲みたい」

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 Rd.4_2-7

地頭所光選手は1分18秒790で5番手。久々のEVレース復帰ということで、予選でも決勝でも宿命のライバルであるTAKAさん選手と熾烈なトップ争いを繰り広げることに期待が集まっていたわけだが、それ以前の結果に。まったくもって精彩を欠くタイムとなった。

「実は、僕が乗っているクルマは春先にクラッシュしている。今回、直ってきたので走ることになったんだけれども、……ぜんぜん駄目。思いっきり踏んでも120km/hぐらいしか出ない。しかも回生も効かなくなっている」

「だから決勝は、上位陣の邪魔にならないよう走るのがせいぜいだと思う。できれば完走を目指したい」

◎ ◎ ◎


どうやら決勝の上位争いは、3台対2台ではなく、実質2台対2台の戦いになる模様。

ポールのTAISANが若干有利とはいえ、ある意味イーブン。果たして結果やいかに!?

 

ALL JAPAN EV-GP SERIES 2023 第4戦レポート

(1)王者TAISANがモデル3を3台投入し、ガチで逆転チャンピオンを狙いにきた!

(2)初EVレースの久保選手が、現役プロの実力を発揮して初ポールを獲得!

(3)久保選手の巧妙なブロックが効き、余郷選手が今季初優勝を遂げる!

(4)20名のテスラ車オーナーが「カルガモ走行会」に参加!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会
  • 店舗検索
  • 店舗検索
  • 楽ノリレンタカー
  • 楽ノリレンタカー

あわせて読みたい

  • EVキーマンに聞く/CHAdeMO協議会 姉川尚史会長 ④「わがままでもいい、子や孫のことを想って積極的にEVに乗り換えてほしいです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/CHAdeMO協議会…

    CHAdeMO協議会の姉川会長へのインタビューの第4話は、電動車の普及に欠かせない人々の環境意識の持ち方について。「人間は自分の楽や得しか考えないわがままな生き…

    2020.03.19更新

  • 【i-MiEVの10年 / 元メーカー担当者の目線 前編】「世界初の量産型EVの普及を支える仕事に使命感を持って取り組んだ」(堤健一さん)

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / 元メーカー担…

    i-MiEV(アイ・ミーブ)というクルマが歩んだ10年を振り返っておきたいと思う。それは、この先10年、20年に展開するであろう電気自動車(EV)の普及に、何が…

    2019.11.21更新

  • 次世代エコカー勉強会〈4時限目〉プラグインハイブリッド車には、EVにプラスαした魅力がある!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    次世代エコカー勉強会〈4時限目〉プラグイ…

    『次世代エコカー勉強会』は未来のクルマや新しいカーライフを研究するコーナー。4時限目のテーマは「プラグインハイブリッドカー(PHV/PHEV)」。その電気自動車…

    2016.03.30更新

  • 『e-Mobility World 2022』レポート(前編)―「エコが普通」の湘南での電動車試乗会。話題のeKクロス EVも顔見せ展示!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『e-Mobility World 20…

    湘南地域に住む人々のエコ意識は結構高い。昔からサーフィンなどのビーチ文化が盛んで、海をはじめとする自然を日常的に大切にしている。藤沢市のパナソニック工場跡地…

    2022.06.23更新

  • 「東京モーターショー2017」ルポ(1)  EV未発売メーカーも電動化に本腰!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    「東京モーターショー2017」ルポ(1)…

    第45回東京モーターショーが2017年10月27日~11月5日に東京ビッグサイトで開催された。「BEYONDTHEMOTOR」というスローガンのもと、クルマ…

    2017.11.09更新

  • 諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボックスって何?〉①「EDRが事故時に残すデータは正確な事故原因究明に役立つんです」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    諸星陽一氏が語る〈クルマのブラックボック…

    ある日、自動車ジャーナリストの諸星陽一氏からこんな謎のメールが届いた。〈最近のクルマには事故が起きたときの車両の状態などのデータを残すEDRという装置が付いて…

    2021.03.11更新

< 前のページへ戻る