ロータスクラブが運営するクルマとあなたを繋ぐ街「ロータスタウン」

みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

「東京モーターショー2019」レポート(3) スズキはいつかきっとリーズナブルな電動車を国内で発売する!

2019年11月11日更新



ロータスクラブと提携しているスズキは2020年に100周年を迎える。それを意識してか、今回の東京モーターショーのブースは、前回のよりも華やいだ演出がなされていた。
そして、もちろん、今後100年の方向性を示唆するような電動コンセプトカーもしっかりと展示されていた――。

「ワクワク」をテーマにした
二台の電動コンセプトカー

ブースに設えられたステージ上に展示されていた電動コンセプトカーはPHEV『WAKUスポ』と自動運転EV『HANARE(ハナレ)』の二台。いずれも近未来的な容貌をしており、まさにコンセプトカー然としていた。すなわち、リアルな電動車とはいえない雰囲気を醸し出していた。

スズキの鈴木俊宏社長が行ったスピーチのなかでこの二台の概要が語られているので、まずはその抜粋から紹介しよう。

「今回の東京モーターショーのスズキブースは『WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを』がテーマ」

「その一つが『WAKUスポ』。パーソナルでコンパクトなプラグインハイブリッド車(PHEV)で、車体形状、フロントマスク、インテリアがガラッと変わる機構が備わっている。家族みんなでワクワクをシェリングできる、そんな未来の小さなクルマの提供したい」





「二つ目のワクワクはモバイルルーム、自動運転EV(※編集部注:インホイールモーターを想定)の『HANARE』。前後対照のデザインで、運転席がない。前、後ろ、どちらにも走る」

「家の離れのようなほどよい大きさの空間をもっていて、ライフスタイルがさらに多様化する未来に、さまざまな使い方や利用シーンを想定することができる。すなわち、運転以外の楽しさを考えたクルマ、それを所有する新たな歓びを提案するコンセプトカーである」





モーターショー展示はないが
来年インドで発売するEVに期待

鈴木社長の話からはあまり具体的な仕様などが見えてこず、これら電動コンセプトカーの市場投入は、かなり先になるのではないかと感じられた。コストパフォーマンスのいいクルマづくりを貫いているスズキは、やはり高額になりがちな電動車の開発・販売には消極的なのだろうか。

そのあたりのことをブースにいた説明員にズバリ聞いてみた。

― 『WAKUスポ』と『HANARE』はあくまでコンセプトカーであって、まだリアルな電動車ではないですよね?

「そうですね。どちらかといえば『WAKUスポ』のほうがリアルなんですけど、それでも10年先、2030年ごろに技術的にもコスト的にも問題のないAセグメントのPHEVにすることをめざしている状況です」

― 今回のモーターショーでは国内メーカー各社がかなりリアルなEVやPHEVを展示したりしています。それと比べると、コンセプトカー展示に留めているスズキさんはクルマの電動化に消極的なのかも知れないと映ります。実際のところはどうなんでしょう?

「いや、決して消極的ではないですよ。国内ではマイルドハイブリッドシステムを軽自動車に搭載しているし、インドではワゴンRをベースとしたEV開発に取り組んでいて、来年の2020年中には現地で発売することにしていますから。なので、日本ではそう見えていないかもしれませんが、それなりに積極的に電動化に取り組んでいるんです」

― そのインドで2020年に発売予定のワゴンRをベースとしたEVですが、いずれ日本にも投入されるんでしょうか?

「日本国内に一日でも早くEVを投入できるようにと検討と準備を進めています。ですが、それがいつになるかはいまのところ明言ができません。イメージとしては市場のニーズが高まり、インフラやサービス体制が整い、かつコスト上の計算が成り立ったうえでの投入となるでしょう。そもそもわれわれは、時代と市場のニーズにしっかりと応えられる実用的で低価格のクルマを販売することを使命の一つとしています。なので、EVも、お客さまに納得いただける状態になってはじめて提供することになるわけです」

― そう遠くない日に、スズキさんから使いやすくてリーズナブルなEVが出現することを楽しみにしております。

「はい、ぜひその日がくるのをお待ちください」

ちなみに、インドで開発中のEVは、ベース車がワゴンRながら、Aセグメントであって軽仕様ではないとのこと。市場によって仕様は変わるのだ。次回のモーターショーでは、ぜひそのEV、あるいは日本向けに軽仕様にしたリアルなEVが展示されることを期待したい。

(1) もうすぐ欧州で“セカンドカー”として走りだすリアルなEVたち

(2) ぶっちぎりでEV化するか、じわじわとEV化するか、それが問題だ!

(3) スズキはいつかきっとリーズナブルな電動車を国内で発売する!

(4) 三菱は進化形のPHEVシステムや電動4WDでSUVを過激に変えていく!

(5) タイヤもCASE時代にふさわしい革新的な進化を遂げてゆく!

  • ロータスカードWeb入会
  • ロータスカードWeb入会

あわせて読みたい

  • BookReview⑩『EVと自動運転』‐ EVの普及は、テレビのブラウン管が液晶に変わったときのように進む!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑩『EVと自動運転』…

    「100年に一度の変換期」の真の意味いまの自動車産業界は「100年に一度の転換期」にあり、そのキーワードは「電動化」「自動化」「コネクテッド化」「サービス化」…

    2018.08.07更新

  • 【i-MiEVの10年 / ユーザーの目線 後編】「新しいEVがイマイチだったら、あと10年はi-MiEVに乗り続けます(  笑)」(金倉弘樹さん) 

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    【i-MiEVの10年 / ユーザーの目…

    約10年、27万㎞以上の道をi-MiEVとともに走ってきた金倉弘樹さん。そのi-MiEVライフの中で感じた、i-MiEVのいいところ、悪いところとは。そして、こ…

    2019.12.19更新

  • BookReview⑲『2030 中国自動車強国への戦略』 – 習近平はEVと自動運転車で貧困をなくす夢を見る!?

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    BookReview⑲『2030 中国自…

    最悪のタイミングで出た一冊2019年の秋、「中国のEV販売が急減速」という主旨のニュースがいくつも流れた。以下がその概略だ。中国は2030年までにEVをは…

    2020.05.12更新

  • 『第11回オートモーティブワールド』ルポ(中編)「インテリジェントカー分野は中国が一歩リードしてますかね」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『第11回オートモーティブワールド』ルポ…

    深セン市にある企業のCEOに直接インタビューを敢行!前編では、匿名希望の中国人男性の「中国のEVの数はすごく多いが、質は日本が上」という意見を紹介した。し…

    2019.02.12更新

  • EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 小間裕康 ③プラットフォームビジネスの展開~「さまざまなオリジナルEVが可能です!」

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    EVキーマンに聞く/GLM株式会社社長 …

    GLMは、トミーカイラZZとGLMG4(以下、G4)を開発・販売するという完成車ビジネスを進めるいっぽう、EVによるプラットフォームビジネスにも取り組んでいる…

    2018.01.17更新

  • 『EVOCカンファレンス2019 in HAKONE』レポート(中編)EVオーナーたちの熱気にゲストスピーカーからこぼれ話も飛び出す!

    みらいのくるまの「ただいまのところ」情報

    『EVOCカンファレンス2019 in …

    会場の会議室は中規模であったが、そこにカンファレンスに参加したEVオーナーたちとゲストスピーカーが入ると、かなりの密度になった。前の方の席に座ると、目の前でゲス…

    2019.10.10更新

< 前のページへ戻る